Dome SphericalをOFFにすると半球状のライトになってしまうのでお気をつけ下さい。 発売元の都合によりパッケージは存在しません。プログラムはダウンロードによる納品となります, Chaos Group製品のライセンスは登録された個人または法人に所属する方のみが利用できます。, 個人登録:登録された個人1名のみが利用可能。(登録者本人以外は利用できません。【家族/友人なども不可】), 法人登録:登録された法人に在籍する方であればどなたでも利用可能。(グループ企業や親会社/子会社は別法人となりますのでご利用いただけません。), Linax:CentOS 6/Debian 8/Fedora 17/openSUSE 13.0/Ubuntu 14.4. レンダリングは奥が深く、設定する項目によって結果がかなり変わってきます。 自分の納得がいくレンダリング設定を研究してみてください! 3DCGソフト”Maya(マヤ)”についての解説 ・マテリアル(質感) 3dtotal.comから海外のデジタルアート最新情報 サブディビジョンをかけていない場合と比べてもほぼレンダリング時間は変わりません。 ・No Decay (減衰なし) ・Quadratic (二次) 簡単ですね! Terms of Use. というわけなので、具体的にどのようにV-Rayの設定をしていくのかを見ていきましょう。, MayaのV-Rayではオブジェクトのアトリビュート(属性)にV-Ray専用のアトリビュートを追加して機能を設定していきます。 ビューポートサブディビジョンを使った場合と比べてかなり速くなっています。, もう少しオブジェクトが沢山あるシーンで比較してみましょう。 昔のV-RayではOFFがデフォルトでした, Doom Lightの回転はビューポート上からは出来ません。やっても空回りするだけです。 (映画、ゲーム、映像関連)を日本語でお伝えします!, Maya ビギナー向けの知っておくべき基本を解説するチュートリアル「Maya の基本を知る」シリーズへようこそ。長編映画やゲーム制作をはじめ、さまざまな業界で使用されている 3DCGソフトウェア Maya には、モデリング、アニメーション、レンダリングツールのすべてが含まれています。この「Maya の基本を知る」シリーズ(※計10回)で、その基本要素を理解していきましょう。最終回の この パート10 は「レンダリングとパスの設定」です。, ビジュアライゼーションのワークフローでは 通常、後から After Effects などの合成ソフトで簡単にまとめられるように、シーンを一連の個別要素にレンダリングします。これを行う理由は、レンダリング後にイメージを柔軟に調整するためです。今回は、Maya 2016 Extension 2 から導入された[レンダリングの設定]のワークフローについて解説します。, [レンダリングの設定]は、シーンをレイヤとコレクションに分解します。コレクションでは、一連のプロパティオーバーライドによって レンダリング または オーバーライドします。ショットを反復レンダリングする、または 合成用に複数のパスをレンダリングする場合、このシステムは 迅速で信頼性があり、とても役立ちます。作成できるオーバーライドの種類には、シェーダやオブジェクトの特定のアトリビュートが含まれます。では、それが どのように機能するかを見ていきましょう。, このシステムを利用するためには、まず、レンダーレイヤを作成します。[レンダリングの設定]ウィンドウを開くと[プロパティ エディタ]セクションと[レイヤリスト]セクションに分かれています。[レイヤリスト]セクションで「新規レイヤの作成」アイコンをクリック、リストに 新規レイヤが表示されたら、ダブルクリックして名前を変更しましょう。レイヤの横には、レンダーレイヤの可視性を変更するアイコンがあります。, [レンダリングの設定]ワークフローの最も強力な部分は、すべてのレイヤに複数のコレクションを作成できることです。つまり、それぞれのコレクションを個別に制御して、互いに積み重ね、強力なシステムを構築できます。コレクションを作成するには、レイヤを右クリックして、[コレクションを作成]を選択します。このコレクションは、関連付けたい一連のオブジェクトのコンテナになります。, コレクションにオブジェクトを追加する場合、主に2つの方法があります。1つめの方法は[アウトライナ]から[プロパティ エディタ]の[含める]セクションにオブジェクトをドラッグ&ドロップします。これだけでも簡単ですが、もう1つ、強力な方法があります。[含める]セクションで、screw * のようなエクスプレッション(式)を入力すると、名前に screw を含むオブジェクトがすべて追加されます。1度作成したエクスプレッションは、それ以降に作成したオブジェクトにも有効です。, すべてのシーン(特に複雑なシーン)で、複数のコレクションを作成することになるでしょう。リスト内の各コレクションの横には、ソロとミュートの2つのアイコンがあります(多くのソフトウェアに共通している一般的なものです)。クライアントに選択肢を提示する際には、この機能を使えば 柔軟に対応できるでしょう。見せたいものをすべて作成して、自由に切り替えましょう。, 先述したように、オーバーライドは[レンダリングの設定]ワークフローの最も強力な部分です。アトリビュートのホスト全体をオーバーライドするだけでなく、オブジェクトのすべてのシェーダをオーバーライドすることもできます。これは、合成用のレンダリングパスを設定するときや、検討のため クライアントに一連の反復設計(iterative design)の選択肢を提示するのに役立ちます。以降のステップでは、オーバーライドオプションをいくつか見ていきましょう。, オーバーライドによって、元の要素に影響を与えることなく シーンアトリビュートを調整できます, まず、シェーダのオーバーライドを行うオブジェクトのコレクションを作成します。次に、そのコレクションを右クリック、[シェーダのオーバーライドの作成]を実行します。続けて[プロパティ エディタ]の[Override Shader]スロット横にあるチェッカーボックスをクリック、オーバーライドするシェーダを指定 および カスタマイズします。これは、深度パスなどを作成するのに最適です。, 前の手順とよく似ていますが、シェーダ全体を置き換えたくない場合、すなわち、シェーダの特定のアトリビュートをオーバーライドする場合に便利です。まず[アウトライナ]から、マテリアルを[プロパティ エディタ]にドラッグ&ドロップします(マテリアルが表示されないときは、[ディスプレイ]>[割り当てられたマテリアル]を選択)。次に、リストのすぐ下にある[オーバーライドを追加]ドロップダウンリストで[絶対]を選択、[アトリビュートエディタ]からオーバーライドするアトリビュートを[プロパティ エディタ]に中ボタンドラッグします。, オーバーライドには[相対][絶対]の2つのタイプがあります。これらは、オーバーライドするアトリビュートの影響をコントロールします。[相対]は、オーバーライドの調整を現在のアトリビュートに対して 相対的に行います。一方、[絶対]は、現在のアトリビュートを完全に無視して 新しい値で上書きします。それぞれのタイプを、状況で使い分けましょう。, レンダーレイヤを個別に、または、バッチレンダリングして、お気に入りの合成ソフトウェアにインポートできます。ここでは、その手順を詳しく紹介しませんが、Maya ヘルプ にプロセスを学習できる多くの情報が用意されていますので、そちらをご覧ください。, ▼ Mayaヘルプ:レンダー設定(Render Settings)を書き出す Maya ビギナー向けの知っておくべき基本を解説するチュートリアル「Maya の基本を知る」シリーズへようこそ。長編映画やゲーム制作をはじめ、さまざまな業界で使用されている 3DCGソフトウェア Maya には、モデリング、アニメーション、レンダリングツールのすべてが含まれています。 Mayaではずいぶん前から(いつの頃からだったか忘れてしまいました)レンダリング時のサブディビジョンをビューポート上でも見られるようにするスムースメッシュプレビューという機能があり、みなさんもキーボードの【1】【2】【3】を押して設定していますよね。 Linear (リニア) 以降は減衰していますが、Linear (リニア) の影は最後まではっきり出ています。 特にMayaのスポットライトを使っている場合、デフォルトでは減衰しない設定になっています。, ではここで、Decay Rate (減衰率) しかし、これはもともとmentalRayのために作られた機能なので、V-Rayではこれを変換してレンダリングしています。それとは別にV-Rayには専用のサブディビジョン機能としてOpenSubdivが用意されているので、どのように異なるかをフリーモデルのスザンヌさんを使って見ていきましょう。, まずビューポートサブディビジョンが設定されていないモデルをV-Rayでレンダリングしてみます。, さらにレンダー設定を開き、OverridesタブのGeometryのViewport SubdivisionをONにしてレンダリングします。 まずRender Settings (レンダー設定) を開いてRender Using (使用するレンダラ) をV-Rayにします。, それから、Setting タブの中にあるV-Ray UI の2つのスイッチを入れます。, Shelf buttons in “Rendering”のAddスイッチを入れると、シェルフのRenderingにV-Ray専用のマテリアルやライトが追加されます。, さらにCreate/Replace V-Ray Shelf スイッチでV-Ray専用シェルフが追加されます。, これでV-Rayを使う準備は完了です。 VRayPlaceEnvTex ノード タブにあるHorizontal rotation アトリビュートを動かしましょう。 なんだかMayaがV-Ray色に染まっているようですね。, しかし、問題はこれからです。 これらのコマンドをONにするとシェイプアトリビュートの一番下のExtra VRay Attributesに追加されていきます。, この中から特にサブディビジョンの設定について説明します。 ではまたお会いしましょう。, 前回はV-Rayのジオメトリ(モデル)とライトの設定についてお話しました。 今回は引き続き、マテリアルについて説明いたします。 ・・・(続きを読む), オートデスク メディア&エンターテインメント 製品のご購入に関してご連絡を希望される場合は、こちらからお問い合わせください。, 第4回:V-Ray導入編~MayaでV-Rayを使いこなすために~ GIグローバルイルミネーション編, 第3回:V-Ray導入編~MayaでV-Rayを使いこなすために~ カメラとカラーマッピング編. ・エフェクト ただし、このライトは実世界と同じように非常に明るいため、何も設定していないカメラからレンダリングすると真っ白に飛んでしまいます。なので、これを使用する場合はカメラにVRayPhysicalCamelaを付加する必要があるでしょう。 V-Rayは機能も豊富で憶えることが多く、どこから手をつけていいか分らないうちに使い始めてしまい、なんとなくレンダリングができているのでコレで良いんじゃないかと、機能を正しく理解せずに使い続けてしまうことがあります。 物理的に正しく減衰させるためにDecay Rate (減衰率) はQuadratic (二次) が推奨されています。, V-Rayについてはまだいろいろと解説したいことはあるのですが、いつの間にかかなりの量になってきました。 ・Linear (リニア) V-Rayを使っているけど、レンダリングされた結果にリアリティを感じない場合、ライトの減衰が正しく設定されているかを疑ってください。実世界では、ライトの輝度は光源で最大となり、光源から離れるにつれて減少、つまり減衰します。 ・カメラ デフォルトでは表示されていません。 シェイプを選択して表示されるアトリビュートエディターのAttributes (アトリビュート) メニューの中に、V-Ray専用のコマンドがあります。 V-Rayが始めての人は今から最短で理解できるように、また、現在使っている人はより使いこなせるように学んでいきましょう。, レンダラーと一口に言っても、実際にレンダリングするためにはいくつかの設定があります。 ではV-Rayはどうでしょうか? No Decay (減衰なし) だと距離に関わらず光の当たり方は一定なので太陽光と同じになってしまいます。 V-Rayをインストールしたことにより、他にもいくつかのV-Ray専用メニューが追加されています。, Maya2016から搭載された新しいハイパーシェードにもV-Rayのコマンドが追加されます。, V-Rayには専用のレンダービュー「V-Ray Frame Buffer」が用意されています。, V-Ray Frame Bufferの詳しい説明はまた後の機会にいたします。 の違いをみてみることにします。, Spot Light (スポットライト) にバーンドアを設定して照射される範囲を限定、便宜上同じような強さになるようにIntensity (強度) を調整しています。 サブディビジョンをかけるとかなりのポリゴンになるボトルを複数置いてみました。, OpenSubdivを使った場合のレンダリング時間は1分11.6秒 現在ではMaya, SoftImage, Cinema4D, Rhino, SketchUp, Blender, Modo, Nuke, Katana版が発売され、多方面に使用されている。, V-Rayが発売された当時、他にも様々なレンダラーが登場してきたが、現在にいたるまで開発が続いているレンダラーは少ない。V-Rayが生き残ることができた理由としては、高速でありながらもアーティファクトの少ない綺麗なグローバルイルミネーションイメージを作り出せることと、最新のトレンドを取り込んでいく開発スピードにあると思われる。, V-Rayが登場した90年代後半は、CPUの計算スピードが著しく向上した時代で、それまではほぼ現実的ではなかったグローバルイルミネーション計算が、ようやく実用的なレベルになったことで、沢山のグローバルイルミネーションレンダラーが登場した。しかし今から考えると当時のCPUの動作周波数はようやく1GHzを越えた辺りで、当然マルチコアもなかった。そのような中でもV-Rayは比較的高速に綺麗な画像を作り出すことが出来るアルゴリズムを採用していた。, V-Rayは3ds Max 版から開発されたため、最新のアップデータが登場するのも3ds Max が一番速かったが、現在ではMaya版もほぼそれに追従しており、どちらも最新の機能をつかえるようになっている。例えば「3ds Max フォールオフマップ」は「V-Ray falloff texture」としてMaya版に移植され、3ds Max 版と同等の効果が得られるようになった。また、V-Ray3.0以前は3ds Max 版のみ無制限レンダリングライセンスが付属していたが、現在ではそれも廃止されプラットフォーム間で均一な開発が行われるようになった。またレンダーノードライセンスはマルチプラットフォームライセンスとして動作するので3ds Max 、Mayaどちらであっても有効活用できるようになっている。, というような概要を頭にいれた上で、実際にMaya上でV-Rayを使っていきましょう。, V-RayをインストールしたらMayaのPlug-in ManagerでV-Rayがロードされているか確認しておきましょう。, Auto loadにチェックを入れておくとMayaを立ち上げるたびに自動的にプラグインが読み込まれます。, ※このプラグインマネージャーでロードにチェックをつけていてもたまに外れていることがありますよね。Mayaが強制終了した時や、Mayaを立ち上げた時にまだプラグインが読み込まれる前に操作してしまった時などに外れてしまうことがあります。お気をつけ下さい。, つづいて、V-Rayオリジナルのユーザーインターフェースがあるので、それを表示させます。