ージャまたはPL/SQLブロックの出力(DBMS_OUTPUT.PUT_LINE)は表示されません。, SERVEROUTPUT OFFを設定すると、内部SQL*Plusによる、ユーザーSQL文の後に実行されたDBMS_OUTPUTパッケージへのコールが停止します。, SQL*Plusコマンド・プロンプトを設定します。, デフォルトのプロンプト「SQL>」を使用して、変数の置換がプロンプトの表示ごとに発生するのを停止します。, SQL*Plusが空白をどのように端末に出力するかを指定します。, TAB ONを設定すると、複数の空白が端末の出力で圧縮されます。この設定では、書き込まれているデータが大幅に縮小しないかぎり、得られる効果より必要となる処理の方がわずかに上回ります。, SET TERMOUT OFFを指定すると非表示になるため、スクリプトからの出力を画面に表示せずに、出力をスプールできます。, ファイルへのスプールおよび端末への書込みが両方とも不要な場合は、SQLスクリプトでSET TERMOUT OFFを使用して端末の出力を無効にします。, SET TRIMOUT ONまたはSET TRIMSPOOL ONを指定すると、表示またはスプールされる各行の末尾で後続の空白を削除します。, これらの変数をONに設定すると、書き込まれるデータ量を減らすことができます。ただし、LINESIZEが最適な場合は、変数をOFFに設定した方がより速い場合があります。問合せがルーチンを処理している間、SQL*Plusの出力行に空白が書き込まれるため、空白の削除には余計な手間がかかります。, 明示的に(DEFINEコマンドを使用して)定義したか、暗黙的に(STARTコマンドまたはCOLUMN NEW_VAL|OLD_VALへの引数によって)定義した置換変数を削除します。, UNDEFINEを使用すると、不要な置換変数を削除できます。これによって、&変数、new_value変数またはold_value変数を使用する操作に費やす時間を短縮できます。, 『Oracle Databaseパフォーマンス・チューニング・ガイド』. (12.1以前ならアップしましょう、基本的に下位互換ですよ), こだわりの有機野菜や無添加の自然食品など「体に良くて美味しい食品」を販売するECサイト「Oisix(おいしっくす)」を開発・運営しています。. SQL*Plusが空白をどのように端末に出力するかを指定します。 TAB ONを設定すると、複数の空白が端末の出力で圧縮されます。この設定では、書き込まれているデータが大幅に縮小しないかぎり、得られる効果より必要となる処理の方がわずかに上回ります。 SQL Plus を使用して CSV ファイルを出力する方法です。 業務用途などで定期的にCSV出力する場合などはいろいろと要件があったりして作りこむことが多いですが、 現場でちょっとcvs出力したい場合などはこっちの方が便利かもしれません。 What is going on with this article? その際、可変長項目が固定長として出力されてしまうので以下のような記[undefined]() - Oracle 12cR2 新機能 「CSVレポートの作成」を試す, Christian Gohmann - Generate CSV with SQL*Plus 12.2.0.1, you can read useful information later efficiently. 業務で最近使うことになったのでメモ <やりたいこと> DOSバッチからSQLPLUSで以下のSQLファイルを実行し、 実行結果をCSVに出力する。 その際、可変長項目が固定長として出力されてしまうので以下のような記[undefined]() Copyright © 1996, 2017, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. - Oracle 12cR2 新機能 「CSVレポートの作成」を試す; Christian Gohmann - Generate CSV with SQL*Plus 12.2.0.1 <やりたいこと> Help us understand the problem. By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. Help us understand the problem. 述にする必要がある。, が、欲を言えば、上記SELECT項目に列名(AS "")を付けて出力したい。。 What is going on with this article? 列1は、データベース内で長さ5の固定長CHAR列として定義されます。そのため、データ(aaa)は5バイトの幅を保持したまま、その列で左揃えにされます。余った右側の部分は空白で埋められます。一方、列2は、 最大長 5バイトの可変長フィールドとして定義されています。 you can read useful information later efficiently. OracleからデータをCSV形式で出力する際に、クエリ芸を使うのは辞めよう、という話です。, 以下をクエリ芸と(勝手に)呼びます。 SQL*Plusのスプール機能で、 カンマ区切りのCSVファイルに出力すると、 Excelで開いたとき、列(カラム)が区切られて便利です。 SQL> set linesize 999 SQL> set pagesize 9999 SQL> set colsep ',' SQL> spool C:\temp\fhiyoshi.csv SQL> select COL_1,COL_2,COL_3 from TBL_0; SQL> spool off SQLPLUSの実行結果をCSVに出力したい. 色々試してはみたが上手くいかずお手上げー. 下記のような空白を含むファイル(test1.txt)がある場合は、sed 's/ //g’ test1.txt とすれば空白が削除できます。また、空白を削除したファイルを出力する場合は、sed 's/ //g’ test1.txt > test01.txt とすれば、test01.txtに空白が削除されたファイルが生成されます プライマリ・コンテンツに移動. Why not register and get more from Qiita? 実行結果をCSVに出力する。 Why not register and get more from Qiita? DOSバッチからSQLPLUSで以下のSQLファイルを実行し、 By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. 「CSVファイルにエクスポートする際にSELECT文も一緒に出力される」に関する質問と回答の一覧です。(1) Database Expert - @IT SQL*Plusユーザーズ・ガイドおよびリファレンス, リリース2 (12.2) - 12.41.36 SET MARK[UP] 津島博士のパフォーマンス講座 第62回 Oracle Database 12cR2のSQL*Plusについて; Discover blog. デバイスでのパフォーマンス分析を自動化する新しいツールArm Mobile Studio, SQL*Plusユーザーズ・ガイドおよびリファレンス, リリース2 (12.2) - 12.41.36 SET MARK[UP], 津島博士のパフォーマンス講座 第62回 Oracle Database 12cR2のSQL*Plusについて, Discover blog. パイプとクオートがゲシュタルト崩壊しそうですね><, OracleClientの12.2以上をお使いであれば、簡単です!