Oracle情報関連. ,total_bytes/(1024*1024) TOTAL Oracle University 無償オンラインセミナー(11月) height が4以上で del_lf_row/lf_rows が0.2を超える場合は効率が悪い可能性があります. UPDATE文によって行サイズが長くなると行断片(行移行/行連鎖)が発生する可能性があります。以下の図のようにUPDATE文を行うことで行サイズが長くなってしまいブロックに収まらなくなると、別のブロックにデータを格納します。このとき行全体がブロックに収まる場合はすべてのデータを移行します(行移行)。収まらない場合は複数のブロックにまたがって格納します(行連鎖)。どちらもブロックをまたがっていますので行連鎖という場合もあります。これは、UPDATE文前に行が格納されていたブロックに行ヘッダは残されるからです。行ヘッダが残るのは、ROWIDが変わると索引が利用できなくなるからです。行が1行に収まらないため複数ブロックにアクセスするのは仕方ありませんが、空き領域に入りきらないために行移行されて、1行アクセスするために2ブロックをアクセスするのは効率よくありません。このために頻繁にUPDATEされるテーブルはPCTFREEパラメータで空き領域の割合を多めに作成するようにします。, (4)索引 set echo off DBオプションの確認; DBコンポーネントの確認 ... 表領域の断片化状況の確認 */ set echo off: set lines 120: set pages 100: clear col: ttitle off – PARAM_VALUEのサイズで出力幅(set lines以 … (1)表領域のエクステント Oracleデータベース関係のチップスを中心にまとめました。 ... 「表領域の断片化状況を確認する」への41件のフィードバック ピンバック: Google. Cela pourrait être l’un des blogs les plus utiles que nous ayons jamais vu sur ce sujet. Oracle University の無償オンラインセミナーに参加しませんか。11月は限定で ORACLE MASTER 第6回で索引の断片化について簡単に説明しましたが、もう少し詳しく、なぜ断片化が発生するかについて説明します。 GROUP BY tablespace_name Much obliged. clear col ■1.断片化は、なぜ起こるのか spool tbs_frag_info.lis, SELECT 表領域を割り当てる単位はエクステントです。このエクステントはオブジェクト(テーブルなど)毎に指定できるので、オブジェクトの大きさなどによって異なるサイズになる可能性があります。表領域に一つのオブジェクトしか割り当てないのであれば発生しません。大きいサイズのテーブルであれば可能かもしれませんが、小さいテーブルではそうはいかないですね。よって、断片化が発生しないようなルール(例えば、表領域のデフォルト・エクステントを指定するなど)を作成して運用するのが一般的でしたが、これを行うのは簡単ではありません。これをもっと簡単にするためにローカル管理表領域ができたのです。 それでは、次回まで、ごきげんよう。. FROM ( 最初に、キーの挿入について説明します。挿入時に対象ブロック(同一階層レベル上ではソートされて格納されているため、キー値によって追加するブロックが決まります)に空きが無いとブロックを分割しますが、この分割は追加するキー値によって次の二つの動作を行います。, 追加しようとした値が常に大きい場合は、ブロック内使用率を100%に維持できますが、最大でない場合には50%の使用率になることを意味します(以下の図を参照)。索引作成時にソートを行うのは、常に追加する値が大きくなるようにして、使用率を向上させるためです。使用率を100%で作成すると、索引の更新時に常に分割が発生してしまいます。そのため、更新が多い索引では、テーブルと同じように作成時にPCTFREEパラメータでブロック内の空き領域の割合を指定できるようになっているのです。, また、キーの削除を行っていくと、ブロック内の使用率が低下していきます(更新も削除と追加を行いますので同じです)。このようにリーフ・ブロックが増えてしまうことを索引の断片化と言います。これを回避するためにBツリー構造では、使用率が50%を下回ると隣接するブロックとマージして50%を維持するようになっています。 Cela pourrait être l’un des blogs les plus utiles que nous ayons jamais vu sur ce sujet. col USED        form 999                head “USED(%)”, ttitle left ‘■■■■ 表領域の断片化状況 ■■■■’ 皆さんこんにちは、暑くなってきましたが体調はいかがでしょうか。私は多少疲れ気味ですが頑張っております。今回は、今まで少し説明した断片化についてもう少し詳しく聞きたいというご要望がありましたので、断片化についてまとめて説明しようと思います。参考にして下さい。 津島博士のパフォーマンス講座 第78回 Oracle DatabaseのJSONについて, Maximum Security Zonesで、クラウドのセキュリティ対策の弱体化を防ぐ, UNIFORM(指定サイズがエクステント・サイズになります。デフォルトは1Mバイトです), AUTOALLOCATE(管理サイズが64Kバイトになりエクステント・サイズはオブジェクト・サイズによって変わります), 追加するキー値が最大でない場合は、ブロック内のキーと追加しようとするキーの中で中央の値のキーで二つのブロックに分割します。, ディスクシーク時間:磁気ヘッドを移動するのに要する時間。ハードディスクの中で一番遅い処理, 回転待ち時間:磁気ヘッドが目的の位置に来るのに要する時間。回転スピードが高速であれは短くなります. SUM(bytes) TOTAL_FREE_BYTES ,FRAGMENTS Adriana Trumann Oribel, Hou la la! Oracleはブロック単位にI/Oを行いますので、行断片が起こると1行のデータが複数ブロックに格納されてしまうため、アクセス量が増えてしまいます。空き領域に入りきらないために行移動されて、1行アクセスするのに2ブロックをアクセスするのは効率よくありませんので、定期的に以下のように確認して、あまりにも多い場合には解消するようにしましょう。, 行断片はセグメント縮小では解消されませんので、完全に解消したい場合は以下のようにMOVEなどをすることによって再構築させる必要があります。, (4)索引 皆さんこんにちは、今年は10月から気温が低いので、日々の急激な寒暖差に身体がついていけませんね。今回は、Oracle... ※本記事は、Paul Toal (DISTINGUISHED SOLUTION ENGINEER ttitle off, 長年Oracleエンジニアを中心として、業務に携わってきました。 Much thanks again. col FRAGMENTS   form 999 表領域のエクステント・サイズ(ローカル管理表領域上での管理サイズ)とオブジェクト(テーブルなど)のエクステント・サイズ(オブジェクトの拡張サイズ:INITIAL,NEXT)について誤解がないように簡単に説明します。 ここでハードディスクのアクセスを簡単に説明します。