Copyright © 2019 MogBase All Rights Reserved. 飴色タマネギは冷蔵と冷凍保存も可能です。冷蔵庫では3日ほど。冷凍庫では1か月ほど保存できます。作るのが少し面倒な飴色タマネギは、一度にたくさん作っておいて使う分量ごとに小分け保存しておくのがおすすめです◎, お料理がおいしくなるとは言っても飴色タマネギを作るのはちょっと大変。普通に作るとタマネギを切って炒めるだけで1時間ほどかかってしまいます。「もっと短時間で作りたい!」というときにおすすめなのがタマネギをカットして冷凍しておく方法です。 飴色玉ねぎは、ひたすら炒め続けなくてはならずに面倒、なんて思っていませんか。炒め方を工夫すれば気楽に作れ、料理の幅も広がりますよ。作り方のポイントはたったの3ステップ。飴色たまねぎで作るドレッシングとスープのレシピも合わせて紹介します。, たまねぎを1mm以下の薄切りにします(粗みじん切りでも)。ここで薄く(小さく)切っておくと、たまねぎの水分を飛ばしやすくなります。, できあがった飴色たまねぎは、密閉袋や容器にいれて保存できます。冷蔵なら3日、冷凍なら1ヶ月で使い切るようにしてください。, 40~60分ほどでたまねぎが飴色に。お鍋いっぱいにあったたまねぎは、1/5以下まで量が減っています。, 飴色たまねぎは、ハンバーグのタネ、カレーやシチュー、オニオンスープ、肉料理のソース、野菜サラダのドレッシングなどに使えます。甘みとコクがアップする洋風料理の調味料として活躍します。, 鍋にブイヨンスープを用意し、飴色たまねぎを加えて温めます。塩こしょうを加えて味を調えます。器に盛り付けて、パセリを散らしてできあがりです。, ※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。, 飴色たまねぎ(玉ねぎ)というと、ひたすら炒め続けるという印象があって、自分で作るのをためらってはいませんか。確かに時間はかかりますが、何か作業をしている片手間で気楽に作れるんです。, ハンバーグなどのタネに入れることが分かっているときは、みじん切りにした方が使い勝手がいいでしょう。. ヨメさんとも話したのですが、やっぱり「飴色の玉ねぎ炒め」は作り置きがあれば間違いなく便利だし、美味しいねと。 前回、大量に作ったものもあっというまに使い切りました。日本から買った製品も「もうとっくにないわよ」ですと。 前回、作ったのはこれ( PR, living 「作るが大変!面倒!」そんなイメージが強い飴色タマネギ。今回はそんな飴色タマネギを作るコツや裏技をご紹介していきます。飴色タマネギを使えばいつものお料理にコクと甘みがプラスされワンランク上の味わいに♪ぜひ参考にしてみてくださいね!, 「素材のよさを生かす」をモットーに野菜作りと育児に奮闘中の主婦です。こどもに毎日「おいしい!おかわり!」と言ってもらえる料理を作れるよう心がけています。, recipe 飴色玉ねぎが時短で出来ます。飴色玉ねぎは、カレー、シチュー、ハンバーグ、オニオングラタンスープなど、色々な料理に欠かせないもの。時間がない日でも大丈夫。実は、この飴色玉ねぎがたった5分で簡単にできる、とっておきの時短・裏技があるんですよ。 なぜ飴色玉ねぎって美味しく感じるのでしょう?生の玉ねぎは辛いのに、飴色は甘いというギャップでしょうか。飴色玉ねぎは、カレーはもちろん、牛丼などの肉料理やスープにも使われます。単体で目立つことはないけれど、美味しい料理の名脇役的存在ですね。 じっくり炒めた「飴色玉ねぎ」は甘くて香ばしく、カレーやハンバーグを美味しく仕上げる名脇役!じっくり炒める【基本】から短時間で仕上げる【時短テクニック】まで写真たっぷりで徹底的に紹介。焦げとは違う「飴色」に仕上げるにはどうすればいいのか、なぜ カレーやビーフシチューなどのレシピに「飴色玉ねぎを・・・」といった記載がありますよね。玉ねぎを飴色に炒めるには鍋につきっきりで炒め続けて数十分、量が多ければ1時間近くかかることも。短時間で簡単に作る方法はあるのでしょうか? 一度冷凍することでタマネギ内の細胞が壊れるため火が早く通り色が付きやすくなります。冷凍時間は少なくても半日以上は確保!朝に冷凍しておけば夕方のお料理で使うことができるのもうれしいポイントですね。フードプロセッサーを使えば時間のないときでもササッとみじん切りにすることができますよ◎, 「半日以上も待ってられないわ!」という方でも大丈夫!飴色タマネギは電子レンジを使ってチンするだけでも簡単に作ることができます。作り方はとっても簡単。みじん切り、またはスライスしたタマネギを透明になるまでチンすることで炒める時間が短縮されるんです。 玉ねぎを料理する過程で「飴色になるまで」と聞いたことはありませんか?色が変わるまでよく炒めることを指しますが、飴色玉ねぎにするにはどの程度炒めれば良いのでしょうか? 私も普段料理で玉ねぎを炒めることがあるのですが、飴色になるまで意外と時間がかかるなぁと感じていました。 火加減が難しいハンバーグも煮込むことで生焼けを防止できます。飴色タマネギはみじんぎりにして電子レンジでチン!裏技を使って手早く飴色タマネギを作りましょう。見た目も鮮やかなトマトハンバーグは特別な日のディナーにぴったりです◎. その味わいはタマネギの甘みが凝縮されしっとり!炒め続けることでカラメル化されているので香ばしい風味が口いっぱいに広がるんです♪そんな飴色タマネギは特別な日のお料理にぴったり!ハンバーグやカレーに入れるとコクが出ておうちでもプロのような味わいを出すことができますよ。 4 あめ色玉ねぎ ... この方法を使えば、 10分ほどで飴色玉ねぎ が出来る と言われています。そこで、私も実験してみました! ①冷凍玉ねぎを炒め始め、2分. 炒めるときは大きめのフライパンを使うとより早く飴色タマネギを作ることができますよ。タマネギを3個以上使うときは必須です!また油も少し多めにいれることで焦げ付きを防ぐことができます。焦げてしまっては甘みだけでなく苦味も出てしまうので注意が必要です。, 飴色に炒めたタマネギにコンソメスープとバケットを入れてオーブンで焼き上げたオニオングラタンスープです。タマネギのやさしい甘みがコンソメスープにしっとりとなじみホッとするような味わい♪タマネギを炒めるときに塩・胡椒を入れるとタマネギから水分が出やすくなるので短時間で飴色に仕上がります。とろりとしたチーズとスープの相性がたまらない秋・冬にぴったりのスープです。, じゅわっとあふれる肉汁がおいしいハンバーグとほどよい酸味と甘みがおいしいトマトソースを合わせた煮込みハンバーグです。ふっくらとジューシーなハンバーグも飴色タマネギを使えば簡単にお店のような仕上がりになりますよ。 じっくり炒めた「飴色玉ねぎ」は甘くて香ばしく、カレーやハンバーグを美味しく仕上げる名脇役!じっくり炒める【基本】から短時間で仕上げる【時短テクニック】まで写真たっぷりで徹底的に紹介。, 焦げとは違う「飴色」に仕上げるにはどうすればいいのか、なぜ飴色になるのかを丁寧に紹介していきます!, 甘〜く香ばしい香りが料理を本格的にしてくれる「飴色玉ねぎ」。そんな飴色玉ねぎですが、なぜ飴色になるのか、焦げとの違いを知らない人も多いはず。, そんな疑問を解決しながら基本の作り方と短時間でサッと作れる時短テクを覚えましょう!, どうして飴色に炒めた玉ねぎが美味しくなるのか、飴色とはなんなのかを覚えておくと作るのが楽しくなります。, 生のままだと辛みのある玉ねぎですが、実は糖度が7〜8%といちごと同じぐらいの糖度があります。物によってはみかんやメロンに匹敵するほどあまーい野菜です。, そこでポイントになるのが「加熱」。加熱することで辛さ成分や水分が飛び凝縮され、本来の甘さを感じられるようになります。実は加熱しても甘みが増えるわけではないんですよ!, 飴色玉ねぎの飴色は焦げとは違います。これは玉ねぎを加熱することで糖類がメーラード反応という化学反応を起こして飴色になります。, このメーラード反応というのは、照り焼きやパンが香ばしい食欲をそそる茶色に仕上がるのと同じ効果。, 焦げは「炭化」いわゆる炭になった状態ですが、メーラード反応をした「飴色」は全体が均一に変色し香ばしさやコクを生み出します。, ※途中わかりやすいようにメーラード反応のことを「焦げ」として紹介していますが、違いを覚えおきましょう。, それでは飴色玉ねぎの作り方を紹介していきます!はじめにじっくり時間をかけて炒める 「基本」の作り方を見ていきましょう。, 玉ねぎの切り方は均等に熱を加えて水分を飛ばすために、薄切りもしくはみじん切りがベスト。, 慣れてくると多少厚くても上手に飴色に炒めることができますが、最初のうちは出来るだけ薄切りかみじん切りにして炒めていきましょう。, 玉ねぎがカットできたら炒め始めます。フライパンを中火で熱しオリーブオイルを敷いて薄切り(みじん切り)にした玉ねぎを加えます。, サッと混ぜ合わせたら弱めの中火にし、平らに広げて放置、少したったら底から混ぜ合わせて広げて放置を繰り返して炒めます。, ※慣れていない方は弱火でじっくり炒めましょう。飴色玉ねぎになるには全体が同じように色づいてきますが、部分的に茶色や焦げが出てるくるのは本来の目的とは違う焦げ。火加減や玉ねぎの様子をよくみながら炒めていきましょう。, 水分が飛んでくると底に焦げが出てくるので放置の時間を短くしながら、ヘラでこすり落としながら炒めましょう。, 焦げが落ちにくくなったら水を加えて、この焦げを玉ねぎに戻す作業をしていきます。この工程をすることで徐々に飴色に変わってきます。, ※焦げの色は写真ぐらいがベスト。これ以上黒くなるのは苦いだけの本当の焦げ(メーラード反応ではない)。, ※この頃になると放置の時間がかなり短くなってきます。黒く焦げないように注意しながら炒めましょう。, 焦げが付いたら水を加えて戻す、付いたら戻すを繰り返していくと徐々に綺麗な飴色になってきます。, 写真くらい飴色になってくると、びっくりするぐらい甘くなっているのでぜひ味見をしてみてください!, 程度良く飴色になったら最後にもう一度水を加えて焦げを落として、余分な水分を飛ばして出来上がり。, 時短テクニックでも炒め方は基本の炒め方と同じです。違うのは冷凍した玉ねぎを使うこと!それだけで基本の炒め方の1/4〜1/3程度の時間で仕上がります。, 冷凍した玉ねぎは細胞壁が壊れるので水分が飛びやすく早く炒めることができます。水分だけでなく辛味成分も飛びやすくなるので短時間で甘く旨みのある飴色に仕上げることができるんです。, 細胞が壊れているため柔らかくなるのが早いので強めの火加減で炒めることができるのも時短できるポイント!, フライパンにオリーブオイルをしき強火で熱し、玉ねぎを加えて蓋をして2〜3分加熱しましょう。, ※なるべく早く仕上がるために中火で炒めていきますが、一気に水分が飛ぶため焦げが出るタイミングが早くなります。初めて作るときや焦げ付きが怖いときは弱火で炒めていきましょう。弱火でもかなり時短で仕上がります。, そこや鍋肌に焦げが出てきたら基本の方法と同じように水を加えて、焦げを落としながら炒めていきます。, 写真ぐらいに焦げがつくまで5〜7分程度。焦げがで始めると早いので黒く焦げないように注意しましょう。, 何回か水を加えて混ぜ合わせて飴色になったら出来上がり。大体10〜15分程度で仕上がります!, 長期保存や作り置きしておきたい時は冷凍保存がおすすめです。使いやすいように小分けにラップで包み、保存袋に入れて冷凍しましょう。冷凍で1ヵ月程度保存ができます。, 冷凍した飴色玉ねぎはスープに使う時は凍ったまま。カレーやハンバーグに加える時は自然解凍するか電子レンジで解凍してからお使いください。, 飴色玉ねぎは料理を本格的にする大事な工程。基本の作り方だと時間はかかりますが、意外と簡単!飴色になる理由を知っていると意識しながら炒めることができますよ。時短テクも活用しながら料理のレベルをワンランクあげちゃいましょう!, ホテルニューオータニが「フレンチトースト」のレシピを公開!【ポイントは砂糖の使い方!?】.