かな?, 周年に紐付けしたイベントと夏イベは絶対にずらさないって言ってたから近いうちになんかでかめの何かがあるんだよな ・外部サイトへの誘導や宣伝 2020/7/31 (ルールとして、1度命を落としたカルデア側のサーヴァントは基本的に再登場しない), 以下の書き込みを禁止とし、場合によってはコメント削除や書き込み制限を行う可能性がございます。 第8節 星の三蔵ちゃん、天竺から帰る(1/2) 消費ap21(推奨レベル64) 1ステージ目 battle 1/2 battle 2/2 戦利品. 【fgo攻略】6章モードレッド推奨レベル撃破。バフ宝具を活用する戦闘のチュートリアル 戦利品. 16, 【FGO】2部の結末はなんとなくだけど2部の旅を無かったことにして終了する気がする, 大奥みたいなストーリーに関係あるイベが増えるらしいからいつ来るとか全然予想できなくなった, インドは4月予定だったのが遅れに遅れたな コメントの削除を申請する つーかオリュンポスの酷さを見るともう残りは全部きのこに書いてほしい, 【事前登録受付中】“未完”の乙女たち「帝国華撃団」が日本全国から仲間を集め、ライバルに立ち向かい成長していくドラマチックRPG, 【サービス開始】大人気TVアニメ「ワンパンマン」がついにスマホゲームになって登場!, 【好評配信中】PS4・iOS・Android・PC向け新世代オープンワールドRPG!, ロンゴミニアドがあるからこそ、ブリテン異聞帯は空想樹なしでもそのテクスチャを惑星上に留めておくことが可能, アルビオンはブリテン島の古い名称で、ブリテン島そのものと言われた魔竜ヴォーティガーン, 虚数大海戦イマジナリ・スクランブル(ノーチラス)攻略とドロップまとめ|効率的な進め方. グッズ. ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ※一度削除したコメントは復元ができませんのでご注意ください。, また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。, だとしたらなんのヒントもなしに星への想いだけでアヴァロンに到達した士郎やばすぎだろ, 円卓関係だしきのこが書いてくれると期待してる 来年5.5章と六章前 【fgo】2部折り返しまできたけど今年はストーリーどこまで進むのだろうか 2020/7/31 FGO , まとめ 16 329 : この世全ての名無し 2020/07/31(金) 01:11:28 iOS/Android用RPG『Fate/Grand Order』で7月25日(月)に配信された、第6章“第六特異点 神聖円卓領域 キャメロット”のストーリークエスト情報をまとめてお届けします。, これまでのメインクエストよりも難度が高いものが多いため、絆レベルを上げようと思ってクラスを無視すると、全滅してしまいます。中盤からは一軍パーティで戦いましょう。, なお、この記事にはストーリーが進むと登場する新サーヴァントの情報も掲載されているので、ネタバレにはご注意ください。, 1回目のガウェイン戦はHPを一定値まで削ると勝利できるようです。初見プレイに優しいですね。, 毎ターンチャージが2進む特殊能力を持っているので、吸血やスタンスキルなどで邪魔をすると有利に戦えます。, またガウェインは非常に固い敵なので、単体宝具持ちのアーチャーで固めると楽です。エウリュアレやダビデ、オリオンなどがいれば簡単に倒せるでしょう。, 宝具の威力は高くないので、防御力アップスキルで耐える方法もあります。エウリュアレなどNP効率がいいアーチャーは、礼装としてメルティ・スイートハートを装備するのも手です。, モードレッドは、ターン開始時に毎回チャージがMAXまでたまります。兜をかぶっている状態では宝具は使わないので、ターゲット集中持ちを入れておくと楽にクリア可能です。, スクショを撮り忘れてしまいました。3ステージ目のBATTLE2と同様に、兜をかぶったモードレッドが登場します。前回と同様の戦術で撃破可能です。, 本番はここから。“暴走”の効果で毎ターン全体宝具を撃ってきます。ガウェイン戦と同じように、単体宝具持ちでパーティを固めましょう。, ダビデの全体回避付与スキルやスタンスキルが有効です。NP効率がいいキャラに月霊髄液を装備させるのもアリ。, アーチャーが育っていない場合は、フレンドの強力なアーチャーをスタメンに入れてある程度ダメージを与え、ヘラクレスなどの自陣のバーサーカーを6騎目に編成して、単騎のバーサーカーの超火力で切り抜けましょう。, またまたスクショを撮り忘れてしまいました。確かHPが30万以上あるドラゴンだったと思うので、アサシン式など強力な単体宝具を持っているサーヴァントを連れていきましょう。, トリスタンはアーチャーでありながら、“反転”の効果で弱点クラスがセイバーになっています。さらに、シールダーを除く全クラスに優位な攻撃をしてきます。, 敵の宝具の攻撃範囲は単体なので、ターゲット集中持ちがいれば簡単に倒せます。オダチェンでカエサルなどの単体宝具持ちセイバーを連れてくるもよし、地道にスタメンのランサーで攻めても負けません。, トリスタンの攻撃はHIT数が非常に多いので、くらうとNPがガンガンたまります。アサシンエミヤのタゲ集中付与スキルと回避スキルを組み合わせて、アタッカーのNPを一瞬でためる戦術もアリです。, 宝具の攻撃範囲は単体なので、ターゲット集中持ちでバーサーカーかアヴェンジャーを介護していけば簡単に勝てます。, 盾役のキャラにメルティ・スイートハートやマグダラの聖骸布を装備させる戦術も有効です。, 魔神柱戦です。有利クラスのライダー、キャスター、アサシン、バーサーカーをパーティに入れて戦いましょう。, ある程度HPを削るとHP10万回復+毎ターン1万のHPを回復する厄介なスキルを使ってきます。また、魔神柱にスキルや宝具でデバフをかけると、確定で弱体解除+攻撃力アップスキルを使用してくるので、デバフは使用しないほうが安全です。, 時間はかかってしまいますが、ブーディカ+アンデルセン+マシュで完封できます。仮に誰かが落ちてしまっても、控えに強力な単体宝具を持っているライダーやバーサーカーを入れておけば、十分削りきれるでしょう。どうしても勝てない場合は、強いフレンドに頼ってしまえば万事解決です。, 対乳上戦と同じ戦い方で勝てます。単体宝具持ちのセイバーと全体宝具対策をして挑みましょう。, 星4となったマシュと助っ人のベディヴィエールを組み合わせて、防御スキルで耐えながら着実にダメージを与えていきましょう。, 【FGO攻略】6章ガウェインを推奨レベルで撃破。7章を楽しむためにキャメロットをクリアしよう, 【FGO攻略】6章モードレッド推奨レベル撃破。バフ宝具を活用する戦闘のチュートリアル, 『FGO』はインフレさせない。1周年や星6キャラについて聞く【電撃オンラインアワード2015】, 『Fate/EXTELLA』最速レビュー。ネロを操作した感想は“スピード感がヤバイ”【E3 2016】, 新規マスターに贈る『Fate/hollow ataraxia』基礎知識まとめ アニメファンは買うべきか否か?, ▲6章をクリアすると、星3セイバーのベディヴィエールがプレゼントBOXに送られます。. まぁ実質3.5章の大奥があったからギリギリセウトって感じだ, 5.5じゃなくて4.5なのマジでうける。まあキャプテン加入のためのイベントのことだろうけどね(なんかノーチラスの試運転でどっかに行って一波乱あったみたいなこと言ってたし)。そんで5.5が地獄界曼陀羅と, 理想 ©TYPE-MOON / FGOPROJECT※当カテゴリ内のすべての記事は、AppMedia編集部及びライター独自の判断に基づき作成しています。※当サイトが掲載しているデータ、画像等の無断使用・無断転載は固くお断りしております。, FGO(FateGO)のストーリー第2部6章の攻略や最新情報をまとめています。ロストベルト6「星の生まれる刻」を攻略する参考にしてください。, 2部オリュンポスをクリアして、これまで通りなら異聞帯の名前が明らかになるはずだったが、今回はノイズのようなものがかかってタイトルが全くわからない状態になっている。, 今後のイベントや更新で明らかになるはずだが、現時点では担当クリプターがベリルであることと、ブリテン異聞帯と呼ばれているくらいしか明らかになっていない。, これまで公式サイトなどで明らかにされてきたロストベルト6のタイトルは「–円卓領域 —–・-・–」。円卓領域の名を冠する異聞帯であり、特異点「神聖円卓領域キャメロット」を強く意識したネーミングになっていると予想される。, かの特異点と同じ第六であり、基準は違うものの規格外を意味するEXランクの評価を受けているという共通点がある。オリュンポスでは大幅にゲームの難易度が上昇し、低レアサーヴァントだけでクリアするのが非常に困難になっていたが、次の異聞帯も負けず劣らずの高難易度になっていることが予想される。, 事件簿マテリアルの魔術協会の歴史によると、AD.500に真エーテルが地上から完全に消失する出来事があったらしい。異聞帯との分岐点がこの事件が発生しなかったと考えるのが自然かもしれない。, もう一つあるとすれば、オリュンポスでのベリルの発言的にブリテン異聞帯ではヴォーティガーンが生存していることが予想されることから、汎人類史ではアルトリア(ロンゴミニアド)の手で打ち果たされたはずの彼が生きていている=何らかの理由でアルトリアがいないor聖槍を手にしていない世界という考察もできる。, 二部5章オリュンポスをクリア後、ターミナルのロストベルト6とロストベルト5の間に謎の黒点が出現。ロストベルト6とオリュンポスの間ということで、この黒い点についてのストーリーがまず先行して実装されることになりそう。, ベリルは「自分を騙すのも得意」と称される人物で、彼の発言は正直信用できない。ロストベルト6の情報はそのほとんどが彼の発言を根拠にしたものなので、全てが嘘という可能性も否定しきれない。, ブリテン異聞帯は光の壁に包まれていると常々言及されてきた。そして、アトランティス開幕時のクリプター会議で、キリシュタリアの口からその光の壁が「世界の果て」によるものと明言された。, 「世界の果て」というとロンゴミニアドの本体の塔が想像されるが、ブリテンという場所や光の壁という特徴も含めてロンゴミニアドによって外界と遮断されているのだと思われる。, オリュンポスでアトラスの世界樹が炎上した原因が、ブリテン異聞帯の空想樹の炎上。さらにベリルの口からセイファート(ブリテン異聞帯の空想樹)が干されていると言及された。つまり、ブリテン異聞帯の空想樹はカルデアが行く前から機能していないことがわかっている。, そもそも異聞帯の維持に空想樹が必要な理由は、空想樹が持つ星をテクスチャで覆う機能が異聞帯を惑星上に発生させるために不可欠だからであり、これはブリテン異聞帯が空想樹なしでもテクスチャを維持することが可能ということを意味している。, 前述したロンゴミニアドにはテクスチャを繫ぎ止める機能が備わっており、ロンゴミニアドがあるからこそ、ブリテン異聞帯は空想樹なしでもそのテクスチャを惑星上に留めておくことが可能になっているのだと思われる。, オリュンポスでベリルとアフロディーテの会話中に登場した、ブリテン異聞帯の状況を意味する言葉。つまり、ブリテンの異聞帯は人類の住む世界ではなく、アヴァロンと呼ばれた理想郷が舞台になると予想される。, ベリル本人の口からアヴァロン以外のもう一つ物語の舞台として「星の内海に続く虚ろの道」というワードが登場した。, これは、謎のヒロインXXのバレンタインチョコイベントで彼女からこの惑星にあると言及された「いまだ星の内海に続く坑道」のことを示しているのだと思われる。異界と繋がった海域がオリュンポスへ繋がるアトランティスなら、未だ星の内海に続く坑道がロストベルト6の舞台になる可能性はかなり高い。, 「星の内海に続く虚ろの道」というワードと関連があるイギリスにある地下空間。時計塔の地下にある大迷宮で、かつてこの地で死んだ竜の骸の発掘が行われている。時計塔が彼の地に建造されたのも、この竜の死骸の資源を活用するため。一般の魔術師はこの地が特別な理由は竜の死骸にあると思っているが、実際には竜の死骸以前にこの一帯が「星の内海へ続く路」だから特別な場所だったというのが正しい。, ベリルのセリフを踏まえるとブリテン異聞帯においても、「星の内海へ続く路」は健在でアヴァロンに向かうには依然ここを通る必要があると思われる。, 星の内海=アヴァロンがブリテン異聞帯の本拠だが、そこへ至るための道として「星の内海に続く虚ろの道」を通ることになるという展開になると攻略班は予想。5章でのアトランティス→オリュンポスのように霊墓アルビオン→アヴァロンという二部構成になるのでは?, ブリテン異聞帯のクリプター。オリュンポス以前はキリシュタリアに従っているように見えたが、快楽殺人者で人殺しができなくなる世界の成立を拒み、彼を裏切りアゾることに。, これまでブリテン異聞帯陣営とは対立していると思われていたが、オリュンポスの最終局面で異聞帯の王側の名代として活動していることが判明した。, アルトリアの姉で、マーリンに匹敵する魔術師。ストーリータイトルである—–・-・–に名前が入る(モルガーンにすれば)ことや、ブリテンが舞台ということで登場が予想されている。妖精とする伝説も数多く残っているため、ベリルの口から語られた妖精は彼女のことを示しているのかもしれない。, オリュンポスに放たれたロンゴミニアドは、異星の神用に異聞帯の王が用意した魔術ということなので、大魔術師である彼女が異聞帯の王となっている可能性は大いにある。, トリスタンの幕間でモルガンの登場がすでに示唆され、彼女がギフトを使えることも判明している。, ベリルの口から生存が判明した、アルビオンの竜。アルビオンはブリテン島の古い名称で、ブリテン島そのものと言われた魔竜ヴォーティガーンのことを示していると予想している(アルビオンの竜=ヴォーティガーンと説明した資料はなかったように記憶しているんですけど、知ってる人がいれば教えてください)。, 汎人類史ではアルトリアとガウェインが戦ったがエクスカリバーもガラティーンも通用せず、ロンゴミニアドを使うことでようやく撃破できたような強敵。生きている=ブリテン島の支配者となっていると予想されるが、ベリルの口ぶりから異聞帯の王は魔術を使うものや妖精関連だと思われるので、巨大な竜である彼が異聞帯の王とは思えない。, コヤンスカヤと取引する材料しているので、ベリルと同じ陣営ではなく純粋にブリテン異聞帯の脅威の一つと考えるのが良いのかも。, 異星の神のアルターエゴではなく、ビーストだと判明。アルビオンの竜の話を聞いてベリルに協力することを決め、ベリルとともにブリテン異聞帯へ移動している。, ロードエルメロイ2世の事件簿で存在が明らかになった、「星の内海へ続く路」にいる怪物。グレイのロンゴミニアドの攻撃でも視線をそらすことしかできないレベルの怪物だった。「星の内海へ続く路」を通るならこの怪物と遭遇するかもしれない。, 円卓の騎士と敵対関係になったとされる蛮族。カエサルの強化クエストでエネミーとして不具合で登場して以来音沙汰がない。一応ブリテンの脅威の一つとして登場する可能性があるかも。, オリュンポスのラストで、キリシュタリアの仇討ちをする=ベリルを倒す意思があることが判明。異聞帯間の移動手段を持っているかは不明だが、何らかの方法でブリテン異聞帯にやってきているはず。, アトランティスの海へ退避した異星の神陣営のアルターエゴたちだが、ひとまずは本格的な介入は行わない様子で、ブリテン異聞帯へは村正を派遣するに留めている。, アルテミット・ワンを狙って活動することになるようなので、ORTがいる南米異聞帯で本格的に登場するという展開になりそう。, 言峰綺礼によるとリンボとは連絡が取れないとのこと。そんなリンボがオリュンポスのラストで我が本拠「地獄界曼荼羅」でマスターをもてなすと発言。リンボとの決着はロストベルト6とは別の場所でつけることになりそう。, 2部後半PVで初登場し、5周年イベントで実装されたサーヴァント。アルトリアの派生系だが今までのアルトリアとは全く違う出自を持っているようなので、彼女の存在が異聞帯の核になるという可能性も大いにある。, 舞台となる可能性が高いアヴァロンで今も生きている、おなじみの偉大な魔術師。普通にアヴァロンにいるので助けに期待したいが、アルトリアが生まれなかった世界というとキングメイカーとしての実力を発揮できない何かが起こった可能性もあるので、マーリンがいないという展開も考えうる。, 空想樹でも脅威になり得るロンゴミニアドの光の調査と破壊工作を言峰綺礼から依頼される。現状唯一確実にロストベルト6にいることが間違いないサーヴァントで、その任務の内容的にカルデアの協力者にすらなり得る。, 実際村正はオリュンポスでヘファイストスを守る任務の一環として、ゼウス撃破に不可欠なアイテム作成に協力している。今回もブリテン異聞帯を共通の敵として動いてくれるかもしれない。, アーサー王伝説に語られる騎士王本人。異聞帯の状況を見ると彼女がいないor王となっていない世界となっている可能性も高く、最初から登場してくれるとは考えにくい。カルナやロムルス=クィリヌスのように最後の最後で力を貸してくれるという展開になりそう。, 別の世界のアーサー王。ビーストⅥを追っていることは決定的だが、この異聞帯にビーストⅥがいるかどうかは不明。アーサーいるなら、ビーストⅥも確実に登場することになるので、ビーストの大行列になる可能性も。, 4周年記念で実装された低レアサーヴァントの1騎で、円卓の騎士。キャメロットでは物語が始まる以前にすでに退去しており、カルデアと遭遇することはなかった。, 4周年の低レアサーヴァントの多くは異聞帯で活躍しているので、イアソンやパリスのように6章で活躍してくれることに期待したい。, 4周年記念で実装された低レアサーヴァントの1騎。ガレスと彼女以外の低レアサーヴァントはすでにストーリーで活躍しているので、サロメも同様に出番があるはず。それが6章なのか7章なのかは不明。, 6章の舞台と予想されている「妖精域」と関連がありそうな女性。蝶の羽根という特徴からエーディンorプシュケーと予想している。舞台がブリテンということでどちらかといえばエーディンである可能性が高そうに思える。, 異聞帯の王という設定と妖精を掛け合わせると妖精の王として有名なオベロン、ティターニアなども候補となる。また、一部マスターの間ではアーサーと縁が深い「沙条愛歌」説も話題に。, 騎士のようにも見える3人組。色合いや円卓領域というタイトルからガウェイン、ランスロット、トリスタンの別側面という予想をしている人もいる。, 謎の鎧の騎士。槍を扱うためパーシヴァルと予想する人が多い。個人的には鎧の形や模様が似ていることからモードレッドの別側面なのでは?と予想している。, ただ、アーサーともアルトリアとも似つかない見た目なので「不貞隠しの兜」だけを借り受けているという可能性もある。, モードレッドに関しては消滅ではなく戦闘によって死亡しているため、登場する可能性は極めて低い。