李 康仁(イ・ガンイン Lee Kang-in ハングル 이강인 , 2001年2月19日 - )は、大韓民国・仁川広域市出身のプロサッカー選手。スペイン・プリメーラ・ディビシオン・バレンシアCF所属。ポジションはMF。日本語のカタカナ表記では、イ・カンインと紹介されることもある。, 2007年、サッカー選手を目指す未就学児を集めてその成長過程を追うバラエティ番組「ナララ・シュットリ」に6ヶ月間出演し、驚異的なパフォーマンスを見せて7歳の時から韓国サッカー界の神童と呼ばれて大きな注目を集めた[1][2]。2009年8歳の時に地元の仁川ユナイテッドFCU-12チーム入団。10歳の時に家族と共にスペインに渡り、バレンシアCFのカンテラに入団。カンテラで評価を高めた李にレアル・マドリードなどが獲得に興味を示す中、2017年3月2日にバレンシアと正式に2019年までのプロ契約を締結[3]。2017-18シーズンにBチームにあたるバレンシアCF・メスタージャに登録され、プロデビュー。, 2018年7月22日、バレンシアと2022年までの契約を締結[4][5]。10月30日のコパ・デル・レイのCDエブロ戦で、トップチーム初出場[6]。2019年1月13日のレアル・バリャドリード戦で、リーガ初出場。30日には、正式にトップチームに登録されたことが発表された[7][8]。, 2019-20シーズン、9月17日、UEFAチャンピオンズリーグのチェルシー戦に途中出場し、韓国人選手のCL最年少出場記録を更新した(18歳6ヶ月での出場)[9]。9月25日のヘタフェ戦でラリーガ初ゴールを決めたが[10]、10月19日のアトレチコ・マドリード戦で途中出場からサンティアゴ・アリアスに悪質なタックルを喰らわし退場処分になり、ラリーガにおいて、21世紀生まれの選手として初めて退場処分を受けた選手となった[11]。6月18日のレアル・マドリード戦でも後半31分から出場、後半44分にセルヒオ・ラモスを後ろから3回蹴りを喰らわせ、わずか13分の出場で退場処分となり、母国メディアからも批判された[12]。今シーズンのラリーガでは2度目の退場処分となった[13][14][15][16]。, 2020年8月、バレンシアは財政難による主力放出を進める中、レアル・マドリードからの獲得オファーを拒絶し、2020-21シーズン以後李を中心としたチーム造りを遂行していくと報じられた[17]。, 2018年のトゥーロン国際大会にU-20の韓国代表として出場し、5試合3ゴールを決めた。, 2019年3月にフル代表初招集。2019 FIFA U-20ワールドカップでチームが準優勝し2ゴール4アシストで大会MVP賞であるゴールデンボールを受賞した[18]。, “韓国のダビド・シルバ”になる!? 先発投手による危険球退場までの最少投球数は、2017年9月30日の畠世周(巨人)の4球である(それまでは2014年7月21日の山口俊(DeNA)の5球)。 2012年の日本シリーズ 第5戦では 多田野数人 ( 日本ハム )が 日本シリーズ では初めてとなる危険球退場の処分を受けている [17] 。 李 康仁(イ・ガンイン Lee Kang-in ハングル 이강인, 2001年 2月19日 - )は、大韓民国・仁川広域市出身のプロサッカー選手。 スペイン・プリメーラ・ディビシオン・バレンシアCF所属。 ポジションはMF。 日本語のカタカナ表記では、イ・カンインと紹介されることもある。 my favorite giantsについて 更新履歴・予告 サイト内検索. 死球(しきゅう、英: Hit by pitch)とは、野球において投手の投げたボールが打者に当たった結果、打者に一塁が与えられることである。日本ではデッドボール(和製英語)とも呼ばれる[注 1]。, 投手の投球が打者に触れた場合、球審はボールデッドのジェスチャー(両手を上方に広げる、ファウルボールと同じジェスチャー。デッドボールとは主旨が異なる)をしてプレイを停止する(公認野球規則 5.06(c)(1))。ここで「投球が打者に触れる」とは、適正に着用された打者のユニフォームをかすった場合や、バウンドした投球が打者に触れた場合も含まれる。, そのうえで、球審が次のいずれにも該当しないと判断した場合、死球が宣告され打者に一塁が与えられる(公認野球規則 5.05(b)(2))。, 死球が認められる場合、球審はボールデッドのジェスチャーをし、必要に応じてボールが当たった箇所を示す(ノーボイス)。これにより打者は一塁への安全進塁権を得る。また、打者が一塁に進んだことで押し出される走者に限り、次の塁へ進む権利を得る(満塁の場合、三塁走者は本塁へ進む。いわゆる「押し出し」)。なお、投球が打者に触れた時点でボールデッドとなるため、次の塁を与えられた走者以外は進塁を試みることは認められず、盗塁を試みていても元の塁に戻される。, よくある誤解として、打者がバットを振ったように見えたら死球ではなくストライクだと思われているが、ルール上は『打とうと試みていた、避けようとしなかった』かどうかという打者の意図を球審が主観的に判断するものであってバットが回ったかどうかなど物理的な状態は無関係である為、ハーフスイングと同様に明確な基準がルール上に存在している訳ではない。, 死球のリスクをともなう一方で、投手が打者に近いコースを狙って投球することは野球における戦術のひとつである(内角攻め)[1]。アメリカ合衆国では打者の頭部を狙う投球を「ビーンボール(beanball)」と呼び(beanは古い英語のスラングで頭を指す)、打者を仰け反らせることを意図した投球である「ブラッシュバック・ピッチ(brush-back pitch)」とは区別している。しばしばビーンボールを投じる投手は「ヘッドハンター(head hunter)」と呼ばれる。日本ではこれらを区別せず、打者を狙った投球を一般にビーンボールと呼んでいる。, また、野球の不文律を破った選手に対して制裁として故意に死球が投じられることがある。この場合は頭部ではなく、より危険の少ない背中や足(アキレス腱以外)などが狙われる[2]。, 公認野球規則では6.02(c)(9)において投手は打者を狙って投球することが禁じられており、「これを投球した投手およびそのチームの監督には、審判員により退場を宣告もしくは同様の行為をもう一度行った場合は即刻退場させる旨の警告が発せられる」と定められている。この場合、打者に投球が当たったか否かは問わず、審判は自身の判断で投手(または投手と監督)を退場させることができる。, 日本野球機構ではこれとは別に、セ・パ両リーグのアグリーメント39条に危険球についての規定を置いている[12][13][出典無効]。これによれば、「投手の投球が打者の顔面、頭部、ヘルメット等に当たり、審判員がその投球を危険球と判断したとき、その投手は即退場となる」とされているが、「ヘルメット"等"」とあるように、胸から上の頭部付近の部位に当たった場合でも、審判員の判断により危険球と見なされる場合もある(1998年4月10日の巨人-横浜戦で石井浩郎の上背部への危険球で退場処分になった佐々木主浩の例などがある)。また、「危険球」とは「打者の選手生命に影響を与える、と審判員が判断したものをいう」と定義されている。, なお、頭部に投球が当たった場合でも緩い変化球などでそれが危険球ではないと判断された場合は、投手は即退場にはならず、警告が発せられる。この場合、次にいずれかのチームの投手が頭部付近への投球を行えば退場を命じられる。退場の記録は、その試合が雨などでノーゲームになっても残る[14]。, 1982年に審判員により危険球に対する規定が制定され、同年より適用。同年8月6日、井上祐二の投球に対して適用され退場処分となる。, 危険球制度がより確立されたきっかけは、1994年5月11日にヤクルトスワローズ対読売ジャイアンツ(巨人)戦で発生した死球合戦から、西村龍次がダン・グラッデンに与えた死球がきっかけとなり起こった乱闘である[注 2]。事態を重く見たセントラル・リーグは緊急理事会を開き、さしあたって「故意・過失を問わず頭部に死球を与えた投手は退場」というアグリーメントを新規に設けた(最初の適用者は中日ドラゴンズの郭源治)。一方でパシフィック・リーグでは、審判がそれまで以上に厳しいルールの運用をするという見解にとどめた。両リーグの違いの一例として、1999年4月9日に巨人・村田真一が横浜ベイスターズ・斎藤隆から顔面に死球を受けた際、斎藤は即退場となったが、同年の9月8日に福岡ダイエーホークス・秋山幸二が西武ライオンズ・松坂大輔から顔面に死球を受けた際は、松坂は警告処分のみ発せられた。セ・パ共通の現行のルールになったのは2002年からである(最初の適用者はセでは巨人・三浦貴、パでは2003年のダイエー・吉武真太郎)。, 前述のとおり、最初の危険球で警告となるか即退場となるかは球審の裁量に委ねられるが、従来から一度でも危険球を投げた場合は即退場としていたセ・リーグでは現在でも即退場となる場合が多く、対照的に警告後退場のルールを運用していたパ・リーグでは即退場処分が少ない傾向にある[要出典]。2005年5月13・14日に行われた西武ライオンズ対巨人(インボイスSEIBUドーム)の試合では、両日2戦合わせて6個の死球が出たことから、審判団が15日の第3回戦を「パ・リーグ アグリーメント」に基づいて「警告試合」とし、この試合で死球を与えた投手は即刻退場、また意図的にぶつけたなど悪質な場合はそのチームの監督も退場にするという警告を両チームに発した。, 2019年シーズン終了時点で、危険球による退場の最多記録は桑田真澄、浅尾拓也、山口俊、内海哲也のいずれも3度である。桑田は1995年、1999年、2005年に、山口は2012年、2014年、2015年に、内海は2006年、2007年、2014年に、1度ずつ記録したものに対し、浅尾は全て2008年の記録である。, プロ初登板で危険球退場になったのは、2005年9月1日の小林正人(中日)、2010年4月18日の矢地健人(中日)、2015年5月3日の風張蓮(ヤクルト。先発登板では初)である。, 1球で危険球退場になった投手として、2006年6月17日の高井雄平(ヤクルト)、2009年4月30日の岩瀬仁紀(中日)[15]、2009年8月2日の有銘兼久(楽天)、2010年9月16日の甲藤啓介(ソフトバンク)、2011年4月24日の松井光介(ヤクルト)、2015年5月24日の山﨑康晃(DeNA)、2018年8月16日のラファエル・ドリス(阪神)[16]がいるが、いずれもリリーフ登板である。先発投手による危険球退場までの最少投球数は、2017年9月30日の畠世周(巨人)の4球である(それまでは2014年7月21日の山口俊(DeNA)の5球)。, 2012年の日本シリーズ第5戦では多田野数人(日本ハム)が日本シリーズでは初めてとなる危険球退場の処分を受けている[17]。, また、渡辺俊介(ロッテ)は2006年4月29日の楽天戦で、6回までノーヒットノーランピッチングを続けていたものの、7回先頭の鉄平に2打席連続の死球となる頭部に死球を与えてしまい、危険球による退場処分を受け、アクシデント以外では非常に珍しい被安打0での降板かつ退場処分ながら勝利投手という珍記録を樹立した。なお、渡辺は勝利投手となり、ヒーローインタビューも受けている。その際に、渡辺は鉄平に対して謝罪を行った。, 与死球(よしきゅう)は、投手が打者に死球を与えることで、投手に付けられる記録である。上記の要領で打者に死球が記録されると同時に、投手には与死球が記録される。対戦打者の死球と対戦投手の与死球は必ず同数になる。, THE MAYS/CHAPMAN INCIDENT The IncidentPrelude, ハマスタ騒然!打席から救急車搬送…会沢、顔面死球― スポニチ Sponichi Annex 野球, 頭部死球の広島会沢が抹消 - プロ野球ニュース : nikkansports.com, 第504回 アクシデントを乗り越えて高く羽ばたけ 広島・會澤翼捕手 – SPORTS COMMUNICATIONS, “能見、救った!超スクランブルでプロ初セーブ ドリス初球退場の大ピンチを3人斬り”, https://www.daily.co.jp/tigers/2018/08/17/0011549764.shtml, Career Leaders & Records for Hit By Pitch, Single-Season Leaders & Records for Hit By Pitch, https://www.daily.co.jp/baseball/2020/07/05/0013484222.shtml, ストレート(フォーシーム)/ツーシーム/ワンシーム(ゼロシーム)/シンキングファストボール, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=死球&oldid=80191455. お客様のブラウザはジャバスクリプト(JavaScript)に対応していないか無効になっています。詳しくはサイトポリシーをご覧ください。, 横浜F・マリノスが序盤の劣勢を覆すFWジュニオール・サントスの2得点などで、敵地でFC東京から勝ち点3を手にした。, 前半は東京に多くの好機を与えていた横浜だったが、後半9分に先制。右サイドのFWエリキのクロスを中央で受けたジュニオール・サントスが、DFとの競り合いに勝ってゴール右隅へ決めた。, これで波に乗った。すぐ2分後にふたたびジュニオール・サントスが追加点。ペナルティーエリア内こぼれ球を拾い、右足でゴール左を射抜いた。, 2点を失った東京は反撃に出たいところで後半18分にMFアルトゥール・シルバがレッドカードを受け退場。先制点を許したところから一気に主導権を失った。, 後半ロスタイム1分、5分とさらに立て続けにゴールを奪った横浜が完勝した。東京は今季初の連敗を喫した。, (C)2020,Nikkan Sports News. イ・スンウに続く逸材がバレンシアと契約で韓国紙大興奮, 17歳の韓国人MF、ついにバレンシアデビュー! 1軍出場したクラブ初の東洋人選手に, バレンシアの韓国代表FWイ・ガンインが今季2度目の一発退場…S・ラモスに後方から複数回キック, 蛮行退場で「着実に印象が悪化」 日韓“至宝”の明暗を海外指摘「久保とは対照的に…」, バレンシア、レアルからのイ・ガンイン獲得オファーを拒絶していた…スペインメディア報じる, 韓国メディアが“日韓17歳”を比較 久保建英の才能評価も「技術の差は明らか」と指摘, 韓国紙が久保とイ・ガンインの“日韓対決”に期待…一方で両選手の決定的な“違い”にも言及, バレンシア加入の韓国17歳新星、現地紙「U-20注目株」に選出 “ネイマール二世”も登場, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=李康仁&oldid=80299391. 横浜4発快勝 東京シルバ退場初連敗/東-横28節 [2020年10月24日17時21分] ... 4 青森山田が366連勝/全国高校サッカー代表校一覧; 高校野球 DeNA5位池谷、同世代村上と直球勝負「楽しみ」 [11月9日 15:17] 高校野球 藤嶺藤沢、部員に素手でノック受けさせけが [11月9日 12:17] コンテンツ 一覧. GIANTS NEWS. Guide 球団プロフィール ; giantsとyankees; 今更聞けないQ&A; Information&News. nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。, nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての. 読売ジャイアンツの退場処分となった選手一覧です。 BACK HOME--!! nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。, nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての. お客様のブラウザはジャバスクリプト(JavaScript)に対応していないか無効になっています。詳しくはサイトポリシーをご覧ください。, オリックス張奕投手(26)が先発予定の17日西武戦(メットライフドーム)で汚名返上を期す。, 16日の試合前練習後「(前回は)中継ぎ陣やチームに迷惑をかけた。明日は自分の投球をして9回まで投げる気持ちでやりたい」と気合十分だ。前回登板の3日楽天戦は1回、ロメロに頭部死球を与え、わずか17球で危険球退場になっていた。西武は8月22日に今季初勝利を挙げた相手だ。, 「前回は相手の状態もそんな良くなかった。最近の試合では打っているイメージ」と警戒する。17日は同ドームで「台湾デー」のイベントも行われる。台湾出身の剛腕は「そうなんですか? 知らなかったです」と声を上ずらせた。今季は7試合に先発して1勝2敗、防御率3・78だ。17日の入場券は全席完売。多くの観客の前で主役を奪うつもりだ。, (C)2020,Nikkan Sports News.