それでも私は高性能なArduino M0をもっと使ってやりたいのです。, 基本的にArduino UnoなどとはMCUがまったく違うのでアーキテクチャも異なります。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 機械工学専攻の大学生 平日は研究室で活動し、休日は家で電子工作とかプログラミングとかしてます Follow @monotsukurumono. Arduino M0のデフォルトは10ビットになっています。, その他にPWMの周波数を変更するのもできるようですが、なぜかうまくいきません。 Arduino Zero, Arduino M0 Proとほとんど変わりません(EDBGの有無), いじってみようと思って色々ネットで探そうとするも資料があまり転がってないという。 シリアル通信によって、データを受信したり送信したりする関数です。 Serial.readBytes()などはこれらの拡張ですので、とりあえずこの2つから。 Serial.write()でArduinoからシリアル通信によってデータを1byte分送信します。Serial.read()で逆に1byte分受信します。 DDRレジスタやPINレジスタなどをつかって複数ピンを同時に操作したいのですが、Arduino M0の場合ポート名がわかりません。できますでしょうか。, ニキシー管の温湿度計に再チャレンジしたい 欠点として入力トレラント機能がなかったり、最大出力電流が小さかったりするのですが。 AREFピンには最大2.7Vしかかけられません。 僕は自動車のマイコンにプログラミングをする組み込みエンジニアとして働きつつ、YouTubeでArduinoの使い方を解説しています。>>なかしーの電子工作部, 時間を計測しようとdelay関数で処理を遅延させて、変数をインクリメントすれば経過時間を調べることができますが、遅延することで他の処理へ影響があると思います。, Arduinoはdelay関数と変数のインクリメント以外にも経過時間を調べる方法があります。, millis関数を使い、Arduinoでデジタル時計のように表示するプログラムを作ってみます。, 1000msで1秒なので、millis関数の戻り値を1000で割ると秒数が分かります。, 他の処理を実行していたとしても、必ず一定周期で実行したい関数があるのであれば時間割り込みを使うと良いでしょう。, Arduino IDEの「ツールタブ」からライブラリ管理を開いて「MsTimer2」と検索し、インストールしてください。, MsTimer2は引数に割り込みたい秒数をミリ単位で入力し、割り込み時に実行する関数を指定します。, 1秒ごとに割り込みが発生し、その時にカウントしたデータをシリアルモニタへ送信するプログラムを作ってみました。, この記事では「Arduinoで時間計測や割り込みを行う方法」について紹介しました。, >>【Arduino入門キット】電子工作の勉強におすすめ【こんなに安くていいの?】, 自動車のマイコンにプログラミングをするエンジニア 経験や知識を元に電子工作・アニメ・街コンに関する情報を発信中です。好きな食べ物はとんかつ。. Copyright© 物を作る者 , 2020 All Rights Reserved. ArduinoでTimerを使った割込み処理を、ライブラリを使わないで行う方法をメモ書きしておきます。概要 割込みにもいろいろ種類(方法)がありますが、今回はTimerを使った時間割込みを行ってみます。例えば、「1秒ごと」に「LEDを点滅 なんとあと2つ追加できるようです、すごいですよね。 TCC_CTRLA_PRESCALER_DIV1024という定数をTCC_CTRLA_PRESCALER_DIV256にすると(128, 512はありません、64はあります)扱える秒数は短くなりますが、より細かく秒数を設定できます。, 行いたい処理はTCC0_Handler関数の中にあるTC->INTFLAG.bit.OVF == 1が条件のif文の中に書きます。 ただ、もう1つ使えるようにするには次のファイルを編集する必要があります。, このファイルの中のPinDescription g_APinDescription[]という配列の最後に以下の記述を加えます。, 書き換えたらSerial2と同じような記述で使えるようになります。 Arduinoのタイマー割り込み:タイマー割り込みを使用すると、コード内で何が起こっているかにかかわらず、非常に具体的なタイミングでタスクを実行できます。この命令では、コンペアマッチまたはCTC Mod時にClear Timerで割り込みを設定および実行する方法を説明します。 そのため回路図からどのポートを使うか調べる必要があります。 Arduino.orgのものは何気に初めてだったりします。 Arduinoのタイマー割り込み:タイマー割り込みを使用すると、コード内で何が起こっているかにかかわらず、非常に具体的なタイミングでタスクを実行できます。この命令では、コンペアマッチまたはCTC Mod時にClear Timerで割り込みを設定および実行する方法を説明します。 以下のプログラムは以下のURLにあるタイマ割り込みプログラムを使用しています. DUEでのタイマー割り込みメモ PORAT_PXNNみたいな感じでポートを指定します。, loop関数内の1行目が、digitalWrite(13, HIGH);に対応します。 ちょっと長いです。 Unoでタイマー割り込みで処理を分けてた頃が懐かしくなるかもしれません。, Arduino IDE 1.6系のスケジューラライブラリがZeroに対応したそうなので、それに置き換えてみるとDueでもZeroでも使えました。 ArduinoでSTEM教育 応用編:割り込みタイマーで時間を計測する 2020年1月25日 by STEMSHIP 1 コメント 時間を操作するときにdelay関数をよく使いますが、これを使うとdelayで指定した時間が経過するまで、プログラムが止まってしまいます。 Arduino DueのIOは3.3V入力ですが,エンコーダの5V出力を直接つなぎました.推奨しません. プログラム. 最近、Arduino M0を購入しました。 それでもM0は工夫すれば結構便利になるよということを紹介したいと思います。, また、今回紹介しているものはすべてArduino IDE 1.7.7(Arduino.org)で検証しています。 2020.05.20 2020.08.27. 同じようにINTERNALはAR_INTERNALで基準電圧は1.0Vになります。(Unoは1.1V), Arduino M0はDueと同様、analogReadResosution関数によってアナログ入力の分解能を変更することができ、8ビット、10ビット、12ビットに対応しています。 ARM Cortex-M0+ CPUコアのArduino M0のpinMode, digitalWriteの高速化、シリアル通信(UART)の増設、タイマー割り込みについて。 タクトスイッチを押すと点滅していたLEDの処理が中断され、圧電スピーカが1秒間音を鳴らす。, ・Arduinoメインボード(https://amzn.to/2vkPIUH) ・USBケーブル(https://amzn.to/2UHhntl) ・ブレッドボード(https://amzn.to/38eNi8u) ・ジャンパワイヤ (https://amzn.to/39uBU8T) ・タクトスイッチ(https://amzn.to/3aVZe0k) ・LED(https://amzn.to/2TvEPGc) ・圧電スピーカ(https://amzn.to/2CkhvnO), 外部から割り込みの命令を受けた際、実行している処理を中断して他のプログラムを実行することを割り込み処理といいます。, 割り込み処理が終了後元のループに戻り、中断された処理のところから処理が再開されます。, 時間ごとに決まった処理をするためや、これから起こりうる可能性のある要求を別の処理をしながら待機するときなどに使用されます。, Arduinoの割り込み処理として、割り込み処理関数「attachInterrupt」が存在するので、これを使用します。, 今回のプログラムはこれまで記事にした圧電スピーカ、LED、タクトスイッチのプログラムを利用して書いています。, マイコンボードに書き込んでスイッチを押すと以下の動画のように割り込み処理が行われていることがわかると思います。. なくなったらすぐ行きたくなる, 多機能デジタルマルチメータ(Bluetoothスピーカー+時計+温度計付き)を買ってみた. また、便利になるようなものがあれば追記していきます。, ATMEGA328 系のボードと同じように、 Arduinoでタイマー割り込み 前回の記事(Arduinoを使ってみよう)で簡単な時間計測プログラムを作成しましたが実は正確ではありません。 なぜならば、デッドラインを意識したリアルタイム設計が成されていないからです。 確認できればまた紹介したいと思います。, 一応使えるみたいですが、ライブラリになっていません。 タイマー割り込みでLEDを点滅させます 〔Arduinoの動かせ方入門に戻る〕 タイマー(TIMER2)割り込みを利用してボードに付属(搭載)の 13番ピン接続LED を点灯させます。 こちらのほうがSPI通信を犠牲にしないのでおすすめです。 でも実はM0のコアはシリアル通信を複数チャンネル使えるようになっているんです。 また、PWMは2, 3, 4, 5, 6, 7ピンが使えなくなります。, Arduino Dueではスケジューラというライブラリでマルチタスクを可能にしています。, マルチタスクが使えるとだいぶ幅が広がりますよ! Arduino Unoでタイマー割り込みを使う方法 ... ProcessingとArduinoでシリアル通信する方法 . 利用者が少ないんでしょうか。 Arduino IDE 1.6系(Arduino.cc)では書き込みもできませんし、記述も異なります。 ここの値で呼び出される間隔を変えることができます。 FlexiTimer2::set(unsigned long units, double resolution, void (*f)()); 第一引数は時間を入力し、第ニ引数は分解能を入力します。例えば、 FlexiTimer2::set(1, 1/100000, INT)の場合、100us毎にINT関数を呼び出します。使用する場合には精度に注意が必要です。精度が出るのは40us~1000usの間だけで、それよりも短い領域や長い領域では誤差が大きという報告があります。短い領域については、マイコンのクロック周期に近づくので厳しいのはわかりますが、1000us以上で誤差が大きいのは意外でした。1000us以上の場合は、MsTimer2を使用したほうが良さそうです。, サンプルプログラムは、1ms毎にtimerFire関数を呼び出して、timeCountをカウントアップします。timeCountは1000でクリアされます。これは、メインのloop関数とは別で動作を続けます。loop関数内では、シリアルプロッタ用にSerial.printを常時実行します。timeCountが500~600のときだけ、flagIntを100にセットします。, 上記のプログラムを実行して、シリアルプロッタ画面を開くと以下のようなグラフが表示されます。今回は画面で出力確認を行いましたが、flagIntを出力ポートに割り当てて、LEDを点灯させたり、音を鳴らしたりする応用ができます。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, Raspberry Pi はじめてのラズパイ:ブラシ付きモータとブラシレスモータを制御する, Raspberry Pi はじめてのラズパイ:ディスプレイ(LCD, OLED)を制御する, Raspberry Pi はじめてのラズパイ:7セグメントLEDとドットマトリクスLEDを制御する, ArduinoでSTEM教育​ 応用編:MQTTとNode-REDを用いたLED制御 その2, ArduinoでSTEM教育​ 応用編:MQTTとNode-REDを用いたLED制御 その1, Raspberry Pi はじめてのラズパイ:ステッピングモータをA4988ドライバで制御する. 時間を操作するときにdelay関数をよく使いますが、これを使うとdelayで指定した時間が経過するまで、プログラムが止まってしまいます。メインのプログラムは動かし続けた状態で、 時間を計測したい場合は、割り込みタイマーを使うと良いです。, Arduino Unoは、AVR ATmega328Pというマイコンを搭載しており、このマイコンにはTimer0, Timer1, Timer2の3つのタイマーがあります。このタイマーを利用して、時間を計測することが出来ます。ただし、使用する際には注意が必要です。各タイマーは、PWM波形を出力するために使用したり、delay関数などに使用します。各タイマーの割当を以下に記載します。, Timer0はdelay関数で使うので、これを使用できる機会はなかなか無いと思います。よく使われるのはTimer2です。今回はTimer2を使用したプログラムを書きます。, Timerのライブラリはいくつかありますが、ここでは「MsTimer2」を紹介します。MsTimer2は、Arduino-IDEの[ツール]->[ライブラリを管理]からインストールできます。下記のウィンドウが開いたら、検索ボックスにmstimer2と入力すれば、下記のように表示されると思いますので、クリックしてインストールして下さい。, ①MsTimer2::set(unsigned long ms, void (*f)())  第一引数にタイマーの時間をミリ秒単位で入力します。第二引数は、タイマーの時間が経過したとき(割り込み)に呼び出す関数です。. 以下、タイマー割り込みを使ったLチカです。, 長ったらしいですが、とりあえず注目すべきはTC->PER.regに代入する値です。 Arduino Unoなどの高速化の仕方が全く違いますね。, どれくらい速くなるのか検証してみます。 ・外部割込み Arduino の attachInterrupt() での割り込み処理 Arduinoの概要 割り込みと ISR - 基礎からの IoT 入門 Arduino入門:外部割り込み | easy labo 簡単なスケッチを #define INT_PIN 2 … ちなみにAREFピンにかかる電圧を基準にするにはEXTERNALではなくてAR_EXTERNALです。 1ms単位では扱えず、これだとおそらく約21.3us間隔です。(本当かどうかはわかりません) こんばんは! 今回はArduinoの割り込み機能を使ってみようと思います。 概要 attachInterrupt関数を使用して、割り込み処理を行ってみる。 タクトスイッチを押すと点滅していたLEDの処理が中断され、圧電スピーカが1秒間音を鳴らす。 使用するもの ・Arduinoメインボード(https://amzn では、実際の変更したLチカのコードを見てみましょう。, setup関数内にある1行はpinMode(13, OUTPUT);と同じです。 電源電圧(3.3V)を基準にするにはanalogReference(AR_DEFAULT);とsetup関数に書く必要があります。 Arduinoでプログラムを開始してからの時間を調べたり、一定周期ごとに割り込みを行う方法について解説します。delayを使うと他の処理を実行できなくなるので、なるべく使わないほうが良いでしょう。デジタル時計のように時間を表示させるプログラム例も紹介しています。 P制御だと定常偏差が残ってしまう理由を「最終値の定理」を使わずに解説. ただ、どこまで複雑にしても使えるのかが心配です、SRAM結構食いそうですしね。 Arduino Unoでタイマー割り込みを使う方法. 右辺はpinModeと同様です。, loop関数内の3行目が、digitalWrite(13, LOW);に対応します。 setup関数は実際には書いていますが省略しています。, 一方、下の直打ちコードはというと。 代入式の左辺でポートのHIGH, LOWを決めます。 使い分けをしなくてもいいのでそちらに置き換えることをおすすめします。, これはただの注意事項ですが、Arduino M0はADCの基準電圧がデフォルトでは1.65Vになっています。 また、5ピンがRX(受信)で4ピンがTX(送信)となります。, ちなみにこれと同じような感じでSPIやI2Cも複数チャンネルにできるそうです。 小型にしたいけど、小さい記号菅がないんだよなあ やはりArduino Zeroとはちょっと違うようです。, クロック周波数はUnoの3倍の時点で速いですが、その効果をもっと実感できるようになるでしょう。 そのためライブラリが動かなかったり専用になってしまうところもあるそうで・・・ © 2020 エンため All rights reserved. これ以上増やせないのはちょっと不便なときも出てくるのではないでしょうか。 周波数は1.6MHz程度になっています。 ARM Cortex-M0+ CPUコアのArduino M0のpinMode, digitalWriteの高速化、シリアル通信(UART)の増設、タイマー割り込みについて。 こんばんは!今回はテンキーパッドというものを使ってみようと思います。 概要 キーパッドの原理を理解する。Keypad libraryを使ってテンキーパッドで入力した文字をシリアルモニタで表示する。 使 ... こんばんは! 今回はプログラムを一時停止する関数delayMicroseconds()についてです。 delayMicroseconds() delayMicroseconds()関数はパラメータとし ... こんばんは! 今回はLCD(液晶ディスプレイ)を使用する際によく使用されるLiquidCrystal_I2Cライブラリの使い方についての説明をしたいと思います。 LiquidCrystal_I2C型変 ... こんばんは! 今回はArduinoを使って壁にぶつからないロボットを作ってみました。 超音波センサで壁(障害物)までの距離を計測し、距離が近かったらバックし、左右どちらかの広い方向へ移動するように設定 ... こんばんは! 今回はsqrt関数についてです。 sqrt(x) sqrt関数は平方根の数値を計算する関数です。 [パラメータ] x:数値 [戻り値] 平方根の値(double). Arduinoでシリアル通信での割り込み処理をすることは可能ですか? GPSモジュールなどで大量の文字列データをやりとりしながら別のループ処理を行うと受信バッファからデータを取り出すのが遅れてしまい受信データが壊れてしまいます。 >kut_yamamotoさんarduinoserialinterruptexampleでネット検索する … Unoの3倍というわけにはいかないですけど、高速化はできています。, M0ではシリアル通信はSerialUSBとSerial5が使えますが、SoftwareSerialライブラリが使えません。 「℃」と「%」はIN-19Aしか知らない, バーで買ったお持ち帰りのスモークチーズが安くてうまい タイマー割り込みを使用すると、コード内で他に何が起こっているかに関係なく、非常に具体的な時間間隔でタスクを実行できます。この命令では、比較一致またはCTCモードのクリアタイマーで割り込みを設定して実行する方法を説明します。サンプルコードをお探しの場合は、手順2に進んでください。, 通常、Arduinoスケッチを書くとき、Arduinoはloop(){}関数にカプセル化されたすべてのコマンドをそれらが書かれた順序で実行しますが、イベントをloop()内でタイミングを合わせることは困難です。いくつかのコマンドは他のものより実行に時間がかかり、あるものは条件文(if、while …)に依存し、いくつかのArduinoライブラリ関数(digitalWriteやanalogReadのような)は多くのコマンドで構成されています。 Arduinoのタイマー割り込みを使用すると、loop()関数内で発生する通常のイベントシーケンスを正確な時間間隔で瞬間的に一時停止しながら、別のコマンドセットを実行できます。これらのコマンドが実行されると、Arduinoはloop()内のどこに戻ったかを再びピックアップします。, 等間隔で入力信号を測定する(一定のサンプリング周波数) 2つのイベント間の時間を計算する 特定の周波数の信号を送信する 定期的に着信シリアルデータをチェックする もっと…, 割り込みを行う方法はいくつかありますが、ここでは、最も有用で柔軟性の高いタイプ(比較一致またはCTCモードでのクリアタイマー)に焦点を当てます。さらに、このインストラクターでは、Arduino Uno(およびATMEL 328/168 … Lilypad、Duemilanove、Diecimila、Nanoなどを含む他のArduino)へのタイマーについて具体的に説明します。ここに提示された主な考えはメガとより古いボードにも同様に当てはまります、しかしセットアップは少し異なっていて、そして下のテーブルはATMEL 328/168に特定です。, Unoには、timer0、timer1、timer2という3つのタイマーがあります。各タイマーには、タイマーのクロックの各チックでインクリメントされるカウンターがあります。カウンタがコンペアマッチレジスタに格納された指定値に達すると、CTCタイマ割り込みがトリガされます。タイマ / カウンタがこの値に達すると、そのタイマ / カウンタの次の刻時で解除(0に再設定)され、その後再び比較一致値まで計数を続けます。コンペアマッチ値を選択し、タイマがカウンタをインクリメントする速度を設定することで、タイマ割り込みの頻度を制御できます。 最初に説明するパラメータは、タイマーがカウンターを増分する速度です。 Arduinoのクロックは16MHzで動作します。これはタイマーがカウンターをインクリメントできる最も速い速度です。 16MHzでは、カウンタの各ティックは1 / 16,000,000秒(〜63ns)を表します。したがって、カウンタの値が9になるまでに10 / 16,000,000秒かかり(カウンタのインデックスは0)、値に達するまでに100 / 16,000,000秒かかります。 99の 多くの場合、カウンタ速度を16MHzに設定するのは速すぎることがわかります。 Timer0とtimer2は8ビットタイマーで、最大カウンター値255を格納できます。Timer1は16ビットタイマーで、最大カウンター値65535を格納できます。カウンターが最大値に達すると、ゼロに戻ります。 (これはオーバーフローと呼ばれます)。つまり、16MHzでは、コンペアマッチレジスタを最大カウンタ値に設定しても、8ビットカウンタの場合は256 / 16,000,000秒(約16us)、割り込みの場合は65,536 / 16,000,000(約4 ms)秒ごとに割り込みが発生します。 16ビットカウンタ明らかに、これは1秒に1回だけ割り込みたい場合にはあまり役に立ちません。 代わりに、プリスケーラと呼ばれるものを使用して、タイマーカウンタの増分速度を制御できます。プリスケーラは次の式に従ってタイマーの速度を決定します。(タイマー速度(Hz))=(Arduinoクロック速度(16MHz))/プリスケーラ そのため、1プリスケーラは16MHzでカウンタをインクリメントし、8プリスケーラは2MHzでカウンタをインクリメントし、64プリスケーラは250kHzとなります。上の表に示されているように、プリスケーラは1、8、64、256、および1024に等しい場合があります(次のステップでCS12、CS11、およびCS10の意味を説明します)。 これで、次の式で割り込み頻度を計算できます。割り込み周波数(Hz)=(Arduinoのクロック速度16,000,000Hz)/(プリスケーラ*(コンペアマッチレジスタ+ 1)) コンペアマッチレジスタのインデックスが0であるため、+ 1が入ります。 上記の式を整理すると、希望の割り込み周波数を与えるコンペアマッチレジスタの値を求めることができます。コンペアマッチレジスタ= 16,000,000Hz /(プリスケーラ×希望割込み周波数) - 1 あなたがタイマー0と2を使うとき、この数は256未満でなければならず、timer1のために65536未満でなければならないことを覚えていてください あなたが毎秒割り込み(周波数1Hz)が欲しいならば: コンペアマッチレジスタ= 16,000,000 /(プリスケーラ* 1) -1 1024のプリスケーラを使用すると、あなたが得る: コンペアマッチレジスタ= 16,000,000 /(1024 * 1) -1 = 15,624 256 <15,624 <65,536なので、この割り込みにはtimer1を使用する必要があります。, //http://www.instructables.com/id/Arduino-Timer-Interrupts/ void setup()=(1 << OCIE2A); sei(); //割り込みを許可する//セットアップを終了する OCR#Aの値(コンペアマッチ値)がこれらの各タイマー設定でどのように変わるかに注目してください。最後のステップで説明したように、これは次の式に従って計算されました。 コンペアマッチレジスタ= 16,000,000Hz /(プリスケーラ×希望割込み周波数) - 1 あなたがタイマー0と2を使うとき、この数は256未満でなければならず、timer1のために65536未満でなければならないことを覚えていてください CTCモードをオンにする行では、3つのタイマー間の設定がわずかに異なることにも注意してください。 TCCR0A | =(1 << WGM01); // timer0の場合 TCCR1B | =(1 << WGM12); // timer1の場合 TCCR2A | =(1 << WGM21); // timer2の場合 これはATMEL 328/168のデータシートから直接続きます。 最後に、最後のステップでプリスケーラの設定がテーブルにどのように従っているかに注目してください(上記のタイマー0のテーブルが繰り返されます)。 TCCR2B | =(1 << CS22)。 //タイマー2の64プリスケーラにCS#2ビットを設定 TCCR1B | =(1 << CS11); //タイマ1の8プリスケーラにCS#1ビットを設定 TCCR0B | =(1 << CS02)| (1 << CS00)。 // CS#2およびCS#0ビットをタイマー0の1024プリスケーラに設定 最後のステップでは、タイマーごとに異なるプリスケールオプションがあることに注意してください。たとえば、timer2には1024プリスケーラのオプションはありません。 これらのタイマー割り込み中に実行したいコマンドは、以下にカプセル化されたArduinoスケッチにあります。 ISR(TIMER0_COMPA_vect){// timer1の0を1に、timer2の2を変更 //割り込みコマンド } このコードは、setup()およびloop()関数の外側に配置する必要があります。また、特にあなたが高頻度で割り込んでいる場合は、割り込みルーチンをできるだけ短くするようにしてください。 digitalWrite()およびdigitalRead()関数を使用する代わりにATMELチップのポート/ピンを直接アドレス指定する価値があるかもしれません。あなたはそれに関するより多くの情報をここで見つけることができます。 例 - 次のスケッチは、3つのタイマー割り込みを設定して実行します。, //タイマー割り込み// by Amanda Ghassaei // 2012年6月//http://www.instructables.com/id/Arduino-Timer-Interrupts/ / * *このプログラムはフリーソフトウェアです。あなたはそれを再配布したり、Free Software Foundationによって発行されたGNU General Public Licenseの条件の下で変更することができます。ライセンスのバージョン3、またはそれ以降のバージョン*(お客様の選択による)。 * * / // timer0、timer1、timer2のタイマー設定。 // arduinoのunoまたはATMEL 328/168を持つボードの場合.. diecimila、duemilanove、lilypad、nano、mini … //このコードは3つすべてのarduinoタイマー割り込みを有効にします。 // timer0は2kHzで中断する// timer1は1Hzで中断する// timer2は8kHzで中断する//記憶域変数boolean toggle0 = 0; boolean toggle1 = 0。 toggle2 = 0です。 void setup()=(1 << OCIE0A); //タイマ1割り込みを1Hzに設定TCCR1A = 0; // TCCR1Aレジスタ全体を0に設定TCCR1B = 0; // TCCR1Bと同じTCNT1 = 0; //カウンタ値を0に初期化// // 1hzインクリメント用コンペアマッチレジスタを設定OCR1A = 15624; // =(16 * 10 ^ 6)/(1 * 1024) - 1(<65536である必要があります)// CTCモードをオンにしますTCCR1B //セットアップを終了しますISR(TIMER0_COMPA_vect){// timer0割り込み2kHzトグルピン8 //(toggle0){digitalWrite(8、HIGH); //周波数2kHz / 2 = 1kHzのパルス波を生成します(全波トグルがハイ、次にトグルがローになるには2サイクルかかります)。 toggle0 = 0;その他{digitalWrite(8、LOW); toggle0 = 1; ISR(TIMER1_COMPA_vect){// timer1割り込み1Hzトグルピン13(LED)//周波数1Hz / 2 = 0.5kHzのパルス波を発生(全波トグルがハイ、トグルがローになるまで2サイクルかかります) digitalWrite(13、HIGH); toggle1 = 0; } else {digitalWrite(13、LOW); toggle1 = 1; ISR(TIMER2_COMPA_vect){// timer1割り込み8kHzピン9を// // 8kHz / 2 = 4kHzの周波数のパルス波を発生させます(全波トグルがハイ、その後トグルがローになるには2サイクルかかります)場合、(toggle2){digitalWrite(9、高い); toggle2 = 0; } else {digitalWrite(9、LOW); toggle2 = 1; void loop(){//ここで他のことをする} 上の画像は、これらのタイマー割り込みからの出力を示しています。図1は0〜5Vで1kHzで振動する方形波(timer0割り込み)を示し、図2は13番ピンに接続されたLEDが1秒間点灯し、次に1秒間消灯する(timer1割り込み)、図3はパルス波振動を示します4kHzの周波数で0と5Vの間(timer2割り込み)。, //バイクスピードメーター// Amanda Ghassaei 2012 //http://www.instructables.com/id/Arduino-Timer-Interrupts/ //http://www.instructables.com/id/Arduino-Timer-Interrupts/ / * *このプログラムはフリーソフトウェアです。あなたはそれを再配布したり、Free Software Foundationによって発行されたGNU General Public Licenseの条件の下で変更することができます。ライセンスのバージョン3、またはそれ以降のバージョン*(お客様の選択による)。 * * / //サンプル計算//タイヤ半径〜13.5インチ//円周= pi * 2 * r = 〜85インチ//最大速度35mph = 〜616インチ/秒//最大rps = 〜7.25 #define reed A0 / //読み取りスイッチに接続された//ストレージ変数float radius = 13.5; //タイヤ半径(インチ) - 自分の自転車用にこれを変更するint reedVal; long time = 0; // 1回転の間の時間(ミリ秒)float mph = 0.00;フロート円周ブールバックライト。 int maxReedCounter = 100; // 1分の回転の最小時間(ミリ秒単位)(デバウンス用)int reedCounter; void setup()=(1 << WGM12); // 8プリスケーラのCS11ビットをセットTCCR1B void checkBacklight(){バックライト= digitalRead(2); if(バックライト){Serial.write(17); //バックライトをオンにする} else {Serial.write(18); //バックライトをオフにする}} ISR(TIMER1_COMPA_vect){//リードスイッチを測定するために1kHzの周波数で割り込みreedVal = digitalRead(reed); //(reedVal){//リードスイッチが閉じている場合は(reedCounter == 0){//パルス間の最小時間が経過した場合、A0の値を取得mph =(56.8 * float(周囲)) )/ float(time); //毎時マイルの計算time = 0; //タイマーのリセットreedCounter = maxReedCounter; // reset reedCounter} else {if(reedCounter> 0){// reedCounterを負の値にしないreedCounter - =(1; // reedCounter}} else {//(r​​eedCounter> 0)の場合にリードスイッチが開いている場合{// reedCounterを負の値にしないreedCounter - = 1; // // reedCounter}}の場合(time> 2000){mph = 0; //リードスイッチからの新しいパルスがまだ残っていない場合は、mphを0に設定してください。else {time + = 1; // // increment timer}} void displayMPH(){Serial.write(12) ; // Serial.write( "Speed =")をクリアします。 Serial.write(13); //改行しますSerial.print(mph); Serial.write( "MPH"); //Serial.write ("0.00 MPH "); } void loop(){// mphを2回表示する。遅延(1000)。 checkBacklight(); }, // BUTTON TEST w / 74HC595と74HC165およびシリアル通信// Amanda Ghassaei // 2012年6月//http://www.instructables.com/id/Arduino-Timer-Interrupts/ / * *このプログラムはフリーソフトウェアです。あなたはそれを再配布したり、Free Software Foundationによって発行されたGNU General Public Licenseの条件の下で変更することができます。ライセンスのバージョン2、または*(あなたの選択による)それ以降のバージョン。 * * / //このファームウェアはmaxmspパッチ「ビートスライサ」でデータを送受信します//ピンの接続#define ledLatchPin A1 #define ledClockPin A0 #define ledDataPin A2 #define buttonLatchPin 9 #define buttonClockPin 10 #define buttonDataPin A3 / /ループ変数バイトi。バイトj;バイトk;バイトledByte。 // LED状態用ストレージ、4バイトbyte ledData = {0、0、0、0}; //ボタン用ストレージ、4バイトbyte buttonCurrent = {0,0,0,0}; byte buttonLast = {0,0,0,0}; byte buttonEvent = {0,0,0,0}; byte buttonState = {0,0,0,0}; //ボタンデバウンスカウンタ - 16バイトbyte buttonDebounceCounter 4 4; void setup()=(1 << WGM21); // 8プリスケーラのCS21ビットを設定TCCR2B // buttonCheck - 指定されたボタンの状態をチェックします。 //このボタンチェック関数は、brian crabtreeとjoe lakeによってmonome 40hファームウェアから主にコピーされています。void buttonCheck(byte row、byte index){if(((buttonCurrent row ^ buttonLast row)&(1 << index) )&& //現在の物理ボタンの状態が((buttonCurrent row ^ buttonState row)&(1 << index)))){//最後の物理ボタンの状態および(buttonCurrentの場合は現在のデバウンスされた状態) row&(1 << index))//現在の物理ボタンの状態が押された場合buttonEvent row = 1 << index; // buttonイベントをすぐにキューに入れるbuttonState row else {buttonDebounceCounter row index = 12; //それ以外の場合は、ボタンは以前に押されていて//現在リリースされているので、デバウンスカウンタを設定します。 else if((((buttonCurrent row ^ buttonLast row)&(1 << index))== 0 && //現在の物理ボタンの状態が(buttonCurrent row ^ buttonState rowと同じ場合) )&(1 << index)){//最後の物理的なボタンの状態ですが、現在の物理的な//ボタンの状態は現在のデバウンスとは異なります//状態… if(buttonDebounceCounter row index> 0 && - -buttonDebounceCounter row index == 0){//デバウンスカウンタが// 0にデクリメントされた場合(//ボタンは// //ボタンの最大表示時間まで// // //繰り返し回数/// buttonEvent row = 1 << index; //(buttonCurrent row&(1 << index))//ボタンの状態変更イベントをキューに入れ、//ボタンのデバウンス状態を切り替えますbuttonState row else {buttonState row& =〜(1 << index);}}}} void shift(){(i = 0; i <4; i ++){buttonLast i = buttonCurrent i; byte dataToSend =(1 <<(i) +4))|(15&〜ledData i); //ビットの送信中にLEDが変化しないようにラッチピンをローに設定するdigitalWrite(ledLatchPin、LOW); // sh dataToSendのビット数shiftOut(ledDataPin、ledClockPin、LSBFIRST、dataToSend)を取り出します。 // LEDが新しいデータを受け取るようにラッチピンをハイに設定するdigitalWrite(ledLatchPin、HIGH); // 1行がハイに設定されたら、ボタンからデータを受信します//ラッチピンをハイに設定しますdigitalWrite(buttonLatchPin、HIGH); //データをシフトインbuttonCurrent i = shiftIn(buttonDataPin、buttonClockPin、LSBFIRST)>> 3; //ラッチピンが低いdigitalWrite(buttonLatchPin、LOW); (k = 0; k <4; k ++){buttonCheck(i、k); if(buttonEvent i <> 1)&3;バイトledx =(ledバイト>> 3)&3; if(ledstate)ledData ledy else {ledData ledy&=〜(8 >> ledx); (Serial.available()> 8);}}} //シリアルが利用可能な場合は終了します。 void loop(){shift(); //ボタンを更新してボタンからデータを受け取る} 下記のMaxMSPパッチをダウンロードしてください(Max Runtimeでも動作します)。, // 63Hz正弦波// by Amanda Ghassaei 2012 //http://www.instructables.com/id/Arduino-Timer-Interrupts/ / * *このプログラムはフリーソフトウェアです。あなたはそれを再配布したり、Free Software Foundationによって発行されたGNU General Public Licenseの条件の下で変更することができます。ライセンスのバージョン3、またはそれ以降のバージョン*(お客様の選択による)。 * * / // 63Hzの正弦波をarduinoのPORTD DACに送信します。float t = 0; void setup()=(1 << OCIE2A); sei(); //割り込みを許可するISR(TIMER2_COMPA_vect){//インクリメントt t + = 1; if(t == 628){// 40kHz / 628 =〜63Hz t = 0; void loop(){//周波数〜63Hzの正弦波// 0から255までの正弦波の値をPORTDに送信するPORTD = byte(127 + 127 * sin(t / 100)); } 私は40kHzの周波数で変数tを増加させるタイマー割り込みを設定しました。 tが627に達すると、ゼロにリセットされます(これは40,000 / 628 = 63Hzの周波数で発生します)。一方、メインループでArduinoは0(2進数で00000000)から255(2進数で11111111)までの値をデジタルピン0から7(PORTD)に送信します。次の式でこの値を計算します。PORTD =バイト(127 + 127 * sin(t / 100))。 したがって、tが0から627まで増加するにつれて、サイン関数は1つの完全なサイクルを通過します。 PORTDに送信される値は、周波数63Hz、振幅127の正弦波で、127を中心に発振します。これが8ビット抵抗ラダーDACを介して送信されると、振幅2.5V、周波数63Hzの約2.5Vの発振信号を出力します。 正弦波の周波数は、(t / 100)項に2を掛けることによって2倍にすることができ、4を掛けることによって4倍にすることができます。 また、プリスケーラまたはOCR2Aを下げてタイマ割り込みの頻度を上げすぎると、正弦波が正しく出力されません。これは、sin()関数が計算コストが高く、高い割り込み頻度では実行するのに十分な時間がないためです。割り込みルーチン中に計算を実行する代わりに、高頻度割り込みを使用している場合は、値を配列に格納し、これらの値をある種のインデックスを使用して呼び出すことを検討してください。私のarduinoの波形ジェネレータではその一例を見つけることができます。20,000のsinの値を配列に格納することによって、100kHzのサンプリング周波数で正弦波を出力することができました。, 最後に注意すべきことは、特定のタイマー設定は実際にはArduinoライブラリ関数のいくつかを無効にすることです。 timer0は関数millis()およびdelay()によって使用されます。timer0を手動で設定した場合、これらの関数は正しく機能しません。 さらに、3つのタイマーすべてが関数analogWrite()を引き継いでいます。手動でタイマーを設定すると、analogWrite()が機能しなくなります。 あなたが中断したくないコードの部分があるなら、グローバルに割り込みを無効にし有効にするためにcli()とsei()を使うことを検討してください。 これについてはArduinoのWebサイトで確認できます。.