Solid Edgeとは? 「Solid Edge(ソリッドエッジ)」は、1996年にWindows完全準拠の3D CADとしてIntergraphによって開発されました。 当時のカーネルは「ACIS(エイシス)」を採用し、バージョン4まで開発。1998年、EDSにより買収され、Unigraphics Solutionsが設立。 その「Solid Edge」の2次元機能をそのまま引き継いだ製品が「Solid Edge 2D Drafting」。 毎年のバージョンアップを重ね、最新版の2019ではSolid Edge Viewerと統合され、さらに使いやすくなりました。 導入ガイド: solidworksでの図面作成 技術文書 概要 solidworks®は、設計サイクルを容易に進められるように支援します。完全統合された作図 機能により、3次元モデルから直接図面を作成できるため、精度を保証してコミュニケーシ 寸法を選択するとツリーの表示が寸法配置のプロパティにかわります。 「値」「引出線」「その他」の3つのダブ構成になっています。 その中から「引出線」タブをクリックします。 下直径寸法と同様、半径寸法も同じ操作で変更できます。 大きい寸法は、縮尺1:1で記載されたもので、同一寸法を表す。 ここでの目標は、下の図を作図することにある。 (ちなみに、枠を大きくして、相対的に縮小する解決策しかなく、 Solid Edge 2Dは使えない、という意見がネット上にありましたが、 [SOLIDWORKS] 直径寸法のΦが<MOD-DIM>で表示される。 [SolidWorks] 表示方向の「視線に垂直」について [SOLIDWORKS] SOLIDWORKS Explorerは、2020よりスタートメニューからなくなりました [SOLIDWORKS] Windows10 対応状況 [SolidWorks]原点の色の変更箇所 ‚é3D CAD^3Dƒf[ƒ^Šˆ—p, »‘¢Œ»ê‚Å‚±‚»Žg‚¢‚½‚¢I@Fusion 360‚Ì–£—Í, Ë “ÁWu‹Æ–±‚ÅŽg‚¦‚éw3D CADx‚Í‚Ç‚êHv‚Í‚±‚¿‚ç, ŽY‹Æ—p3DƒvƒŠƒ“ƒg‹Zp‚Ì–{ŠiŠˆ—p‚É•s‰ÂŒ‡‚È4‚‚̏ðŒ, ƒWƒFƒlƒŒ[ƒeƒBƒuƒfƒUƒCƒ““K—p‚ÌECU‚ªiFƒfƒUƒCƒ“Ü‚ðŽóÜA12“‚ÌŒy—ʉ»‚ðŽÀŒ», “dŽ¥ŠE‰ðÍƒ\ƒtƒguJMAGv‚Ì‹³ˆç‹@ŠÖŒü‚¯‰¿Ši‚ð‰ü’èA2019”N7ŒŽ‚©‚ç, WithƒRƒƒiŽž‘ã‚̐V‚½‚ȃ‚ƒm‚­‚è‚݂̍è•û mPRn. Solid Edgeでは解析結果を用いない『ゴールシーク』と解析結果を考慮する『最適化』を 利用することができます。 ゴールシーク 3Dモデル内の寸法値・物理特性(など)を変数とし、目的の値となるように変数値の最適値を求める方法です。