動物病院で抗生物質をもらったけれど、どうして飲ませなければならないの?お世話になっている先生には聞きづらい質問を、わかりやすく解説しました。どんな時に抗生物質が効果的なのか、使ってはいけない場合や気を付けたいポイントなど聞いてみたい内容になっています。 難なく飲んでくれる子もいれば、吐き出してどうしても飲むのを嫌がる子もいます。 愛犬はちゃんとお薬が飲めますか?嫌がって口を開けない、飲んだふりしてこっそり吐き出すなど苦手なコは多く、投薬が、愛犬はもちろん飼い主さんにも大きなストレスになっていることも。命に関わることもある大切な投薬。今回は、薬の上手な飲ませ方についてのアドバイスです。 オールペット用錠剤クラッシャー錠剤を簡単にくだいて投薬。薬嫌いなペットにも、好みのエサにトッピングするだけ。人間の薬にも使用可能です。, 錠剤をカットしたり、細かく砕くことができるグッズです。薬の存在感を消すことができるので、薬が大きくて飲まない子にオススメのグッズです。, しかし獣医師さんから処方された薬を勝手に砕いたり、カプセルの中身だけを与えることはNGです。犬にとって一番効果的で効き目のある薬を処方しているので、勝手な判断で形状を変えるのはやめましょう。グッズを使用する場合は事前に獣医師さんに相談して、判断を仰ぎましょう。, 犬への投薬には、苦労している飼い主さんも多いでしょう。でも動物病院から処方されている大事な薬を「飲まないなら仕方ないか」と済ませられません。, 動物病院で獣医さんや動物看護師さんに投薬を頼むことも可能ですが、できれば自分の手で与えたいですよね。ケガや病気などで日常的に飲まなくてはならない犬であればなおさらです。, この記事を読んで、薬を飲まない子でも嫌な思いをすることなく、さらに飼い主さんが投薬慣れするまで奮闘してくれたら幸いです。, ※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。, 快適にわんちゃんホンポの記事が読める!見やすいカテゴリでみたいジャンルがすぐ見つかる。飼い主と愛犬のための犬専用アプリ。, 犬のために、犬の気持ちを知り、犬と共に暮らす。わんちゃんホンポは、あなたとわんちゃんの共同生活に色付けをする犬専門の情報サイトです。, これは本当に最強です!うちの犬が咳が止まらなくなり、かわいそうに咳で寝るに寝れない状態になってしまいました。体力消耗を防ぐために6時間おきに咳止めの薬を飲ませるように動物病院で言われたのですが、うちの犬は当時はまだ口を開けさせてくれる犬ではなく、飼い主が薬を飲ませることが出来ませんでした。加えてどうやらこの薬がとても苦いものらしく、1度お肉に包んで与えたのですが、1回で覚えてしまい、お芋に包んでも何をしても手を付けなくなりました。警戒心が強く、フードまで食べなくなり、悩んでいるときに犬を飼っている知人がグリニーズのピルポケットを持ってきてくれました。うちの犬には1個が大きかったので、4分の1ほどで団子のように練り直し薬を包んでみたところ、難なくクリア。おかわりを催促するほどでした。強い匂いで薬の存在を消してくれるのでしょうか、驚きました。, こんな便利なものがあったとは!グリニーズの歯磨きガムはよく購入していましたが、ピルポケットの存在を知りませんでした。「獣医師専用」とパッケージに書かれていますが、早速、調べてみたところアマゾンなどでも購入ができるのですね!, 愛犬の投薬は慣れないと難しいですし、噛みつかれて怪我をしてしまうこともあります。困る飼い主さんはとても多いです。, 我が家ではグリニーズ穀物フリーを食べさせています。ピルポケットは知りませんでした。Amazonで扱っているので手軽に買えるのは助かります。薬ではないですが、サプリメントをフードに混ぜてあげています。今のところ気にせず食べていますがお薬となると分からないので、試しに買ってみようと思います。, 投薬用のピルガンを使ったことがあるのですが、思ったよりも先が硬く愛犬に抵抗されて危うく喉に傷をつけてしまうところでした。あぁいった投薬補助器具は大人しい犬や慣れている犬じゃないととても危険です。同様に液体の薬に使う注射器タイプのものも間違って気管に入れてしまう恐れがあります。, 毎日数回飲ませなくてはならない薬がある場合、ずっとピルポケットだと飽きてしまうので食べなくなることがあります。そんな時にうちでやっていることは、少しだけレンジでチン!人肌よりぬるいくらいに温めるとまた食べてくれるようになります。, グリニーズといえば、歯磨き効果のあるおやつとして有名ですが、そんな便利な商品も発売されているのですね。, この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。. 犬のしつけインストラクターがシェアする。小型犬のしつけ、健康管理、予防接種、正しいグッズの選び方、老犬介護。, 2018/10/2 Barnlake House にて犬のしつけ訓練、行動学を学ぶ。現在、子育て中のためしつけクラス、相談等休業中。, しつけや健康管理で悩みのある飼い主さんにとって、このブログが解決のきっかけつくりになれれば嬉しいです。  The following two tabs change content below. 利き手の親指と人差し指で錠剤をつまんで持ち、中指を下顎(下の前歯あたり)に引っかけて口を開けさせる。. hanahmama, 老犬の介護食にはどのようなものがあるか、流動食をシリンジ(注射器)を使って与える方法は犬も人間もストレスが軽減されます。 体力がつけば、流動食からウェット食、ドッグフードを食べることができるようになります。 飼い主も疲れない、犬にも負担をかけない方法を探っていきましょう。, 犬のしつけやドッグフード、育犬ノイローゼ、老犬介護など、犬のことならなんでも、飼い主さんのお悩みにドッグトレーナーが期間限定で回答します。, 老犬が食べない、食べるときと食べない時のムラがある場合、どのようにすれば良いか。 やわらかいソフトタイプのドッグフードやウェットタイプのフードを試してみる。 ドライフードにお湯を入れ、ふやかし、暖かいものを与えてみると食べる場合が多いです。, 犬の介護用ハーネスは、老犬が弱ってくる足を補助的に支え、散歩や普段の介護に使うと楽に過ごせます, 老犬介護、粗相の処理、運動、ケージ代わりにビニールプールが適しています。 円形は運動用に、角型はケージ代わりに使用できます。, 老犬が食事を食べない時、おすすめの流動食3種類と小型犬の介護にちょうどよい大きさのシリンジ(注射器)をご紹介します, 手作り老犬介護食の必需品!使いやすい「すり鉢」とすり鉢を使ったレシピをご紹介します, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 愛犬の選び方、健康管理、散歩、しつけ、ペットホテルやトリミング(犬の毛刈、毛のお手入れ)老犬介護、犬の正しいグッズ選びについてわかりやすくお伝えします。, 当サイトは元犬のしつけインストラクター「はな(87)ママ」が小型犬特有の性格を解説し、10年以上続く犬との生活を健康でストレス無く、散歩や旅行も楽しめるようアドバイスするブログです。, 一級愛玩動物飼養管理士、1998年、英国 ということで、今回は犬への薬の飲ませ方について! 犬の健康のために欠かせない薬ですが、頑なに飲まない犬も多いでしょう。薬を見た瞬間に逃げる、口に入れようとしても飲まない、口に含んだとしても飲まないで噛んでしまう、など苦労している飼い主さんも多いはず。ここでは、犬が薬を飲まない原因と正しい対処法についてご紹介します。, 山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。, 動物病院への定期的な健康診断や、毎年のフィラリア予防薬、ケガや病気をしてしまったときの飲み薬、シニア犬の定期薬など、薬を飲む機会は意外と多いものです。健康のために欠かせない薬ですが、なぜ犬は薬を飲まないのでしょうか?, それは、薬独特のニオイが原因の一つとして考えられます。犬は鼻が敏感であるため、薬独特のニオイを感じ取っているのでしょう。また一度薬を飲んだことがある子は、喉に通る薬の異物感を経験しているため、嫌な思い出として記憶し、飲まないのかもしれません。, また私たち人間もそうですが、美味しくないものを無理に食べようとはしませんよね?それは犬も同じで、美味しくないものをわざわざ食べる理由が分かりません。, 人間でさえ飲まなくてはいけないと分かっていても飲みたくないものなのに、飲まなくてはいけない理由も分からないまま得体の知れないものを口に入れられる。そんな状況を見ると、犬が薬を拒む気持ちも分かります。, 無理やり飲ませようとすればするほど犬は恐怖を感じて、「薬=嫌なもの」と認識してしまいます。飲んだふりをして飼い主さんが見ていないところで吐き出す子もいるほどです。, 薬を与えるうえで一番大切なのは、犬が嫌な思いをしないことです。正しい方法で薬を与えれば、飼い主さんも大変な思いをせず、犬もストレスを感じることがなくなるでしょう。薬を飲まないことに苦労する飼い主さんのために、薬のタイプごとに正しい対処法をご紹介します。, 一番簡単な飲ませ方として、普段の食事の中に混ぜる方法です。犬は食事を丸飲みしたり早食いをする習性があるので、小さな錠剤やカプセルであれば、気付かれずにペロリと食べてくれるでしょう。, 敏感な子は薬を飲まないように器用に避けて、ドッグフードだけを食べる可能性があるので、柔らかいウェットフードに混ぜたりドッグフードの中にヨーグルトなどを入れるなどの工夫をすることで薬の存在を見えにくくし、飲み込みやすくなります。, また薬を食べ物に包むことで、薬の存在を隠す方法もオススメです。サツマイモを茹でてペースト状にしたものに包んだり、チーズやパンの中に埋め込んだり、普段ウェットフードを与えていないご家庭は試してみてください。サツマイモのほのかな甘い香りで食欲が増し、薬を飲まない子に効果的といえます。, 食事に混ぜたり包んだりしても薬を飲まない場合は、薬を直接口に入れて飲ませる方法があります。実際に動物病院で行われている方法で確実に薬を飲ませることができるため、薬を飲まない子に試してみましょう。, 水を含ませたシリンジ(注射器)やスポイトを用意し、喉をさすったあとに歯が少ない部分(奥歯と牙の間)からシリンジかスポイトによって水を入れると、容易に飲み込んでくれるので効果的です。, しかし犬にとっても飼い主さんにとっても難易度が高い方法で、これを試したことにより犬がさらに薬を嫌がったり、ストレスを感じる場合もあります。, 子犬のころから口を触ったり口を開けたりすることで、口への接触に慣れている犬はこの方法が望めますが、飼い主さんの根気やテクニックが必要となるでしょう。, 粉末の薬は食事とよく混ぜることで見た目としては変化が出ないので効果的です。ウェットフードの場合はなおさらそうでしょう。, しかし薬を飲まない子は薬に対して敏感であり、薬の存在に気付いて食べないかもしれません。その場合は食事に混ぜて与えることを諦め、薬を水や犬用ミルクに溶かしてシリンジやスポイトに入れ、歯が少ない部分(奥歯と牙の間)から与えます。, ここでポイントなのが、少しずつ与えること。一気に全て流してしまうと誤嚥(食道ではなく気道に入ってしまうこと)の恐れがあります。薬を飲まないことよりも、誤嚥になってしまう方が問題なので、注意が必要です。, 液体の場合も食事にかけることで与えることができますが、敏感な子は風味の変化に気付き、薬を飲まないどころか食事を食べようとしないかもしれません。粉末と同じで、シリンジやスポイトで飲ませるといいでしょう。, 飼い主さんにとっては犬の健康のためにしている行動も、きちんと犬の気持ちを汲まないと犬に嫌な思いをさせてしまうかもしれません。ここでは犬が薬を飲まないときの注意点をご紹介します。, 犬の健康のために、「薬を飲まないと治らない」「絶対に飲ませなきゃ」と考えるのは素晴らしいことですが、その緊張や気合は犬に伝わってしまい、飼い主さんに対して警戒心を持つかもしれません。初めての投薬の場合は仕方のないことですが、なるべく冷静に、しれっと食事に混ぜてしまいましょう。, 犬にとって飼い主さんに褒められることはとても嬉しいことです。薬を飲むことだけでなく爪切りやハミガキもそうですが、犬にとってあまり好きではない行動がきちんとできたとき、思いっきり褒めてあげてください。, 犬は「頑張ったら褒めてもらえる!」と認識し、嫌なことを我慢することができるほど張り切ってくれるでしょう。飼い主さんの喜んだ顔を見たくて、薬を飲まない子も頑張って飲んでくれるかもしれません。, 「うちの子は飲めない」「何をやっても飲まない」と決めつけず、愛犬に合った投薬方法を見つけましょう。投薬にはたくさんの方法があるので、いろいろ試してみるのもいいかもしれません。, 獣医さんは回復するために必要な薬の量と期間を考慮したうえで処方しているので、いろんな方法をチャレンジしても飲ませることができないときは相談してみましょう。, 食事に混ぜたり、直接の投薬方法をしても飲まない場合も、決して諦めてはいけません。そして無理やりに飲ますことも禁物で、犬がなぜ飲まないのかの原因を追及することが大切です。, もしかしたら薬が大きくて飲み込めないのかもしれない、薬を見てしまうと食欲がなくなってしまうかもしれない、「薬=飲まないもの」と認識しているかもしれない、など犬の行動をきちんと観察することが大切です。, 商品情報 錠剤タイプのお薬とは異なり、シリンジやスポイトで与える液体薬。初めてでも簡単に飲ませる…(続きを読む), パピーウォーカーの経験から犬に関心を持ち、犬の問題行動やストレスケアについての知識を深める。 老犬がお水を飲まない場合にあげ方を工夫したり、ハイポトニック飲料や水分を含む犬用ゼリーなどを試してみても、老犬がごはんとともにお水を含む一切の水分を飲まないなった場合には、愛犬の最期の時が近づいていると考える必要があります。 しつけに関する質問、お悩み、小さなことでも気軽にご質問ください。, ご質問は各記事の一番下の「コメントをどうぞ」又は、下記メールアドレス宛にお願い致します。. 老犬は薬を飲まなかったり、嫌がったり、吐いたりすることがあり、工夫が必要です。老犬の薬の飲ませ方は砕いて、シロップなどの液体で混ぜ、シリンジ(注射器)で与えると、犬の負担も少なく、飼い主も楽に与えることができます。 薬を砕くピルクラッシャーは一つあると便利です。 Copyright (C) 2020 WanDo!(ワンドゥ) All Rights Reserved. 老犬介護ノウハウ, 老犬に薬を飲ませる時、愛犬が嫌がる、どうしても飲まなかったり、せっかく口に入れたのに吐いたり、一体どうやって飲ませたらよいのか、悩みを抱える飼い主さんが多くいます。, 普段はフードに混ぜて食べることができても、調子の悪い時、ごはんも食べないような時は薬を飲ませるのも一苦労します。, そんな時は錠剤を粉にして、シロップに混ぜ、シリンジと呼ばれる注射器で与える方法があります。, 錠剤を砕く「ピルクラッシャー」と老犬に薬を飲ませやすい「シリンジ」(注射器)の大きさ、シロップについても解説していきます。, 砕きやすい薬の場合、スプーンなどで細かく砕くことも出来ますが、飛び散ったりして分量通り与えられないことがあります。 また、一日2回、毎回だと面倒だったりもします。, 動物病院でシロップを一緒に出してくれる場合もありますが、溶かせるものなら普段与えているもので大丈夫です。, 混ぜやすいものとしては、水、砂糖水(動物病院で出されるシロップも原材料は同じ)、犬用ミルクなど。, シリンジ(注射器)で与える方法は薬を砕いたり、シロップで溶かしたり、注射器で吸ったりしているうちに器具に薬の粉がどうしてもついてしまい、若干少なめに飲ませていることになります。 錠剤が飲めるほど回復してきたら、砕かず、錠剤で飲ませましょう。, 弱っている時は薬は砕いて飲ませ、ドッグフードが食べられるほど回復してきたら錠剤で飲ませるように、犬の状態に合わせて、臨機応変に対応しましょう。, 毎日薬を飲ませるようになってから、数年は状態を維持できる犬がほとんどです。 ストレスを無くし、生活の一部として飲ませる工夫を楽しめるようになれると良いですね。, シリンジ, ピルクラッシャー, 注射器, 老犬, 薬, 飲ませ方, 飲まない 犬の健康のために欠かせない薬ですが、頑なに飲まない犬も多いでしょう。薬を見た瞬間に逃げる、口に入れようとしても飲まない、口に含んだとしても飲まないで噛んでしまう、など苦労している飼い主さんも多いはず。ここでは、犬が薬を飲まない原因と正しい対処法についてご紹介しま … 現在は3頭の犬と暮らし、犬が与える癒しのパワーに日々お世話になっている。. 愛犬に薬を飲ませる時、どんな工夫をしていますか? 難なく飲んでくれる子もいれば、吐き出してどうしても飲むのを嫌がる子もいます。 必要だからお薬を処方されているので、飲まないなら仕方ないか~では済ませられませんよね(-_-・・・ 必要だからお薬を処方されているので、飲まないなら仕方ないか~では済ませられませんよね(-_-;) グリニーズ 獣医師専用 ピルポケット は、愛犬の健康を考慮し主原料に100%自然素材を使用して作られた、薬を包み込んで隠すことで簡単・確実な投薬を可能にする投薬補助トリーツです。, 薬を隠す形でポケットに入れることができるオヤツです。小麦粉や乾燥チキンなどを使用して作られているので柔らかく、薬をポケットに入れたら塞ぐことができます。薬を隠した状態で与えるので、薬の存在によって飲まない子にオススメのグッズです。, 商品情報 2020/9/29 16歳の老犬です。ほとんどの時間寝ているので犬が自然と起きている時間があまりありません。2月の最初に目を悪くしてから一気に全部が弱ってきました。『寝ている時に起こそうとしても中々起きない』これが老化現象であることは知ってい 愛犬に薬を飲ませる時、どんな工夫をしていますか? 愛犬情報犬種:ミニチュアダックスフンド病名・症状:病院で処方された薬を嫌がって飲まない発症年齢:15歳発症の経緯:苦い薬を無理やり飲ませたこと治療法:自宅で対処 薬を飲ませる苦労 我が家のクリンは、14歳の時に足の不具合が出て、その時に苦い痛み止めを処方されました。 基本的な薬の飲ませ方や、カプセルや粉薬など薬の形状別に、ワンちゃんに与えやすい投与方法をご紹介します。, 愛犬の肉球。その形や感触に、癒されている飼い主さんは多いはず。 でも、最近なんだか肉球がカサカサしているような… 子犬の頃はプニプニしていたのに、今は硬くて少しひび割れしているかも。 そんな愛犬の肉球のカサカサやひび割れ・・・, 体調を崩したワンちゃんや、持病のある子の健康を守るためにお薬は欠かせません。 ですが、薬を飲ませることに苦労する飼い主さんも多いはず。 特に、液体のお薬を初めて処方された時に「えっ、どうやって飲ませるの?」と戸惑ったこと・・・, 目の充血や目やになど、目のトラブルを起こすとお世話になることがある犬の目薬。 早く症状を改善するためにも、目薬をきちんとさしてあげたいところですが…目薬を嫌がるワンちゃんは、実はとても多いんです。 愛犬が怖がって逃げてし・・・, 子犬の健康を守るために、欠かせない混合ワクチン。 今回は、子犬の混合ワクチンの接種の時期と回数について、受ける時期や、3回目の接種は必要なのかどうかなど、詳しくお話していきます。 「ワクチンの回数は、2回で良いのか?」 ・・・, 名前は最初のプレゼント。ぴったりの名前を愛犬に贈ろう! 避妊手術に悩んだら。費用は?術後の様子は? ぜひ読んでもらいたい記事まとめ。.