国土交通省から、突入防止装置の型式取得をしている製品です。, 私たちが製造、販売している製品の詳細をPDFデータにまとめました。 資料データを閲覧、またはダウンロードできます。 自動式の場合はキャビン内で簡単に操作ができ、手動の場合は後ろに行きロックを解除し、バンパーを手で押し込みます。, 上下に可動するだけで、走行時には安全性、作業時には操作性、と必要な性能を引き出すよう製造しております。 運送業者のニーズに応えて開発し、陸運支局からも許認可済みの製品となっております。 COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. 物流や輸送の際に使用される、アームロール・フックロール・マルチリフトなどの主要架装メーカーの脱着装置付コンテナ専用車にも対応可能に仕上げており、強度や安全性を強く保証しております。勿論、小型トラックにも取り付け可能です。 バンパーの動作を簡単にできることを可能にしており、上下式に動くバンパーの場合は、標準位置より200mm~300mmほど上下前後に動かすことができます。 2.排気管はその端部に丸みをつけてあり、かつ、25mm以上の曲率半径を有するものにあたっては、フロアラインを含む鉛直面から10mmを突き出してもいい。 どんな作業大型車にも、カスタマイズが可能となっており、汎用性が高いです。 「2t車で10万円程度」「4t車で13万円程度」「10t車で21万円~23万円程度」, 一般的に10年以上が経過すると車検費用が高くなり15年以上が経過するとさらに高くなると言われています。, 交換時期に至らなくともエンジンオイルの交換を怠っているとテンショナーの調整が限界になりチェーンが伸びてしまいます。, ・各種オイル点検補充 ・サイドストリップ点検調整 ・スピードメーター検査 ・ベルト類調整, ・冷却系統点検補充 ・ライト調整 ・バッテリー液量点検 ・排気ガス点検 ・グリスアップ 等. さらに、最悪の場合にはエンジンを正常に冷却できずエンジンが焼き付く可能性もあります。, ファンベルトに伸びや切れが発生している場合は交換の必要があり、工費も合わせて1万円程度が必要になります。, 車検時にスリップサインが露出しているタイヤは交換の必要があるのですが、トラックの場合は1台につき6~12本のタイヤを必要しており、1本3~4万円程度が相場ですので、全てのタイヤ交換の必要がある場合は工費を合わせて20万円~50万円程度が必要になってしまいます。 ALL RIGHTS RESERVED. となっています。 よって、人や環境を大事にした製品設計を心掛けております。, 装置型式指定E43及びその他(JABIA対応)の可動式リアバンパーを取り扱っております。 バンパーを丸型パイプの形状にすることで、従来の角型バンパーの鋭利な側面での接触事故による怪我を未然に防ぐことが可能となっております。 ぜひご利用ください! 安全性と操作性の両方を兼ね備えており、丸型の直角部分がない特性を駆使してリアバンパーを土砂等の汚れから守り、潜り込み事故によるリスクを最小限に抑えることができます。, ∩型は、主にアルミで作られているものに使用しております。 一般的に2tトラックの最大積載量は2.0トン~2.9トンです。 2tトラックでは車両総重量が少ない分、中型車や大型車と比べると架台の種類などにより積載可能な容量に大きく影響を与えてしまいます。 いわゆる改造車においてはバンパーやマフラーの変更・改造がみられることがあります。しかし、大きくはみ出すと突起物とみなされたり、車の全長が変わってしまうため車検で不合格となる恐れがあります。マフラーは排気管としての役割や騒音の防止など求められる機能が保安基準の中でも明記されていますが、今回は外装という点に着目しながら車検に通るバンパー・マフラーについて紹介します。, まず、バンパーとは車の前後に取り付けられ、衝撃や振動を和らげる緩衝装置としての役割があります。正面から見ると車の口のような部分です。, マフラーは正式には排気管といって、エンジン内で燃焼した気体を排気するために必要不可欠な装置です。一般的に車の後部下についています。改造車においてはマフラーの形状を変え、長さを長くしたり、音が鳴るようにしたりするケースもみられましたが、近年は規制が厳しくなっています。, バンパーやマフラーも含め、外装については道路運送車両法の細目公示、「外装の技術基準」の中に記述がありますが具体的な長さについては明記されません。車長は車検証に記されている長さでないといけないということがポイントになってきます。つまり、バンパーなどの自動車部品を装着した際には元の車長から±3cmの範囲であれば大丈夫です。バンパーやマフラーの車検に通る長さとは元の車長からの変化が±3cmの範囲ということになります。マフラーなどの自動車部品は「保安基準適合品」や「車検対応品」という表示で販売されているものもありますが、長さについては車長とトータルして考える必要があります。また、先が尖っているものは「突起物」とみなされるため車検には通りません。 車長に関する規定以前にマフラーに関しては上記の規定があるので注意しましょう。, 前述のとおりマフラー・バンパーともに部品変更にあたっては±3cmの範囲でないといけません。しかし、構造変更申請をして保安基準を満たすことが認定されればその限りではありません。つまり、保安基準を満たしていれば車長は変えられるのです。車にはあらかじめ指定部品が決められています。指定部品とは、保安基準をクリアしていれば交換OKな部品のことです。この中にマフラーやエアロパーツについても含まれています。部品一つ一つが保安基準をクリアしていればOKという話になりますが、常識の範囲内であることは変わりありません。数メートルの長さのマフラーやバンパーなどは技術的に困難という話もありますが、道路交通上危険を伴うので車検に通りません。バンパーやマフラーの長さについて、明確な取り決めはありませんが「常識の範囲内」という曖昧な位置づけである以上、これだったら車検に絶対通る!というものでもありません。判断が難しい場合は、車検を行う管轄機関に問い合わせて確認をすることをお勧めします。, | 会社概要 | 利用規約 | 個人情報保護方針 | 個人情報の取扱いについて | 広告掲載について | ビジネス | 質問はコチラ | ヘルプ | サイトマップ|. トラックの状態やお客様のご用途・ご要望に合わせた最適なパーツをご提供可能です。 トラック架装|中川自販|神奈川県藤沢市のトラック専門店 中川自販では、架装用の各パーツを鉄板(亜鉛めっき鋼板)からワンオフ加工! 頑丈で強く、自在に加工できる特性を駆使してお客様の要望に沿ったリアバンパーをおつくりすることができます。, ステンレスは、溶接と相性が良いので、高いクオリティで提供することができます。 トラックの車検は初登録時で2年、その後1年おき、8t以上のトラックは新車の時から1年おきに車検を受ける必要がありますが、車検の際に通常の検査や消耗品の交換とは別に部品交換が必要になることがあります。 〒700-0962 背の高いトラックと、普通の乗用車がぶつかった場合、乗用車がトラックの下に潜り込んでしまう危険な事故が起きてしまいます。 info@okayo.net, リアバンパーは車両突入防止装置とも言います。 1.マフラーはその上方のフロアラインを含む鉛直面から10mmを超えて突出してはならない。 安全性を保つと同時に、動作時に土砂等がたまりにくく作業をスムーズに進めることができるなど、操作性にも優れています。, 私たちは、事故が発生した場合にいかにして被害を抑えるかを常に考えながら製造しております。 Copyright 2017 岡山熔接所 All Rights Reserved. 自動式の場合はキャビン内で簡単に操作ができますので、使いやすさを追求しております。, 産業機械に使われている素材の大部分は鉄と言われております。 動きや素材、形状など、車両に合わせたリアバンパーをご用意しております。 運送業者のニーズに応えて開発し、陸運支局からも許認可済みの製品となっております。 車検等にも対応していますので、お気軽にご相談ください。 また、道路運送車両法の保安基準を満たしており、車検にも対応しております。, 動きや素材、形状など、車両に合わせたリアバンパーをご用意しております。 全てのタイヤ交換が必要な場合は高額な車検費用を覚悟しないといけません。, トラックのブレーキにはドラムブレーキとディスクブレーキがあり、それぞれパッドの特徴に違いがありますが、基本的にパッドの残りが3分の1程度(3mm~4mm)になっている場合は交換する必要があり、ブレーキパッドの交換費用は2万円~4万円前後です。, バッテリーの寿命は長くても5年程度と言われています。バッテリーの劣化が進むと正常に充電しなかったり液漏れを起こしたりしますが、最悪の場合はスパークによる爆発を発生させてしまいますので非常に危険です。バッテリーが古くなっていれば交換の必要があります。, また、トラックのバッテリーは2個繋がっているものが一般的で、普通乗用車の約3倍から4倍と高額の費用が設定されていますので、2tトラックのバッテリーを2個交換した場合は最低でも5万円以上の交換費用が必要になります。, 上記で紹介したもの以外にも部品交換が必要となるケースもありますが、これらの部品交換は経年劣化やメンテナンス不足により全てが重なることも少なくありません。, その場合は中古トラックを購入できるほどの高額になることも少なくありませんが、車検にそんな高額な費用を支払うのは正直言ってもったいないと思いませんか?