(3)に該当するものとしては、事務所の電気代、家賃、文具代、事務員の通勤費等その非課税売上を得るために少しでも影響をうけるものについてはこの区分になります。 なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。 そういう風にわかりやすい基準はないのでしょうか。 それでもその数百円の受取利息のために仕入れを区分しなくてはいけません。 「所有者 ローン会社 使用者 法人名」となる自動車は、保険上では法人の所有となります。自動車保険の契約時には契約者が誰であろうと車両所有者を書き入れることになります。この車両所有者が最初の回答に書いた扱いになります。同じく被保険者も一定の範囲で無いと、等級の継承ができません。 7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社 等級が低く、かなり保険料がかさんでしまいます。 受取利息しか非課税売上がない会社については非課税売上対応仕入というものは発生しません 現在までは、個人名義のオンボロ車に個人で保険に加入しており、そちらは11等級です。 法人化にあたり、8月10日に、預金、銀行借入金は法人名義に変更したのですが、この場合、8月10日の仕訳は差額を何の科目で表示すればいいのでしょうか? 請求書は、毎月100円程度かかりますが、明細書を作ってもらいます。, 最近、自分でやっている小さなお店を法人化しました。 この辺りは、もう一度不動産屋さんとよく相談してみます。 実際に現金を動かさない方法もありますが、ボロを出さないためには、相当の手間です。 その後、「稀に役員報酬ゼロの方で申請に来られるのですが、その方にはまずは国民健康保険加入を勧めています」と言われました。 意見が割れましたね・・・。^^; 1の金額と3の金額を足したものを経費とします。 この場合、この代表者の個人名義の家賃は経費として認められますでしょうか? この先もその法人を経営し、自動車購入も法人でとお考えでしたら、この際新規契約で正しくやっておくのが最善ですね。 よろしくお願いします。, H25年の3月決算より売上高が5億円以上の会社は消費税の95%ルールを適用できなくなります。 設立間もない会社でも、払い込んだ資本金で、実際に会社に現金があると思うのですが? 4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人   賃貸 > 賃貸の基礎知識 > 賃貸契約途中で個人から法人へ契約変更 賃貸博士で勉強しよう! このコーナーは賃貸生活全般のテーマに対し不動産屋さんが講師となりいろいろな参考意見を聞かせてくれるとこ … それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。 もっと言えば、債務超過の会社でも、実際に現金があれば、報酬を支払っているのが普通でしょう。 仕事に必要な物しか置かないですし・・・。 賃借料(前家賃)  315.000 まずは事業を軌道に乗せるため、余計な家計を使わないため実家に引越したり役員報酬もゼロで考えています。 以前はどれを製造原価にしたらいいかわからない、と聞いたら 役員貸付金?? 420万円 /   今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。 請求書は家族5回線をまとめて主回線あてに各月1通。 こんど化粧品販売と古物の販売をはじめるので、事務所として使いたいのです。ある本には賃貸でも住所から法人登記を調べられることはないし、郵便物は私書箱を借りれば良いので無理に別のを借りる必要はないと書いてありました。実際はどうなのでしょうか?やっぱり問題があるのでしょうか? 賃借料(前共益費)  47.250 1.土地の譲渡、貸付 2.住宅の貸付 3.受取利息などがあります。 スムーズなのはやはり会社名義で借りるのでしょうか。 会社が役員にお金を貸し付けている場合 わかる範囲で私にわけておいて、と言われました。 http://www.ntt.com/bizit/contents/economy/money/08.html (他は一般的ではない...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 顧問税理士と社会保険労務士にも確認しましたが、5万円は妥当なようです。 3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人 しかしネットで調べてもなんだか難しくてサッパリわかりません。 やってみると非常に手間もかかり面倒なのですが、この消費税の区分を仕訳毎にすることを要求されています。 5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社 あえて決めるなら、役所関連の費用というところから ぜひアドバイスをお願いいたします。, 今年8月に株式会社を設立しました。当面は役員2名体制です。  そこで#2の重複になりますが、敷金は個人として供出し、会社には負担させていません。ただし退去の時に現状復帰のための適正な工事等が必要となり、最初に払った敷金との相殺が行われますが、その工事等の内容により会社が役員である私に現金を支払い、私はその内容について細かく記録した領収書を作成し会社に渡します。(会社の経理担当は私自身ですから印紙を貼った領収書を作るだけのことですが。) そこで 事務所としてどうしても借りたい物件(住居用マンションです)が法人契約不可とのことなのですが 代表者個人名義で契約しても その後、「稀に役員...続きを読む, 役員報酬ゼロでは、後々不都合が生じるかと思います。 >敷金、礼金等も経費計上したいのですが、敷金払い込み等の領収書が代表者個人の宛名でも問題はありませんでしょうか? よろしくお願いします。, 下記のようになります。 自分が借りているアパートの1室で僕一人で会社を設立しました。家賃に関しては、法人名義で賃貸契約書を作り変えてもらいました。全額計上は無理だと思いますが、家賃の何割まで計上できるかをどうやって判断すればいいのでしょうか? 自動車保険を法人名義で加入すると、新規扱いとなる為、  まず自宅の賃貸マンションを法人名義で契約した場合、マンションの家賃を全額経費扱いにする事が可能です。しかし自宅で使用する部分の問題が生じてきます。 貸方は全額 「現金」です。 会社毎に区分の仕方も違うので、顧問税理士の方もこれはこの区分でという指示がまだできかねているのであろうと思います(決算のときに一気に修正をしたほうが効率がいいですからね) 選択肢としては、 特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。 前述しましたが、物件を探すとき前もって不動産屋に「こういった事情でOKがもらえるところ」と話をするのがベターだと思います。 であれば、個人で借りてしまった方が簡単なのでは?と思い今回ご質問をさせて頂きました。 私もサラリーマンから、親の残した会社の社長に就任して間も無く、業績不振と税金対策とで、報酬を5万円まで下げたことがあります。 また、個人で借りる場合は代表取締役が個人名義で賃貸契約を行います。 未収入金/受取利息ととりあえず処理する方法もあるかと思われますが、実質貸付額を増大させるのは好ましくないので、証拠を残すために、法人口...続きを読む, 経験の少ない経理担当です。  この自宅部分は、tokkyoさんが会社から借りている扱いになり、その分の家賃はtokkyoさんが給料から支払う事になります。この家賃ですが、使用している一室とそれ以外の部分との面積比で按分するのが通常です。例えばそのマンションの家賃が12万円で自宅として使っている部分面積が全体の1/3だった場合は、8万円を家賃として会社に支払う事になります。この家賃ですが、帳簿上は雑収入で計上します。 業務に使用してる番号だけの料金のみで支払証明書を発行するのは無理と言われました。 御質問者さんが税理士に課税仕入を3つに区分してといわれたのはそれが原因になります。 現預金     80万円 正確には、「大家さんの許可」があれば問題ないはずですが、通常物件の紹介は不動産屋が仲介に入るかと思いますので、そういった意味で「不動産屋も」ということです。 補足ですが、「不動産屋の許可を得る」というのは少々語弊がありましたね。 ですので、利益に与える影響もそれほどはないため期中の仕訳の段階では大雑把にわけておいてくれと言う指示をされているのです  不動産屋さんに払う礼金はどうしても発生するものですし、支払った同額で会社からもらってかまわないとは思いますが、その経緯を明らかにしておく必要があるかと思います。 2.礼金:420,000→大家さん個人 今は役員報酬ゼロでは加入できないとは知らなかったので、国民健康保険への加入を検討しています。ちなみに前職はサラリーマンでしたが、任意継続の加入期間20日はすでに過ぎています。 経費として計上するための経理手続きがあるのならば是非教えてください。, 当社では全員個人契約の携帯電話の業務使用分は経費として精算しております。会社設立以降そのように行なっていますが、税務署から異議は出た事がございません。 非課税売上として一般的なものは そこでご相談したいのですが、このようなケースの場合、国民健康保険に加入することは可能なのでしょうか?また知人からは国民健康保険料は事情を話すと多少値切れるという話もよく聞きます。 前にここは法人としてやったら出てってもらうと言われたのですが(荷物の宛さき が屋号だったため。外においてあるのを見られた)移動販売で営業してると言いましたらあ~そうだったんですか~という感じで別に出て行けと言われませんでした。営業は車ですが、郵便...続きを読む, #3です 6.仲介料:210,000→不動産仲介会社 1・毎月の使用明細のうち、業務使用分の通話料を出します。 月額5万円の報酬を計上できませんか? この区分は(1)「課税売上対応仕入」(2)「非課税売上対応仕入」(3)「共通仕入」となります。 #ご存知かと思いますが、法務局に行けば法人登記の有無を住所で調べることが可能です。また、確定申告や決算などの処理で大家に監査が入った場合は、そこから漏れる可能性も僅かながらあるかと思います。, #3です 現在法人、株式会社があるのですが事務所を借りる際に、個人名義で事務所を借り、その家賃が会社の経費として認めてもらえるか・・・?をお伺いしたく思います。理由としては、借りる際また、引き払う際に法人名義だと色々面倒な部分があ 受取利息に関しては一般的には非課税売上対応仕入というものは発生しません 何が一番適当なのでしょうか。, 消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。 借方 個人事業廃業時(18年7月末)の最終の資産負債は  光熱費・通信費の名義ですが、tokkyoさん名義でも法人名義でも差し支えないと思います。いじれにしても 会社使用分と自家使用分とを按分して会社使用分だけを経費計上するのですから・・・・。しかし法人名義の方が、税務所の当たりが良いのかも知れませんね。その程度の違いでどちらでもほぼ変わらないと私は思います。 長期前払費用   200.000(返還されない分) 厄介なのが(3)の共通仕入になります 通常業務で使用している携帯電話は、設立以前個人で用いていたものを引き継いで使用しており、法人契約ではないため経費にはならないと考え、昨年度の決算に経費計上いたしませんでした。  印紙代は自分のポケットマネー(小さいポケットなんですがね)から払い、個人での赤字の申告などはしていません(わずかですし)。印紙ですが、家賃を会社から現金でもらう場合などはその都度領収書を作らず、1年分の家賃通帳なるものを作成し作成時に400円分の収入印紙を貼っておけば、領収書の場合の毎月200円の印紙を貼る必要はありません。家賃通帳は控えが残らないからと嫌う向きもありますが、この場合は支払通帳でなんら問題は生じません。 理由としては、借りる際また、引き払う際に法人名義だと色々面倒な部分があると伺いました。 当然業務に従事しているものの分だけで計算します。 まずは判りやすい(2)から説明すると、 これでもまだ説明は足りないのですが、大雑把に説明するとこんな感じです。 またその際個人の保険の等級はそのまま保留状態で保存しておくことができます。10年間保存しておくことができ、新たに個人で契約するときに今の等級で契約できます。, 今はアパートを個人で住居用として借りて生活し、実際的にもうここで仕事をしてしまってる状態なのです。今借りてるアパートを営業所として使うことを不動産屋に言った方が いいのでしょうか?言わないで法人登記したりした場合問題がありますか?  そこで#2の重複になりますが、敷金は個人...続きを読む, 平成19年より、特別法で株式会社を(代表と家族従業員1人:計2人で)設立し、決算2期目を迎えております。 日々の帳簿付けは個人時代から複式簿記で経理してきました。 いろいろ手間や金銭的にかかるので、できれば別に事業所を借りたりしないで、ここで営業をしていきたいのです。 これからの金融機関との付き合いや、税務署の調査が入ったとき、役員の中小企業共済への加入などを考えると、支払っておいた方が無難だと思います。 yuka1155さんの質問は「すでに現在の状態を巧くクリアーするには」ですが、現在の状況では巧くクリアーする方法はハッキリ言って無いと思います (^^;; そろそろ、決算書(貸借対照表、損益計算書)を作成の準備のため、弥生会計に入力しようと思い立ったのですが、法人への資産負債の引継ぎの仕訳でつまづいてしまいました。 (他は一般的ではないですが一応調べて目を通してみて下さい)  敷金とは、不動産賃貸借において借りている方が、何かあった場合に備えて積んでおく金であり、損金ではなく資産となります。役員と法人の関係を考えると、自分が役員を務める会社から敷金として「なにかあった場合」に備えてお金を預かるのは経営主体が自分自身であることを考えるとおかしいのではないかと考えました。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, 家賃払ったのに家賃を管理してる賃貸管理会社から家賃払ってないと連絡きました。 毎月現金で振込してます, 今住んでる住居用のアパートを事務所として使いたい、法人登記もしたい、不動産屋さんに言わないでやったらまずいでしょうか?. どなたかお詳しい方いらっしゃいましたら、アドバイス頂けますと幸いです。, 「賃貸 会社」に関するQ&A: 家賃払ったのに家賃を管理してる賃貸管理会社から家賃払ってないと連絡きました。 毎月現金で振込してます, 皆さん有難うございます。 銀行借入金   500万円 支払手数料(保証料)230.000 と言われ、これは出来ました。 そろそろ、決算書(貸借対照表、損益計算書)を作成の準備のため、弥生会計に入力しようと思い立ったのですが、法人への資産負債の引継ぎの仕訳でつまづいてしまいました。 まずは判りやすい(2)から説明すると、 前述しましたが、物件を探すとき前もって不動産屋に「こういった事情でOKがもらえるところ」と話をするのがベターだと思います。  まず会社が借りている1部屋の面積から会社として使う1室の面積を除いた面積(つまり、自宅使用部分)からトイレとキッチンを除いた部分の面積(A)・トイレとキッチンの合計面積(B)・会社として使っている1室(C)の面積を出し、A:B:Cの比率でA・B・Cそれぞれの家賃を計算します。Bについては仕事している時も自宅で生活している時も使う部分ですから、平均的な仕事時間と自宅での生活時間で按分して生活時間に対する家賃を計算します。会社に支払う家賃は、Aの部分に対する家賃+Bの部分に対する家賃のうち自宅用として使った時間分に対する家賃の合計です。以上の方法で計算された家賃をtokkyoさんが会社に支払えば良い事になります。 来期からは、課税の中をさらに3分割して「課のみ」「非のみ」「共通」に分けるそうです。 繰延資産(礼金)  420.000 敷金       200.000(返還される分) 土地や住宅の貸付等の非課税売上がない会社については非課税売上というのは普通預金 今期(以後)の決算に当たっては、貸付金の残がある限り、法人に対して「利息」を支払う必要があります。 が、同じように株式会社を経営している方が携帯電話を経費計上していると聞き、「できるの?」と疑問に思っています。 最終的には、税理士先生がチェックしてくれるとのことで、 (^_^)v, 役員報酬ゼロでは、後々不都合が生じるかと思います。 個人事業廃業時(18年7月末)の最終の資産負債は これは、実際に借りる不動産屋さんの担当者の方がそういっておられました。 賃貸契約トラブルの専門家が答える|現在法人契約で部屋を貸しているのですが、入居者に退職するので法人契約から個人契約へ変更したいと言われました。 今までは大手の法人契約で安心していましたが、個人契約となると家賃の滞納が心配です。 一般的ではない気がします。 最後に、報酬を含めて給与は、法人税、所得税、消費税、社会保険と、それぞれ対象となる金額が微妙に異なるので注意してください。 (2)移転する 敷金は差入保証金でも良いです。 3・基本料のうち、3の割合を掛けます。 ちなみに、この借りた住所を新たに登記する予定です。  敷金とは、不動産賃貸借において借りている方が、何かあった場合に備えて積んでおく金であり、損金ではなく資産となります。役員と法人の関係を考えると、自分が役員を務める会社から敷金として「なにかあった場合」に備えてお金を預かるのは経営主体が自分自身であることを考えるとおかしいのではないかと考えました。 そのだいたいすら目星がつかず、質問させて頂きました。 対策としては、出来るだけ早期に「役員貸付金」を法人に返済したほうが当然よろしいかと思います。 保険についてまったくの無知なため、どなたか御教え下さい。, 個人名義で契約をしていても法人で経費処理するのは可能だと聞いています。実態的に会社で使用所有管理をしていれば大丈夫だと聞いています。(断言で無くごめんなさい) 個人的意見としては、後のゴタゴタを考えると(2)が無難だと思います。 支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用), 印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか? 設立間もない会社でも、払い込んだ資本金で、実際に会...続きを読む, 平成14年より、建設業を個人でしてきましたが、昨年の8月に法人を設立し、19年6月に初めての法人決算を迎えます。 非課税売上として一般的なものは 法人を設立した場合、社会保険に加入義務があるので(多くの設立したての会社は入っていないようですが)、社会保険事務所に加入手続きに行ったところ、「役員報酬ゼロでは社会保険に入れないし、月額でも毎月の社会保険料代やら税金くらいは払える設定してくれないとちょっと困りますね」と加入を断られました。 補足ですが、「不動産屋の許可を得る」というのは少々語弊がありましたね。 今期(以後)の決算に当たっては、貸付金の残がある限り、法人に対して「利息」を支払う必要があります。 租税公課だと、税金なのかという疑問があり、 の、どれかでしょうね・・・ 賃貸契約期間は、7/15から2年間です。 yuka1155さんの質問は「すでに現在の状態を巧くクリアーするには」ですが、現在の状況では巧くクリアーする方法は...続きを読む, 先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。 御質問者さんが税理士に課税仕入を3つに区分してといわれたのはそれが原因になります。 法人の経費に計上することは可能なのでしょうか?。 銀行借入金   500万円  以上が簡単な説明になります。正確な事を言うとトイレ・キッチンは仕事中も使うと言う事になりますから、その部分を考えた家賃を考えないとならない事になります。  色々書きましたが、何かの参考になれば幸いです。, tokkyoさん こんばんは 前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え) これらに直接対応する課税仕入は非課税売上対応仕入となります 償却時の仕訳  会社から自分の預金口座に振り込み、自分の預金口座から不動産屋さんなりの預金口座に振り込むようにすれば、印紙などの問題は起こりませんし一番明確に支払いの証拠を残すことができます。会社の口座と自分の口座を同銀行の同支店にしておけば振込手数料はかからないはずです。さらにファームバンキングの契約をしておけばいちいち銀行に出向く必要もありません。会社から家賃として自分自身に振り込んだお金は会社の損金計上してかまいませんが、会社の通帳には振り込んだ後「家賃○月分」とメモしておけばよいでしょう。私はその仕訳伝票の伝票番号まで通帳に記録していました。 個人名義と法人名義での賃貸契約について知っておくべきことはありますか? はじめまして。 入居者に不動産会社がいるのですが、 現在の賃貸契約では不動産会社の社長さん名義(個人名義)で契約をしておりますが、 個人名義から不動産会社の法… 正確には、「大家さんの許可」があれば問題ないはずですが、通常物件の紹介は不動産屋が仲介に入るかと思いますので、そういった意味で「不動産屋も」ということです。 役員への貸付金の利率 ただ、この仕訳を入れると、第一期の決算書がまるで、役員が会社の借入金を個人的に使い込んでいるように見えるのではないかと不安です。, 平成14年より、建設業を個人でしてきましたが、昨年の8月に法人を設立し、19年6月に初めての法人決算を迎えます。 >一番避けたいのは 会社から家賃という形で代表者に払った時、代表者の所得となることです。 その他、「役員 貸付金 利息」で検索していただければ、ほぼ上記の考えが出ていると思います。, ほぼお考えの通り、個人の借入金を、新たに設立した法人に「引き継いでもらった」形になってしまっています。従って仕訳もお書きになっている通りです。 会社の登記簿の提出や会社自体の審査などがあるそうです。 単純に借りる際に発生する費用をそのまま会社の経費に充てようかと考えています。 消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。, 家賃、光熱費、通信費(電話、ネット)などの費用を会社経費として計上したいのですが、可能でしょうか? 色々な参考ご意見有難うございました。感謝。, 皆さん有難うございます。 支払手数料(仲介料)210.000 保険料(1年分)   20.545 また、サラリーマン時代に支払った社会保険料を生かすためにも、国民健康保険はやめておいた方が良いと思います。  まず自宅の賃貸マンションを法人名義で契約した場合、マンションの家賃を全額経費扱いにする事が可能です。しかし自宅で使用する部分の問題が生じてきます。 >敷金、礼金等も経費計上したいのですが、敷金払い込み等の領収書が代表者個人の宛名でも問題はありませんでしょうか? これでもよく判らない場合は、消費税の計算の仕方と95%ルールについて調べてみて下さい, H25年の3月決算より売上高が5億円以上の会社は消費税の95%ルールを適用できなくなります。 さて、ある程度消費税の計算方法の知識がないと説明するのも難しいのですが、 公租公課(租税公課)というところでしょうか。 ただ、証明できれば経費で通ると・・・。 租税公課という話も見つかりましたし、  経理上個人と法人をしっかり分けて考えなくてはなりません。, #1,#2のものです。 1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人 消費税が、いままでは非課税か不課税か課税の3つだったのに、 悩む判断です。 とりあえずおおざっぱに、というくらいしか指示されないので、だいたいでいいのです。 2・通話料のうちの業務使用分の割合を出します。 設立したばかりの為、様々な出費がかさみ、出来るだけ保険料はおさえたいのですが、このまま個人の等級を活かす方法はないでしょうか??所有者が会社名義だとやはり会社名義の保険でないとマズイのでしょうか?? http://tmic.co.jp/whatsnew/031227.htm 実際に現金を動かさない方法もありますが、ボロを出さないためには、相当の手間です。 例えば、貸住宅のエアコンの設置や外部への清掃費用などが該当します。