ビットレートという言葉は、少し小難しそうに聞こえますが、動画やオーディオファイルはもちろん。携帯電話やインターネット回線など、いろんな場面で見かけることが多いものでもあります。, ビットレートがどういったものなのか?感覚的にでも覚えておくと、意外と役に立つので、ぜひ覚えてみて下さい。, このページに訪れた人は、「ビットレートってなんぞや?」という初心者さんだと思うので、出来るだけ簡単に分かりやすく解説出来たらと思います。, ビットレートを簡単に説明すると動画ファイルや音楽ファイル、インターネットなどの通信の1秒間のデータ量のことを言います。, いわゆる再生や通信ってデータの流れなんですね。この流れを bps(Bit Per Second)という単位を使って、1秒間(Per Second)に何ビット(bit)の流れがあるかを表します。, 車の通る道路を想像してもらえるとわかりやすいと思います。車がデータでデータの流れが道路です。, 沢山の車が走っている道路は、沢山の人や荷物を運んでいると考えると、沢山のデータ(情報)が流れている状態と言えます。これを高ビットレートと言います。, 逆に、走っている車が少ないと流れているデータ(情報が)が少ないと言えます。これを低ビットレートと言います。, ビットレートが高いということは、情報量が多いということです。情報量が多いと動画では高画質だったり音楽であれば高音質に出来たりと、とてもいいことに聞こえますが、大きなデメリットがあります。, ビットレートが高いことのデメリットは、ファイル単体のデータ容量が大きくなるということです。データ容量があまりにも大きいと誰かに送信したり、ハードディスク間でのデータ移動に時間が掛かり手軽に管理できないという状態が発生します。, そこで、データを高画質、高音質のままデータ容量を抑えるために開発されたのがコーデックです。コーデックの話しは別の機会にしますが、扱いやすいデータ容量になるよう画質、音質の品質とファイル容量のバランスを考えてビットレートを設定する必要があります。, Windows、Mac 共に動画ファイルや音楽ファイルの詳細情報を見ることでビットレートを確認することができます。, ビットレートを調べたい動画ファイルまたは、オーディオファイルの右クリックメニューからプロパティをクリックします。, プロパティのウィンドウが開くので、詳細タブをクリック。ビデオ、オーディオの項目にビットレートの浄法が表示されています。, Windows 10 の動画ファイルのプロパティでは、3つのビットレートが確認できます。上の図の赤枠部分を確認してみて下さい。, 上の画像にもあるように動画ファイルには映像データと音声データが含まれているので、映像データ、音声データそれぞれにビットレートが存在します。, QuickTimeのメニューから「ウィンドウ」→「ムービーのインスペクタを表示」をクリックします。, インスペクタが表示されました。データレートという項目が動画ファイルのビットレートです。, この映像データを使い、高いビットレートと低いビットレートに設定した映像データを準備しました。, 映像ビットレート32M bps、コーデックがh264 のmp4ファイル(ファイル容量 897 MB), 映像ビットレート5M bps、コーデックがh264 のmp4ファイル(ファイル容量 63 MB), よく見比べてみると違いがハッキリとわかりますね。高ビットレートの映像データは、机の木目やギターの弦の細部までキレイに表示されていますが、低ビットレートの映像データは、細かい部分がつぶれソファーの前部分にブロックノイズが出ています。, ビットレートを低く設定するとデータ容量は軽くなりますが、画質が劣化するというデメリットがあります。, 同じ音楽データでビットレートの違う2つのデータ比較です。波形を見てもらえるとハッキリわかりますが、ビットレートの低い音楽データの方が、データを削っている分、波形の高さ、密度が小さいことがわかります。, ビットレートが低いオーディオファイルは、ラジカセのラジオで聴くような感じの音質になります。, 高いビットレートの動画データや音声データを低いビットレートに変換すると画質、音質共にビットレートを低く設定した分、画質、音質は低下します。この時変換後の画質、音質が許容範囲なら基本的に問題ありません。, 逆に低いビットレートの動画データや音声データを高いビットレートに変換すると問題が出てきます。変換したデータを確認すると、たしかにビットレートは高く変換されていますが、画質、音質に変化がないのです。, ここで注意したいのは、すでにデータ化された映像データ、音声データのビットレートの画質、音質以上の品質には、変換することが出来ないということです。, 高画質、高音質にしたい場合は、動画データを作るタイミング、ビデオカメラなどの記録機器の設定に気を付ける必要があります。, 基本的に高いビットレートのものを低くすることはありますが、低いビットレートのものを高くすることはないと覚えておきましょう。, 例えば 60fps と 30fps の動画があった場合、60fps の動画の方が2倍のビットレートが必要になるということです。, ただし、動画ファイルを作る際のエンコード方式によって実際のビットレートとは異なることは覚えておきましょう。あくまで考え方、目安程度に覚えておいてください。, モブスタです。動画屋さん+ホームページ屋さん、イラスト、マンガ作成。など広告関係の仕事をしているフリーランス。4人の男の子のお父さん。動画編集を中心にソフトやパソコン関係の話題多めのブログです。WEBマーケティング、SEOについて日々研究。誰かの為になる情報発信を心掛けています。あと趣味でベース弾いてます。, すでにデータ化された映像データ、音声データのビットレートの画質、音質以上の品質には、変換することが出来ない, 【月額980円読み放題】駆け出しクリエイターこそKindle Unlimitedを使うべき3つの理由, 無料(フリー)で使える最強の動画編集ソフトDaVinci Resolveをインストールしよう!, 【プロ直伝】動画編集用パソコンの選び方と最適おすすめデスクトップパソコン5選!2020年7月版, 【プロが教える】動画編集ソフトおすすめランキング トップ10!WindowsからMacまで完全網羅, 低いビットレートを後から高く変換しても品質は変わらないけど、ファイル容量は大きくなる, フレームレートが増えるとビットレートも増える。単純に1秒間の情報量(データ量)が増えるから。. ことの発端は、VinylStudioを使ってAACでCBR設定したつもりでエンコードしたファイルをMediainfoで情報をみると何と言うことかVBRモードになっていました。 一方MP3のCBR設定で ... 折角のハイレゾ(24bit)音源をMP3やAACにエンコードする時、出来るだけビット深度を維持したまま変換したい訳ですが、foober2000を除いてビット深度の設定が出来ず、サウンドアプリによっては ... 「モーツァルト・ピアノ協奏曲第15番変ロ長調 K.450 第2楽章」のオリジナル音源(FLAC 96khz,24bit)に対して、ビットレート128kbpsと320kbpsで夫々のMP3、AACファイルを周波数分析し周波数帯域毎(1khz間隔)の相関係数で評価しました。, ❏ MP3(128kbps) vs ハイレゾ音源  <相関係数とスペクトル> 15khzから急激に音圧レベルが下がり、10khz付近から、オリジナル音源に対して相関係数が悪化し、17khz以上で相関が無くなっている。, ❏ AAC(128kbps) vs ハイレゾ音源  <相関係数とスペクトル> 15khzから徐々に音圧レベルが下がり、10khz付近から、オリジナル音源に対して相関係数が悪化しているも、MP3では、17khzで相関ゼロに対して、AACでは相関を維持している。, ❏ MP3(320kbps) vs ハイレゾ音源  <相関係数とスペクトル> 19khzから音圧レベルが下がり、15khzまで、相関係数0.9以上を維持している。, ❏ AAC(320kbps) vs ハイレゾ音源  <相関係数とスペクトル> 19khzから音圧レベルが下がり、MP3では15khzまで、相関係数0.9以上を維持していたが、AACでは、14khzから、相関係数0.9を切っている。(VinylStudioのAACは、16bitでエンコードされていることに影響か?) 320kbpsではMP3の方が音質優位と思われる。. つまり、128kbpsのビットレートではAACが音質優位で、320kbpsビットレートではMP3が音質優位です。 「我が家のB級オーディオ」での聴感比較では、128bpsのビットレートであっても、320kbpsとの差は殆ど感じられませんでした。 動画編集や音楽制作においてビットレートは避けては通れない専門知識です。 ビットレートという言葉は、少し小難しそうに聞こえますが、動画やオーディオファイルはもちろん。携帯電話やインターネット回線など、いろんな場面で見かけることが多いものでもあります。 2019年7月付けの「Apple Digital Masters テクノロジー概要」によれば、iTunesやApple Musicで配信される楽曲は、「Apple Digital Masters テク ... 前回ブログの正弦波の組合せで作ったエイリアシングノイズの無いノコギリ波(ピュアー音源)をVinylStudioでインポートした後、MP3、AACへ夫々出力したピュアー音源ファイルのスペクトル比較を行っ ... レコードのハイレゾ録音へのヒント(Tips)   ハイレゾ録音のヒントになればと、 今までのレコードのハイレゾ録音を通して、思いつくまま必要と思われることを書き留めましたのでご ... eonkyoからDL購入したハイレゾファイルを基準音源にして、基準音源と同一録音のレコードをMCカートリッジとMMカートリッジでハイレコした音源の音質比較を試みました。 MCカートリッジは、オルトフォ ... 今更ながら、「我が家のB級プレーヤ」に取り付けた「DL103Rカートリッジのクロストーク(セパレーション)をテストレコード(AD-1 2面のバンド4:基準レベル、1kHz、3.54cm/sec(尖頭値 ... 年代モノのレコードプレーヤTRIO(KP-51F)を使ってレコードのハイレゾ録音を行っていますが、このプレーヤの実力を知るためにテストレコード(AD-1)使って定性的な特性を調べ、断片的な記事を投稿し ... ことの 発 端 ことの発端は、あるハイレゾDLサイトから、チャイコのバイオリンコンチェルトをPCM(Flacファイル 192Khz、24Bit)で購入しました。WAVファイルも平行販売されています。 ... これまでの当ブログ記事(テストレコードなどのブログ)の知見を通して、アナログ・レコードが音質的に不利な点が多々見つかりました。 アナログレコードの音質を好ましく思っている一人で、本当はあまり言いたくは ... CDフォーマットのサンプリング周波数は44.1khzでビット深度は16bitです。 特にビット深度は録音レベルが低下するに伴い音質に問題が生じます。 CDの開発時点では先端技術で市場を席巻しましたが昨 ... 「HAP-Z1ESのDSEEとDSDリマスタリングエンジンの効果検証」(以前のブログ記事)は、 実際のLPレコードからハイレゾ化したリアルサウンドでDSEEを評価したものでした。 今回は、正弦波の組 ... WordPressで記事を書いているビジュアルエディタ派の方でPost Snippets Plugin(以下PSPに略します)を使わずにいませんか? または、PSPをインストールしているのにも関わら ... 大変興味深い実験でした。mp3が優位なのは意外でした。128Kbpsについても参考になります。, 一つ気になったのが、mp3はCBR モード AACはVBR モードでエンコードされてますね。 AACもCBRでエンコードすると何らかの変化があるのでしょうか?, (19/8/4 訂正) mp3 エンコードをVBRでなく何故CBRにしたかと言いますと、AACへのエンコードは、CBRで設定していても、ビットレートがABR的に変動するようでMediainfoでみるとVBRモードになっています。 このためmp3 でもCBR設定で実験しました。 AACのVBRとCBRの差については、以下URLに詳しい説明がありましたのでご参照ください。(但しMediainfoで確認するとどちらもVBRでした), https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dal/602002.html, 返信が遅れてすみません。URL先拝見いたしました。VBRも万能ではないのですね。自分の耳の印象を大事にしようと思った次第であります。返信ありがとうございました。, アマチュア無線からオーディオに興味を持ち、音質評価するためにクラシックを聴いていたら、クラシック・フアンになっていました。 CDのストリングス音質が気に入らずレコードをハイレゾ化したら自然に近い音になっていることにビックリ。 皆さんと共有できればと、このブログを立ち上げました。 レコードのハイレゾ化(デジタル化)によって聴感に頼らずデータドリブンでレコード音質の見える化を目指して行きます。, VinylStudioによるAACへのエンコードは、CBRで設定していますが、ビットレートがABR的に変動するようでMediainfoでみるとVBRモードになっています。, AACにエンコードしようとすると、「16ビット,48khzで保存される」旨の注意ダイアログが表示, (VinylStudioのAACは、16bitでエンコードされていることに影響か?), Apple Digital MastersのAAC音質(その3:ハイレゾのリアル音源をApple Digital Masterに変換してみました), Apple Digital MastersのAAC音質(その2:ピュアー音源による評価), OSXのAutomatorを使ったハイレゾ音源をMP3変換する方法(サウンドアプリXLDコマンドライン使用), ロリポップサーバー全プラン・リニューアルに伴うアップデートを行ってみました。(ライトプランの場合), OSXのAutomatorを使ったハイレゾ音源をAAC変換する方法(サウンドアプリXLDコマンドライン使用), エンコードしたファイルは、ハイレゾファイルのサンプリング周波数と合わせてリサンプリングした後、周波数分析します。, ハイレゾファイルとエンコードファイルに対する周波数と音圧レベルデータから、両者の相関係数を計算するために、1khz幅にブロック分けし, 1khz周波数帯毎の音圧レベルの相関係数でハイレゾファイルとエンコードファイルとの相関の強さが判り、グラフ化することで可視化します。(相関係数が高ければ、両者の音圧波形は近似し誤差が少なく、低ければ、誤差が大きく音圧波形が不一致であることが判ります), 相関係数のグラフ評価から、前出の「ビットレートと上限周波数の関係」グラフの傾向通り、上限周波数付近から相関が悪化する結果でした。 つまり、128kbpsのビットレートではAACが音質優位で、320kbpsビットレートではMP3が音質優位です。, 「我が家のB級オーディオ」での聴感比較では、128bpsのビットレートであっても、320kbpsとの差は殆ど感じられませんでした。 ハイレゾ再生と128kbpsの比較では、プラシーボ効果もあるかも判りませんが、MP3(128bps)で高域に若干ザラつきを感じ ました。 ハイレゾ音源の方では、ザラつき無く安定感を感じました。, MP3にしてもAACしても320kbpsでのファイルサイズは、ハイレゾのファイルサイズと比較して、1/10程度に圧縮されても、聴感上の音質差は、殆ど感じられないとことから、今更らながら恐るべきアルゴリズム技術と言えると思います。, CDから圧縮音源にエンコードする場合、CDフォーマット(44.1khz)のナイキスト周波数(22.05khz)がエンコードの上限周波数と近似しているのでCDからエンコードするより、ハイレゾファイル(96khz以上)からエンコードする方が原理上無理なくエンコードできると思われます。, 総合して、ハイレゾをVinylStudioでエンコードするなら相関係数の結果から、128kbpsは避けて、出来れば、.