Copyright © Idemitsu Kosan Co.,Ltd. © NEXTAGE Co., Ltd. 2020. 軽自動車保有者です。昨年、簡単に点検だけして、陸運局にてユーザー車検で通しました。1年経過して、点検に出した方がよいかと思いますが、24ヶ月点検の内容と12ヶ月点検は費用と内容どの程度違うものでしょうか?まず費用ですが、 自分の車にカーナビを設置することが1つのステータスになっています。 (さらに…)…, ドライブレコーダーを使用している人は、それほど多くはないかもしれません。 (さらに…)…, まず軽自動車の大きさは最大限が決まっていて普通自動車のようにどこまでもサイズを大きくすることは出来ま…, 査定はもちろん無料!査定すると必ず売らなければいけないというわけではありませんので安心して査定依頼を出せます。. ホイールや車体の傷・へこみなどは目視で確認することもできますが、エンジンオイル漏れなど、車の心臓部にあたる小さな部分は専門知識がないとわかりません。, こうした目に見えないところを点検し、場合によって修理や整備をおこなうのが法定12ヶ月点検の目的です。, 法定12ヶ月点検は、車を購入したディーラーまたはカー用品店などで受けることができます。, 新車を購入して1年後でおこなうのが法定12ヶ月点検ですが、その後さらに2年経過(ナンバー登録から数えて36ヶ月)したときに受けるのが法定24ヶ月点検です。, ちょうど車検と同じ時期になってしまうこともあるため、混同される方も少なくありません。, 車検は陸運局や工場で点検と整備をおこない、車が安全なことを証明するための検査です。, 一方の法定24ヶ月点検は、車検を受けるために必要な事前チェックと言うことができます。, 車検を受けるための点検を位置づけられているため、法定12ヶ月点検と比較して倍以上の点検項目があります。, ディーラーによっては独自点検が実施され、さらに点検項目が増えていることもあります。, 法定24ヶ月点検ではマフラーなど排気関係、エンジン、室内点検、タイヤ・ブレーキ点検と非常に幅広い項目をチェックします。, とても大切な項目ばかりですので、法定24ヶ月点検で不具合があった場合、すみやかにパーツの交換および修理をおこなうことが大切です。, ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、アップル、ビッグモーターなどの大手を含む 75社以上の車買取業者から厳選8社に一括で査定依頼ができます。出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!査定はもちろん無料!査定すると必ず売らなければいけないというわけではありませんので安心して査定依頼を出せます。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright ©  わかる!車の買取査定 All rights reserved. 乗用車の12か月点検と24カ月点検の違い良く分かりません。点検項目の違いは、分かりますが 12ヶ月点検と24ヶ月点検の内容は同じです。車検と一緒に24ヶ月点検をすることが多いので混同されがちなのですが2年間整備しないで陸運局で車検だけ受けたってかまいません。いわゆるユーザ車検です。 法定12ヶ月点検の内容には、特殊な工具を使うこともなく、個人でも点検可能な項目が多く含まれています。しかし、法定24ヶ月点検は特定の工具が必要な項目が少なくありません。また専門知識やリフトアップに必要な設備も必要です。 車検と法定点検の点検項目の違い. その後24ヶ月点検を受ける(もしくは自分で行う) というようなことでも問題はありません。 一般的にはこの2つの意味や目的がよくわからないという人が多いようで、法律的な側面も含めて詳しく説明をしたいと思います。 車検と24ヶ月点検の違い All Rights Reserved. 例えばあなたは法定12ヶ月点検を毎回していますか?していないですよね(笑)。法定12ヶ月点検を毎年やっているなんていう人は珍しいです。それでも誰も罰せられていません。ですから法定24ヶ月点検も別にやらなくても罰せられることはありません。 自家用乗用車の場合、法定点検(12ヶ月点検)は26項目が定めてられています。車検(24ヶ月点検)は、12ヶ月点検項目を含む56項目となります。 法定点検 (12ヶ月点検… 法定24ヶ月点検は12ヶ月点検とほぼ同じです。 新車を購入したディーラーや、全国にあるカー用品店で受けることができます。 車検を受けるための点検を位置づけられているため、法定12ヶ月点検と比較して倍以上の点検項目があります。 カーリース、マイカーローン、, “らく楽リース”オートフラットをもっと知る, 法定点検(定期点検)について~車検との違い~, “らく楽リース”オートフラットをもっと知るTOPに戻る, ウェブサイトのご利用にあたって. 0800-500-9010 ったらフルメンテプラン!手厚いサポートで故障修理も対応します。車検などの点検やタイヤ・バッテリーといった消耗部品の交換まですべてコミコミで安心!, 重要なメンテナンス項目に絞ってリース料金に含めたプランです。手頃にリースを始めたい方には、マイメンテプランがおすすめ!, 月々のリース料金をできるだけ抑えたい方には、メンテなしプランがおすすめ!, おクルマはオートフラット All Rights Reserved. 受付時間10:00~18:00(年中無休). 自動車を所有している場合、定期的に点検を行う必要があります。自家用車の場合、12ヵ月または24ヵ月ごとに安全に関わる項目の点検を行うことが法律で義務付けられているのが「法定点検」です。, 法定点検の項目にはどのようなものが含まれ、どのようなことに注意しなければならないのでしょうか。また、車検との違いがあるのか気になる方もいるかもしれません。ここでは、これらの疑問点について詳しく解説します。, ・法定点検を定期的に行うことで、安全性と信頼性を保つことができ、売却時には査定額が高くなることも期待できる!, 法定点検は車の種類ごとに周期が異なります。短いもので3か月、長いもので24か月の周期で行う必要があるでしょう。しかし、自分の所有している車がどのような周期で法定点検を行えばよいかわからない人もいるかもしれません。ここでは法定点検の種類と対象の車種について解説します。, 法定12か月点検では、ブレーキやクラッチ、エンジンルーム、下回りや足回りを中心に点検を行います。これらは24か月点検でも調べますが、12か月点検のほうが検査する項目が少ないことが特徴です。, 点検対象となる車は自家用車、トラック、バス、タクシー、レンタカーが対象です。車種によって具体的な点検項目が変わります。点検項目は自家用車の場合は26項目ほどしかありませんが、事業用の車は点検項目が80項目以上あります。, 法定24か月点検は自家用車で必要となる点検です。12か月点検と比べると、点検項目がより細かくなっています。24か月点検では56項目が検査の対象となります。車検と重なっているため、同じタイミングで行われることが一般的で、24か月点検そのものが行われなかった場合でも罰則はありません。, 法定3か月点検はバスやトラックなど事業で車を使う場合に課せられる点検です。これらの車は使用頻度が高く、長距離を走ることも多いため、高い頻度での点検が求められます。具体的にはトラックやバス、事業用のトラック、自家用の大型トラック、乗用車以外のレンタカー、被牽引自動車が対象です。, 12か月点検や24か月点検と異なるのは、実施しなかった場合に罰則があることです。この場合は30万円以下の罰金が課せられます。, 法定6ヶ月点検は自家用の小型トラックと中型トラック、乗用車のレンタカーで義務づけられている点検です。法定3か月点検の対象となっている車と比べると、走行距離が少ない傾向にあるため、点検のサイクルも数が少なくなっています。, 事業用の車の場合は特に乗用車と比較すると走行距離が長くなる傾向にあり、点検不備により事故が起きてしまえば、重大なトラブルになることもあります。点検項目としては22項目あり、乗用車の場合、6か月点検は義務づけられてはいないため、検査を行う場合は任意となります。, 法定12か月点検は法律で義務づけられているものです。しかし、行わなかった場合でも罰則があるわけではありません。12か月点検を行わなくても、24か月点検まで何も起こらないこともあるでしょう。, しかし、12か月点検を行うことで、24か月点検しか行っていない場合と比べると、車が劣化することを抑えられるため、車を長持ちさせやすくなります。点検を受けていない場合は、タイヤの劣化やバッテリーの状態に気がつきにくくなり、パンクやバッテリー切れを起こす可能性が上がるでしょう。, 12か月点検を行なっている車で、万が一整備不良が原因の事故を起こしてしまった場合でも、責任を追求されにくくなる場合もあります。こまめに点検を行い状態もよくなっていれば、中古車として売却する場合に、高価買取もしやすくなるかもしれません。, 法定点検整備では、快適性や安全性の面を総合的にチェックしましょう。項目は多岐に渡りすみずみまで点検するため、安心して運転ができます。, 車検は基本的に2年ごとですが、定期的なメンテナンスで安心したカーライフを送るためにも12ヶ月ごとの法定点検をしっかりと実施しましょう。ここでは12ヵ月法定点検の代表的な項目について解説します。, 走行装置で確認する箇所は、主にタイヤやタイヤホイールといった車の走行に関する部分です。タイヤの場合、すり減って走行に支障がないか、ホイールナットやホイールボルトのゆるみはないか、などを点検します。, ホイールナットが緩んでいると、タイヤがはずれトラブルが起こる可能性があります。大変危険な事故につながりますので、そういったトラブルを回避するための点検です。, かじとり装置とは、ハンドルやステアリングなど進行方向を操作する装置や、ギアボックス、パワーステアリングなどを指します。操作に支障が出ると、運転時に事故を起こす可能性が高くなる箇所です。, ベルトの緩みや損傷がないかのチェックをします。ベルトが破損すると、突然の走行不能や、操作不能になるため点検が必要です。, 制動装置とは、ブレーキ関係が中心です。きちんと停止できるのか、ブレーキ関連の部品に損傷がないのか点検を行います。, ブレーキペダルの遊びや踏み込み時の床との隙間、ホースやパイプの漏れ・損傷、ブレーキディスクやブレーキパッドの摩耗やディスクとパッドの隙間などをチェックします。制動装置は点検項目が多く、特に重視されている場所ともいえるでしょう。, 動力伝達装置とは、エンジンのパワーを車輪などの駆動部分に伝える場所を指します。主に、クラッチやトランスミッション、プロペラシャフト部分が対象です。, クラッチペダルの遊び点検や、切れたときの床板との隙間チェック、動力伝達装置の油漏れや緩みなどの点検を行います。伝達装置部分がうまく働かないと走行ができない可能性もありますので、安全面を重視した点検といえるでしょう。, 電気装置は、点火装置やバッテリー、電気配線などの部分です。主な点検内容は、点火装置のプラグ点検、点火時期のチェック、ディストリビューターキャップの状態やバッテリーの接続状態やバッテリー自体の劣化チェック、電気配線の接続部緩みや損傷のチェックを行います。バッテリーは定期的な交換が必要です。普段の自己点検でも注意しておきましょう。, 原動機とはエンジンを含む動力源を指します。排気やエレメントの状態や潤滑装置の油漏れ、冷却装置を動かすファンベルトの緩みや損傷、水漏れの有無をチェックしましょう。, 原動機の冷却部分が壊れると、オーバーヒート現象により走行ができません。法定点検の時だけではなく、自己点検での冷却水のチェックも大切です。, エグゾーストパイプとは、エンジンから出る排気ガスをマフラーに送る排気管のことです。排気効率の調整といった役割を担っています。マフラーは排気ガスを車外に出すところです。, どちらも排気に関する設備です。取り付けの緩みや損傷状況を点検しましょう。効率的な排気を行い続けるための点検項目といえます。, 2年ごとに行う24ヵ月点検は、2回目以降の車検と同時に行うユーザーが多いでしょう。車検の時期に一緒に受けると、一度に両方済ませることができ効率的なためです。, 24ヵ月点検の検査項目は、法定12ヶ月点検整備と大きく変わるわけではありません。しかし、いくつかの追加項目があるため、確認していきましょう。, 法定12ヶ月点検とほぼ同じ検査内容です。タイヤの状態が、すり減って走行に支障がないのかといった点や、ホイールナットやホイールボルトのゆるみがないかをチェックすることに加え、法定24ヶ月点検では、ホイールのフロントホイールやリアホイールベアリングのがたつきもあわせて点検します。, 法定12ヶ月点検と変わりありません。ブレーキペダルの遊びや、踏み込み時の床との隙間、ホースやパイプの漏れ・損傷、ブレーキディスクやブレーキパッドの摩耗やディスクとパッドの隙間などをチェックします。, かじとり装置は、法定12ヶ月点検に点検内容に追加して、ハンドルの操作性やギアボックスの取り付け緩み、ロッド・アーム類の緩みやがたつきチェック、損傷などを点検します。他の装置と比べると追加項目が多くなります。, 緩衝装置とは、車の走行中におこる機械的な衝撃を緩和する装置を指します。サスペンションやショック・アブソーバなどが点検場所です。サスペンションの緩みやがたつきや油漏れを点検します。緩衝装置は法定24ヶ月点検だけの点検項目です。, 動力伝達装置については、法定12ヶ月点検の点検内容に加え、シャフト関係の点検を行います。シャフト関係の亀裂や損傷は駆動に大きな影響を与えかねません。シャフト関係のチェックを追加することで、動力伝達系統の安全性がより確保されます。, 電気装置も法定12ヶ月点検と同じで、追加の点検はありません。バッテリーの劣化により、突然車が止まるケースもあります。電気自動車などを所有しているのであれば、特に点検が必要な項目です。, 原動機は、排気の状態、エア・クリーナ・エレメントの状態をチェックします。潤滑装置が油漏れしていないか、冷却装置を動かすファンベルトの緩みや損傷、水漏れがないかといった点検に追加して、燃料装置の燃料漏れ点検が必要です。, 車から出る排気ガスは悪臭や有害なガスが含まれるため、ガスの発散を防止する装置が備わっています。そのための装置であるブローバイ・ガス還元装置やメターリング・バルブの状態チェックを行いしょう。法定24ヶ月点検のみ検査が必要な装置です。, エグゾーストパイプ・マフラーは排気関係の装置です。法定12ヶ月点検では、取り付けの緩みや損傷状況のチェックを行います。, 排気関係が効率的にできているかの点検ですが、24ヵ月点検では追加でマフラー機能を点検します。正しく車外に排気ガスが廃棄されているのかをチェックします。, 24ヵ月点検では、車体全体の点検が新たに追加されます。フレームやボディーにゆるみや損傷がないのかといったチェックを行います。目視による全体的な点検です。, 車体点検は法定点検だけではなく日常的にチェックすることが必要なため、法定点検だけに頼らない姿勢を持ちましょう。, 長期間安心して乗るために、定期的に行う定期的なメンテナンスは非常に大切です。また、将来売却する際にも有利に動きます。, 点検を実施する際は、どのような点に気を付けるとよいのでしょうか。いくつかの注意点をしっかりと理解することで、効果的な点検が期待できます。ここでは、法定点検を行う際の注意点を見ていきましょう。, メンテナンスが十分にできているのか、修理の必要な場所がないのかを確認するのが法定点検です。法定点検には罰則規定がなく、仮に不備が見つかったとしても車が道路を走れないということはありません。, 一方、車検は車自体が保安基準に対して違反箇所がないのかといった検査です。検査に通らなければ、車は道路を走ることはできません。, そもそも、「点検」と「検査」ですので性質自体が異なります。車検が通ったから安全性が高いというわけではなく、最低限走れる状況をクリアしただけと考えましょう。, 法定点検整備を個人で行うことは可能なのでしょうか。結論からいえば、「できる部分とできない部分がある」というのが答えです。, 法定12ヶ月点検の内容には、特殊な工具を使うこともなく、個人でも点検可能な項目が多く含まれています。しかし、法定24ヶ月点検は特定の工具が必要な項目が少なくありません。また専門知識やリフトアップに必要な設備も必要です。, そのため、専門業者に依頼する必要があります。車検と同時期になりますので、一緒に専門業者に任せる方がよいでしょう。, 法定点検は、いつまでに行えばいいのでしょうか。車検は期限が設定されていますが、点検には期限がありません。所有者が、希望する日にちで点検すれば問題ありません。, しかし、対象となる12ヵ月、24ヵ月のおよそ1か月前後で行うことをおすすめします。あまりにも日程がずれていると、適切なメンテナンス時期とはいえないからです。, 法定24ヶ月点検に関しては、車検と一緒に行えば車検の間隔と同じになるため期限を気にすることなく点検ができます。適切な時期に点検をおこなうことで、安心安全なカーライフを送りましょう。, もし、法定点検から長期間経っても点検していなかった場合、何か罰則などがあるのでしょうか。法定点検には、基本的に罰則はありません。しかし、だからといって実施しなくてよいというわけではありません。, こまめなメンテナンスや点検は、車を長持ちさせるというメリットがあります。点検を行わずメンテナンスも怠っていると、車が突然故障するリスクが高まりますし、これによって修理費用が高額になる可能性も充分考えられるでしょう。快適性や安全性の為、法定点検はきちんと行うことをおすすめします。, 点検整備記録簿とは、その車の点検内容や修理内容を記録しておく書類です。車の維持管理に役立ちます。, 点検整備記録簿があると、過去の点検履歴や修理部分がわかりますので、最善の手が打ちやすくなるでしょう。せっかく行ったメンテナンスも、記録していなければ効果は半減します。, 点検履歴や修繕履歴は、こまめなメンテナンスを行っていると評価され、売却のときに高い査定がされるかもしれません。さまざまなメリットが期待できるため、点検整備記録簿への記録は、必ず付けるようにしましょう。, 法定点検を行った車には、丸いダイヤルステッカーを貼れます。これは、点検整備済ステッカーといい、定期的に点検を行ったことを示す証明になります。, 必ず貼らなくてはいけないものではありませんが、個人で行った場合は、シールを貼れません。貼っていないからといって違反ではありませんので、大きな問題はないでしょう。, しかし、期間が過ぎた場合は速やかに剥がす必要があります。そのままにしていた場合、違反となります。, ここまでは、法定点検の意味や疑問点などを解説しました。車検と一緒に行う場合は、車検をお願いする業者にあわせて依頼をすれば問題ありません。, それ以外の場合、どこで行うことができるのでしょうか。また、費用はどれくらいかかるのでしょうか。ここからは、法定点検を行える施設や必要な費用について解説します。, 法定点検は、ガソリンスタンド、カー用品店、整備工場、ディーラーなどで受けられます。ただしガソリンスタンドの場合、全ての店舗で点検できるわけではないので確認が必要です。カー用品店は、スムーズな点検ができるようにネット予約など事前の準備を行うとよいでしょう。, 整備工場も混み具合などによっては、点検することができなかったり、点検が後日になったりすることがあります。点検を受けたい日時が決まったら、前もって連絡しておくことが好ましいでしょう。, 車を購入したディーラーであれば、車種に詳しい整備士による点検ですので安心です。部品交換やメンテナンスといった作業も、メーカー専用の部品調達も早いので、迅速な対応が期待できます。, どの施設にもそれぞれメリットがありますが、自分がもっとも信頼できるところに依頼することがよいでしょう。, 次に法定点検費用について解説します。それぞれの車種のおおよその目安は次の通りです。, 法定点検で重点を置かれるのは、エンジンやブレーキ足まわり、動力系統といった点検や全体的な点検があります。, ここで挙げている費用はあくまでも点検費用ですので、ここからメンテナンスや修理が必要だった場合、別途メンテナンスや修繕費用がかかることもあるでしょう。, 実施しているところによっては、割引や、メンテナンス費用のサービスやオイル交換無料といったサービスを行っているところもあります。どこで法定点検を行うのが最もメリットがあるのかを考えて、場所を決定しましょう。, 法定点検とは別に車の所有者が行う必要があるのが、日常点検です。日常点検は法律で義務づけられてはいますが、具体的な内容や頻度などを把握している人は多くはないのではないでしょうか。日常点検を適切に行うことで、車を長持ちさせ、事故の防止にもつながります。, 日常点検とは、法定点検をのぞき、車の所有者が日常的に行う点検です。日常点検は法律で定められています。こまめに点検をしておくことで、自動車の異常に気が付きやすくなるでしょう。, 具体的にどのくらいの頻度で行うのかなどは規定がありませんが、必要に応じて行うことが義務づけられています。ライトなど安全に関わる一部の点検項目を除き、行なっていないことでの罰則は特にありません。, 日常点検ではどのような点検を行えばよいか、わからない人もいるでしょう。日常点検は特別な道具が必要というわけではありません。車の所有者でも簡単に点検できます。具体的には以下15項目があります。, これらの点検はエンジンルームを覗かなければわからないものもありますが、普段意識的に確認できることも多いでしょう。, 法定整備をどこに依頼すればよいか迷っている場合はネクステージにお任せください。ネクステージでは、専門のメカニックスタッフが法定点検を行なっています。, 車の主要機関から消耗品まで丁寧に点検し、点検整備記録簿も作成しています。販売している中古車も全て点検を実施した上で販売しておりますので、安心してご購入いただけます。, 車の法定点検は車の種類別に適切な周期で行うことが大切です。法定点検を行なっていなくても、罰則を受けない場合もありますが、適切に法定点検を行なっていることで、大切な車を長持ちさせられるでしょう。, 車の法定点検をどこにお願いすればよいか、わからない場合はネクステージにお任せください。ネクステージでは法定点検も行っており、専門知識を持ったスタッフが質の高い点検をさせていただきます。.