これは、アイテムがユーザーと共有されていますが、リスト、ライブラリ、アンケートの全体は共有されていない場合、アクセスは共有されているその 1 つのアイテムに対して制限されるということです。 [ユーザーの表示] をクリックして、該当するユーザーを表示します。, ユーザーとアイテムを共有する場合、アイテムへのアクセス権を付与するために、サイトへのアクセスが制限されます。 アイテムの共有を解除しても、ユーザーはサイトへのアクセスが制限されたままになります (このメッセージが表示されます)。ただし、共有されていないアイテムにはアクセスできません。, このライブラリは親から権限を継承します。 (サイトの名前). 選択し、[リストの設定] または [ライブラリの設定] を選択します。, サイト コレクション機能をアクティブにして、サイト 全体に合った既定の環境を設定できます。 詳細については、サイト コレクションの機能を有効または無効にする方法を参照してください。, サイト コレクション機能がアクティブになっており、リスト またはライブラリのリストエクスペリエンスの両方が新しい環境に設定されている 場合、新しい操作環境が使用されます。, 注:  が表示されない場合は、[ライブラリ] または [リスト] タブを選択してリボンを開き、リボンの [ライブラリの設定] または [リストの設定] を選択します。, [設定] ページの [権限と管理] で、[このリストに対する権限] または [このドキュメントライブラリに対する権限] を選択します。, [設定] ページの [権限と管理] で、[このアンケートに対する権限] を選択します。, [権限] ページに移動すると、ページの上部に次のようなメッセージが 1 つ以上表示される場合があります。, このリストの一部のアイテムには、このページで制御できない固有の権限が設定されている場合があります。これらの項目を表示します。 これは、過去のある時期に、リスト、ライブラリ、アンケート内の個々のアイテムが、他のユーザーと共有されていたということです。 [これらのアイテムの表示] をクリックすると、例外のアイテムを示す [例外] ダイアログ ボックスが表示されます。 アイテムの所有者である場合、変更を加えるアイテムごとに [権限の管理] をクリックします。, このサイトには、制限付きアクセスのユーザーが存在します。サイトのアイテムやドキュメントがユーザーと共有されている場合、ユーザーのアクセスは制限される可能性があります。ユーザーの表示. を選び、[すべてのアプリ]、[リスト] の順に選択します) 。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。, Microsoft 365 Small Business の SharePoint. ほとんどのリストとドキュメント ライブラリの既定の環境が変更されました。 新しい最新の操作環境がほとんどのリストとライブラリに推奨されます。 より簡単にナビゲーションができ、より簡単に一般的なタスク を実行できます。 ただし、すべてのユーザーがクラシック環境に既定の環境を切り替えたい場合があります。, 次の手順では、すべてのユーザーに対して既定の環境を変更します。 自分だけに合ってクラシック表示を使用するには、ページの左下隅にある従来の SharePoint に戻るを選択します。 終了するには、クラシック環境の終了を選択します。, クラシック環境設定 がクラシック環境に設定されている場合は、クラシック環境を終了 できません。, リストまたはドキュメント ライブラリのモダンエクスペリエンスで、[設定] SharePoint Server 2016 または SharePoint Server 2013でリストを作成する, SharePoint Server 2016 または SharePoint Server 2013のページにリストを追加する, SharePoint Server 2016 または SharePoint Server 2013 ページ上のリストまたはライブラリを最小化または復元する. SharePoint 2019、2016、または2013サーバーの権限ページを表示する. ] を選択します。, オプションの 説明 と追加情報を指定するには、特定のリストアプリに応じて、[詳細オプション] を選択します。 [詳細オプション]を選びます。, リストまたはライブラリを追加するページで、[ページ ] を選択し、[編集] を選択します。 [ ページ ] タブが表示されない場合は、[ これは、リスト、ライブラリ、またはアンケートの継承がまだ解除されていないことを意味します。 この操作を行う方法については、次の「権限の継承を解除する」を参照してください。, リスト、ライブラリ、またはアンケートの権限の継承を解除し、新しい権限設定を定義すると、リスト (またはライブラリ) がその中のアイテムの親になります。 親の下にあるアイテムは、(そのアイテムが固有に定義された権限を持たない限り) 新しい権限設定を継承します。, 固有の権限を付与するには、親サイトからの継承を解除する必要があります。 前のセクションの手順を使用して継承を解除した後は、以下の手順に従って固有の権限を付与します。, 注: リストまたはライブラリが親から継承されている場合は、[アクセス許可の付与] は表示されません。, [共有...] ダイアログ ボックスで [ユーザーの招待] が選択されていることを確認した後、アクセスを許可するユーザーまたはグループの名前を [名前または電子メール アドレスを入力します] ボックスに入力します。, [このフォルダー内のすべてのアイテムを共有する] をオンまたはオフにします。固有の権限を持つアイテムも含めます。 これにより、固有の権限を既に設定したアイテムへのアクセスが許可または制限されます。 (このオプションはフォルダーに対してのみ使用できます。), 付与されたアクセス許可レベルは、[既定で編集する] に設定されています。つまり、招待したユーザーがリスト、ライブラリ、またはアンケートにいくつかの変更を加えることができます。 [読み取り] のみのような他のアクセス許可レベルを付与する場合は、[オプションの表示] をクリックし、[権限レベルの選択] ボックスで選択を変更します。, メール メッセージは、[ユーザーの招待] ボックスの全ユーザーに送信されます。 この問題が発生しないようにするには、[オプションの表示] をクリックし、[電子メール招待状を送信する] チェックボックスをオフにします。, 場合によっては、Windows Active Directory セキュリティ グループを作成し、Windows セキュリティ グループ内のすべてのユーザーに、ライブラリまたはリストへのアクセスを許可することもできます。 たとえば、チーム セキュリティ グループを SharePoint グループに追加して、チーム全体にリストへのアクセスを許可するとします。 この場合、チームに新しいメンバーが加わったら、それらのメンバーを適切な Windows セキュリティ グループに追加するだけで、適切な権限を付与できます。 Windows セキュリティ グループの詳細については、「Active Directory セキュリティ グループ」を参照してください。, 注: Windows セキュリティ グループではない配布グループにアクセス権を付与することはできません。, 固有の権限を変更するには、親サイトからの継承を解除する必要があります。 前のセクションの手順を使用して継承を解除した後は、以下の手順に従って固有の権限を変更します。, 前のセクションの手順を使用して、リスト、ライブラリ、またはアンケートの [権限] ページに移動します。, [名前] ボックスの一覧で、アクセス許可レベルを変更するユーザーまたはグループの名前の横のチェックボックスをオンにします。, [権限] で、選択したユーザーまたはグループに割り当てるアクセス許可レベルのボックスをオンにします。, 権限レベルの詳細については、「 SharePoint のアクセス許可レベルについて」を参照してください。, 権限を付与したユーザーまたはグループから権限を削除するには、次の手順を実行します。, [名前] ボックスの一覧で、アクセス許可を削除するユーザーまたはグループの名前の横のチェックボックスをオンにします。, 権限のページが更新され、指定したグループやユーザーにはリストに対する権限がないことが示されます。, サイト、フォルダー、リスト、ライブラリ、リスト アイテム、またはドキュメントとその親との間の権限の継承設定を解除しても、いつでも継承を復元できます。併せて、設定されているユーザー設定の権限がすべて削除されます。, [ OK]を選びます。 リストのステータス バーには、このリストが親から権限を継承することが表示されます。 また、更新されたステータスの横に親サイトの名前が表示されます。, [ライブラリ] または [リスト] タブを選択してリボンを開き、リボンの [ライブラリの設定] または [リストの設定] を選択します。, [リスト ツール] または [ライブラリ ツール] タブで、[リスト] または [ライブラリ] をクリックし、コマンドのギャラリーを開きます。, リボンの [リストの権限] または [ライブラリの権限 ] ボタンをクリックします。, リストまたはライブラリの権限ページが開き、リストが親サイトから権限を継承することを示す黄色のステータス バーが表示されます。, 注: リストまたはライブラリの権限が見つからない場合、いくつかのボタンがキャプションのないアイコンだけになっていることがあるので、ウィンドウが全画面表示になっていることを確認します。, リストがまだ以前と同じ権限設定を使用しています。 ところが、親から権限を継承する代わりに、親のアクセス許可の独自のコピーを保持しているとします。, 権限ページの [名前] セクションで、このリストにアクセスできないようにするグループまたはユーザーのチェック ボックスをオンにします。, 場合によっては、グループを作成して、このリストへのアクセス権をそのグループに付与することがあります。 たとえば、チームにリストへのアクセス権を付与する場合があります。 チームが、将来的に拡大する場合があることがわかっているので、チームのグループを作成して、そのグループにリストへのアクセス権を付与することをお勧めします。 新しいユーザーがチームに参加するときは、このグループに追加するだけです。, グループを作成する方法の詳細については、「 SharePoint サイトの権限をカスタマイズする」を参照してください。, それ以外の場合、チームの 1 人または 2 人のユーザーにアクセスを許可する場合があります。, リストの権限ページで、[編集] タブで [アクセス許可の付与] をクリックします。, [ユーザー/グループ] ボックスで、アクセス権を付与するグループまたはユーザーの名前を入力します。, 選択したユーザー、およびリストまたはライブラリに関連付けられている SharePoint グループの権限レベルの権限の割り当てを編集するには、次の手順を使用します。 権限レベルを編集しているセキュリティ設定が可能なオブジェクトが、親のセキュリティ設定が可能なオブジェクトから権限を継承している場合は、次の手順を実行して、この継承設定を解除します。, 後で、親のセキュリティ設定が可能なオブジェクトからアクセス許可を再継承するように選択できます。 親からアクセス許可を継承すると、固有の SharePoint グループや固有の権限を使用して、セキュリティで保護されたオブジェクトで作成された権限レベルの割り当てなど、このセキュリティ設定が可能なオブジェクトに対して作成された固有の権限が破棄されることに注意してください。, リボンの [リスト] または [ライブラリ] タブで、[リストの設定] または [ドキュメント ライブラリの設定] をクリックします。, [カスタマイズ] ページの [権限と管理] 列で、[このリストに対する権限] または [このドキュメント ライブラリに対する権限] をクリックします。, [権限] ページには、このライブラリに関連付けられているすべてのユーザーと SharePoint グループ、およびそれらに割り当てられた権限レベルが表示されます。, ページの説明では、このセキュリティ設定が可能なオブジェクトの継承の状態について説明します。 また、このセキュリティ設定が可能なオブジェクトで固有の権限が使用されている場合は、[名前] 列の横にチェック ボックスが表示されます。 [権限] ページ上でユーザーとグループの名前の横にチェック ボックスが表示されない場合は、親のセキュリティ設定が可能なオブジェクトから権限を継承しています。, リストまたはライブラリが権限を継承している場合、そのセキュリティ設定が可能なオブジェクトの権限レベルを編集するには、最初に権限の継承を停止する必要があります。 これを行うには、[権限の継承を中止] をクリックし、[OK] をクリックして確認します。, このセキュリティ設定が可能なオブジェクトの権限レベルを編集するユーザーと SharePoint グループのチェック ボックスをオンにします。, [権限の選択] セクションで、必要な権限レベルを選択し、不要な権限レベルをクリアして、[OK] を選択します。, 選択したユーザー、およびフォルダー、ドキュメント、またはリスト アイテムリストに関連付けられている SharePoint グループの権限レベルの権限の割り当てを編集するには、次の手順を使用します。 権限レベルを編集しているセキュリティ設定が可能なオブジェクトが、親のセキュリティ設定が可能なオブジェクトから権限を継承している場合は、次の手順を実行して、この継承設定を解除します。, 権限レベルを編集するフォルダー、ドキュメント、またはリスト アイテムを含むリストまたはライブラリを開きます。, 権限レベルを編集するフォルダー、ドキュメント、またはリスト アイテムの右にあるドロップダウン メニューをクリックして、[権限の管理] をクリックします。, 権限:セキュリティ設定が可能なオブジェクト名ページには、このセキュリティ設定が可能なオブジェクトのすべてのユーザーと SharePoint グループ、およびそれらに割り当てられた権限レベルが表示されます。, サイト、フォルダー、リスト、ライブラリ、リスト アイテム、またはドキュメントとその親との間の権限の継承設定を解除した後で、いつでも継承を復元できます。, [リスト ツール] または [ライブラリ ツール] タブで、[リスト] または [ライブラリ] ギャラリーをクリックして、[リストの権限] または [ライブラリの権限] をクリックします。, ユーザーと SharePoint グループを表示するリストまたはライブラリを開きます。, [設定] メニューの [ドキュメント ライブラリの設定] または [リストの設定] をクリックします。, [カスタマイズ] ページの [権限と管理] 列で、[このドキュメント ライブラリに対する権限] または [このリストに対する権限] をクリックします。, 権限:セキュリティ設定が可能なオブジェクト名のページには、このセキュリティ設定が可能なオブジェクトで適用されるすべてのユーザーと SharePoint グループ、およびそれらに割り当てられた権限レベルが表示されます。, ページの説明では、このセキュリティ設定が可能なオブジェクトの継承の状態について説明します。 また、このセキュリティ設定が可能なオブジェクトで固有の権限が使用されている場合は、[ユーザー/グループ] 列の横にチェック ボックスが表示されます。, ユーザーと SharePoint グループを表示するフォルダー、ドキュメント、またはリスト アイテムを含むリストまたはライブラリを開きます。, 権限を表示するフォルダー、ドキュメント、またはリスト アイテムにポインターを置き、表示される矢印をクリックして、[権限の管理] をクリックします。, 特定のリストまたはライブラリに現在関連付けられている既存の SharePoint グループにユーザーを追加するには、次の手順を使用します。 構成しているセキュリティ設定が可能なオブジェクトが固有の権限を使用している場合は、必要な権限を使用して、このセキュリティ設定が可能なオブジェクトに直接ユーザーを追加することも、必要な権限を使用してこのリストに既存の SharePoint グループを追加することもできます。, 注: 親のセキュリティ設定が可能なオブジェクトから権限を継承している場合は、セキュリティ設定が可能なオブジェクトに直接ユーザーまたは SharePoint グループを追加できません。 この場合は、既存の SharePoint グループにのみユーザーを追加することができます。 ただし、セキュリティ設定が可能なオブジェクトに固有の権限を作成する場合は、その後でユーザーを追加できます。, ユーザーまたは SharePoint グループを追加するリストまたはライブラリを開きます。, [権限] ページには、このリストまたはライブラリに関連付けられているすべてのユーザーと SharePoint グループ、およびそれらに割り当てられた権限レベルが表示されます。, 注: [権限] ページ上でユーザーとグループの名前の横にチェック ボックスが表示されない場合は、親のセキュリティ設定が可能なオブジェクトから権限を継承しています。 この場合は、追加するユーザーと SharePoint グループも親 (セキュリティ設定が可能なオブジェクトの権限の継承元) に追加されます。 親から継承された権限ではなく固有の権限を使用している場合、このセキュリティ設定が可能なオブジェクトに追加するユーザーと SharePoint グループは、このセキュリティ設定が可能なオブジェクトおよびこのセキュリティ設定が可能なオブジェクトから権限を継承する他のエンティティにのみ影響します。, 注: [新規] メニューは、リストまたはライブラリが親サイトから権限を継承する場合は表示されません。 この場合は、[操作] メニューの [権限の編集] をクリックし、[OK] をクリックして固有の権限を作成することを確認します。, [ユーザーの追加] セクションで、このセキュリティ設定が可能なオブジェクトに追加するユーザーと SharePoint グループを指定します。, [権限の付与] セクションで、ユーザーを既存の SharePoint グループに追加するか、セキュリティ設定が可能なオブジェクトに対する権限を直接ユーザーに付与し、1 つ以上のチェックボックスをオンにして、このセキュリティ設定が可能なオブジェクトに対して必要な権限をこれらのユーザーに付与します。, 親のセキュリティ設定が可能なオブジェクトから権限を継承している場合は、セキュリティ設定が可能なオブジェクトに直接ユーザーまたは SharePoint グループを追加できません。 既存の SharePoint グループにのみユーザーを追加することができます。, 別の SharePoint グループに SharePoint グループを追加することはできません。 手順 5 で SharePoint グループを追加した場合は、[ユーザーへの権限の直接付与] を選択する必要があります。, 特定のフォルダー、ドキュメント、またはリスト アイテムに現在関連付けられている既存の SharePoint グループにユーザーを追加するには、次の手順を使用します。 構成しているセキュリティ設定が可能なオブジェクトが固有の権限を使用している場合は、必要な権限を使用して、このセキュリティ設定が可能なオブジェクトに直接ユーザーを追加することも、必要な権限を使用してこのリストに既存の SharePoint グループを追加することもできます。, 注: 親のセキュリティ設定が可能なオブジェクトから権限を継承している場合は、セキュリティ設定が可能なオブジェクトに直接ユーザーまたは SharePoint グループを追加できません。 この場合、そのセキュリティ設定が可能なオブジェクトが関連付けられている既存の SharePoint グループにのみユーザーを追加することができます。 ただし、セキュリティ設定が可能なオブジェクトに固有の権限を作成する場合は、その後でユーザーを追加できます。, ユーザーまたは SharePoint グループを追加するフォルダー、ドキュメント、またはリスト アイテムを含むリストまたはライブラリを開きます。, ユーザーまたは SharePoint グループを追加するフォルダー、ドキュメント、またはリスト アイテムにポインターを置き、表示される矢印をクリックして、[権限の管理] をクリックします。, [権限] ページには、このセキュリティ設定が可能なオブジェクトで適用されるすべてのユーザーと SharePoint グループ、およびそれらに割り当てられた権限レベルが表示されます。, 注: ページの説明では、このセキュリティ設定が可能なオブジェクトの継承の状態について説明します。 また、このセキュリティ設定が可能なオブジェクトで固有の権限が使用されている場合は、[ユーザー/グループ] 列の横にチェック ボックスが表示されます。 [権限] ページ上でユーザーとグループの名前の横にチェック ボックスが表示されない場合は、親のセキュリティ設定が可能なオブジェクトから権限を継承しています。 この場合は、追加するユーザーと SharePoint グループも親 (セキュリティ設定が可能なオブジェクトの権限の継承元) に追加されます。 親から継承された権限ではなく固有の権限を使用している場合、このセキュリティ設定が可能なオブジェクトに追加するユーザーと SharePoint グループは、このセキュリティ設定が可能なオブジェクトおよびこのセキュリティ設定が可能なオブジェクトから継承する他のエンティティにのみ影響します。, 親のセキュリティ設定が可能なオブジェクトから権限を継承している場合は、セキュリティ設定が可能なオブジェクトに直接ユーザーまたは SharePoint グループを追加できません。 代わりに、既存の SharePoint グループにのみユーザーを追加することができます。, この手順は、親サイトから権限を継承しているライブラリまたはリストからのみ実行できます。, 注: 作業の開始点に関係なく、すべての SharePoint グループは、サイト コレクション レベルに作成されます。 すべての SharePoint グループは、サイト コレクション内のすべてのサイトで使用できることになります。, 新しい SharePoint グループの作成元のリストまたはライブラリを開きます。, [権限と管理] 列で、[このドキュメント ライブラリに対する権限] または [このリストに対する権限] をクリックします。, [権限] ページには、このリストまたはライブラリに割り当てられているすべてのユーザーと SharePoint グループ、およびそれらに割り当てられた権限レベルが表示されます。, ページの説明では、このセキュリティ設定が可能なオブジェクトの継承の状態について説明します。 また、このセキュリティ設定が可能なオブジェクトで固有の権限が使用されている場合は、[ユーザー/グループ] 列の横にチェック ボックスが表示されます。 [権限] ページ上でユーザーとグループの名前の横にチェック ボックスが表示されない場合は、親のセキュリティ設定が可能なオブジェクトから権限を継承しています。, リストまたはライブラリが親から権限を継承している場合は、[操作] メニューの [親の権限の管理] をクリックします。 それ以外の場合、このリストまたはライブラリから SharePoint グループを作成することはできません。, [新しいグループ] ページで、割り当てる権限レベルなどの新しい SharePoint の設定のグループの設定を指定し、[作成] をクリックします。, 新しい SharePoint グループを作成した後に [ユーザーとグループ] ページに移動し、新しい SharePoint グループにユーザーを追加することができます。, 新しい SharePoint グループを作成して、フォルダー、ドキュメント、またはリスト アイテムに割り当てるには、次の手順を使用します。 この手順は、親サイトから権限を継承しているフォルダー、ドキュメント、またはリスト アイテムからのみ実行できます。, 新しい SharePoint グループを作成するリストまたはライブラリを開きます。, 新しい SharePoint グループを作成するフォルダー、ドキュメント、またはリスト アイテムにポインターを置き、表示される矢印をクリックして、[権限の管理] をクリックします。, リストまたはライブラリが権限を継承している場合、そのセキュリティ設定が可能なオブジェクトの権限レベルを編集するには、最初に権限の継承を停止する必要があります。 これを行うには、[操作] メニューの [権限の編集] をクリックし、[OK] をクリックして確認します。, 既定では、リストとライブラリは、親サイトから権限を継承します。 この継承を解除し、特定のリストまたはライブラリに固有の権限を作成する場合は、次の手順を使用します。, 後で、親のセキュリティ設定が可能なオブジェクトからアクセス許可を再継承するように選択できます。 親からアクセス許可を継承すると、固有の SharePoint グループや固有の権限を使用して、セキュリティで保護されたオブジェクトで作成された権限レベルの割り当てなど、このセキュリティ設定が可能なオブジェクトに対して作成された固有の権限が破棄されることに注意してください。 また、アクセス許可の再継承を選択すると、リストやライブラリ、リストアイテム、ドキュメント内のフォルダーからも、固有のアクセス許可レベルの割り当てがすべて破棄されることに注意してください。, 親のセキュリティ設定が可能なオブジェクトからの継承を解除するリストまたはライブラリを開きます。, [操作] メニューの [権限の編集] をクリックし、[OK] をクリックして操作を確認します。, 注: このセキュリティ設定が可能なオブジェクトに、親のセキュリティ設定が可能なオブジェクトから継承した権限ではない固有の権限が割り当てられている場合は、[権限の編集] オプションは、[操作] メニューで使用できません。, 既定では、フォルダー、ドキュメント、およびリスト アイテムは、その親のセキュリティ設定が可能なオブジェクトから権限を継承します。 ほとんどの場合、それらを含むライブラリまたはリストから権限を継承することを意味します。 フォルダー、ドキュメント、およびリスト アイテムが他のフォルダーに含まれている場合は、これらは、既定で、含まれているフォルダーから権限を継承します。 この継承を解除し、特定のフォルダー、ドキュメント、またはリスト アイテムに固有の権限を作成する場合は、次の手順を使用します。, 親のセキュリティ設定が可能なオブジェクトからの継承を解除するフォルダー、ドキュメント、またはリスト アイテムを含むリストまたはライブラリを開きます。, 継承を解除するフォルダー、ドキュメント、またはリスト アイテムにポインターを置き、表示される矢印をクリックして、[権限の管理] をクリックします。, [権限] ページには、このセキュリティ設定が可能なオブジェクトのすべてのユーザーと SharePoint グループ、およびそれらに割り当てられた権限レベルが表示されます。, 既定では、リストとライブラリは、親サイトから権限を継承します。 ただし、この継承を解除して、特定のセキュリティ設定が可能なオブジェクトに固有の権限を作成することができます。 いつでも権限を再継承することができます。 親から継承していない固有の権限を現在使用しているリストまたはライブラリで、親のセキュリティ設定が可能なオブジェクトから権限を再継承するには次の手順を使用します。, このセキュリティ設定が可能なオブジェクトに対して作成されている固有の権限がある場合、親からの権限の継承はそれらを破棄します。たとえば、固有の権限の使用中にこのセキュリティ設定が可能なオブジェクトで作成された固有の SharePoint グループまたは権限レベルの割り当てなどが破棄されます。, ページの説明では、このセキュリティ設定が可能なオブジェクトの継承の状態について説明します。 また、このセキュリティ設定が可能なオブジェクトで固有の権限が使用されている場合は、[ユーザー/グループ] 列の横にチェック ボックスが表示されます。 [権限] ページ上でユーザーとグループの名前の横にチェック ボックスが表示されない場合は、親のセキュリティ設定が可能なオブジェクトから既に権限を継承しています。, [操作] メニューの [権限の継承] をクリックし、[OK] をクリックして操作を確認します。, 注: 親のセキュリティ設定が可能なオブジェクトから既に権限を継承している場合は、[権限の継承] オプションは、[操作] メニューで使用できません。, 既定では、フォルダー、ドキュメント、およびリスト アイテムは、その親のセキュリティ設定が可能なオブジェクトから権限を継承します。 ほとんどの場合、それらを含むライブラリまたはリストから権限を継承することを意味します。 フォルダー、ドキュメント、およびリスト アイテムが他のフォルダーに含まれている場合は、これらは、既定で、含まれているフォルダーから権限を継承します。 親から継承していない固有の権限を現在使用しているフォルダー、ドキュメント、またはリスト アイテムで、親のセキュリティ設定が可能なオブジェクトから権限を再継承するには次の手順を使用します。, 権限を再継承するフォルダー、ドキュメント、またはリスト アイテムを含むリストまたはライブラリを開きます。, 権限を再継承するフォルダー、ドキュメント、またはリスト アイテムにポインターを置き、表示される矢印をクリックして、[権限の管理] をクリックします。, リストまたはライブラリから SharePoint グループまたはユーザーを削除するには、次の手順を使用します。, 親から権限を継承している場合は、セキュリティ設定が可能なオブジェクトでユーザーを削除することはできません。 親のセキュリティ設定が可能なオブジェクト (このセキュリティ設定が可能なオブジェクトの権限の継承元) からユーザーおよび SharePoint グループを削除する場合は、親の権限を管理する必要があります。, 親の権限を管理するには、[操作] メニューの [親の権限の管理] をクリックします。, 現在親から権限を継承していて、この権限の継承を解除してこのセキュリティ設定が可能なオブジェクトの固有の権限を作成する場合は、[操作] メニューの [権限の編集] をクリックし、[OK] をクリックして操作を確認します。, リストまたはライブラリが親から継承されていない固有の権限を既に使用している場合、次の手順に進みます。, このリストまたはライブラリから削除する SharePoint グループおよびユーザーのチェック ボックスを選択します。, [操作] メニューの [ユーザー権限の削除] をクリックし、[OK] をクリックして操作を確認します。, フォルダー、ドキュメント、またはリスト アイテムから SharePoint グループまたはユーザーを削除するには、次の手順を使用します。, ユーザー権限を削除するフォルダー、ドキュメント、またはリスト アイテムを含むリストまたはライブラリを開きます。, ユーザー権限を削除するフォルダー、ドキュメント、またはリスト アイテムにポインターを置き、表示される矢印をクリックして、[権限の管理] をクリックします。, このセキュリティ設定が可能なオブジェクトが親から継承されていない固有の権限を既に使用している場合、次の手順に進みます。, このセキュリティ設定が可能なオブジェクトから削除する SharePoint グループおよびユーザーのチェック ボックスを選択します。, 注: