とかなんとか書きましたが、チェンジしてくださっても全然かまいませんのでー!(´∀`)笑 トップページ ちょっと意外な住友林業の人気床材ランキング(オーナー46人にアンケートしてみた)【床材の画像あり】, IHとガスコンロどちらを選ぶ人が多い?選んだ理由は!?リアルな施主の口コミアンケート2020, 住友林業の標準ガスコンロが多機能で絶句!オプションの採用率が分かるアンケート結果もあり!. (ウェブ上には掲載しません), 金曜に『自家自讃』の撮影がありました!さんざん参考にしてきた『自家自讃』に載れるのは本当に嬉しいです。読んだことありますか?と聞かれたけど、うちには, 人だと思っていたのですが、当日になってビックリ、営業&ICさんは頭数に入っていませんでした。まただ, 今回はどうしても都合がつかないということで設計さんは不参加でした。っていうか設計さんが一番の主役なのでは?設計さんは後日電話インタビューを受けるそうです。, 来ていただいた方々は私の憧れの雑誌『モダンリビング』の記事も作っていらっしゃる方らしく、それを聞いて何気に緊張感が増しました!あの雑誌と同じカメラマンさんに撮ってもらえるなんて、もうねぇ、鼻血どころの話じゃないです!!!私の心臓、持つかなあっていうレベルの興奮です!!!, 本棚に置いてあった『モダンリビング』を見つけたライターさんが「この記事は僕が書いたんです」と教えてくれました。, カメラマンさんは建築写真の世界でとても有名な方のようで名前を検索すると情報がわんさか出てきます!御自身も建築が大好きで有名建築家さんの物件に住んでいらっしゃるそうです。そんな凄いカメラマンさんなのに、ご自分で運転してきました、他の人たちを乗せて!!!カッコイイ!, そんなお二人なので「うちなんかに来ていただいて大変恐縮です」って思っちゃいます。日ごろ大豪邸ばかり撮影されているカメラマンさんやライターさんにとってはショボくてつまらない家だっただろうなと思います。もうしわけないー, ネズミのキャラでお馴染のあのDという会社は著作権にものすごくうるさいらしく、こういうものが写っていると冊子がDの著作物になってしまうとか、そんな理由でした。なのでブログ内でもモザイクかけました(笑)。夢もクソもないなDってやつは。“あのネズミ”の模様の壁紙とかあるけど、そういうときは写らないようにするのが大変らしいです。, 年ぶりくらいかなあ。懐かしいです。ちょっと照れてるような営業さんをこっちからからかう悪い私。「一生からかわれるんだろうなー」って言ってました。よくおわかりで!!, 時過ぎくらいまでかかりました。途中、洗面室とかを撮影する間にお昼食べてもいいですよ、と言われたのですが「撮影を見ている方が楽しいから」とお昼も食べずに見学してました。だってこんな貴重な機会もう二度とないじゃん。見ていたいよ!, 回取材を受けているのでどういうものが邪魔かっていうのはだいたい把握していました。なのでテッシュやゴミ箱、キッチンの洗剤、空気清浄機や加湿器などは最初から撤去しておきました。, が、若杉さん、一瞬で撤去の対象に!!!「あれ、どこ行ったんだろ???」って思ってたら書斎カウンターに置いてありました, 今まではほとんど素の状態、いつもの状態を撮られました。雑貨や家具など置いてある物はほぼそのまま撮られて掲載されました。が、今回は徹底的に物を移動しての撮影でした。ちょっとでも邪魔な小物は見えない場所に移動して、イスやソファまで移動しての撮影でした。焦った!!!ソファの下は絶対に見えないからと掃除を怠っていた!!!!!移動されたらホコリが出る~!!, イスやソファが避けられた図。キッチンの洗剤ボトルもなぜかイビサフォルテの下に置いてあります。, っていうかさあ、『自家自讃』のおうち、広く見えるはずだよ。こうやって撮ってるんだもん。裏事情を知ったのでした(ほんとに広い家がほとんどなのかもしれないけど...)。, 今回撮影されたものがどんな感じで冊子になるかは分かりませんが、我が家そのままじゃないです。演出効いてます!, の撮影のときは「午前中3時間くらいです」で、家づくり雑誌の時は「午後3時間くらいです」でした。季節や時間帯によって日の入り方が強烈になったりするから撮影が難しいのは素人の私でも分かること。西日めっちゃ当たる時間帯に撮影して大丈夫なのかなあって心配してました。, 時にかけて。「もしかして時間帯で綺麗に写る場所を選んで撮ってもらえるのかなあ?まさかそんなことしないよね?たぶんうちはまた3時間くらいで撮影終わっちゃうよ」と夫と話しておりました。が、まさかの予想通り、その時間、一番きれいに写る方角に位置する部屋を選んで撮影していきました。LDKから撮影したけどお昼前くらいに家の中はいったん中断して外の撮影へ。また家の中に戻り家の中の続き。, 今回は薪ストーブは焚きませんでした。制作会社の方が悩んでいたけど季節感がチクハグになるし、中の炎は綺麗に写らないということで薪を入れるだけになりました。, 服装が薄着だし外の景色が初夏の緑に変わりつつあるのに薪ストーブ焚いたらすごく違和感が出ちゃうから焚かなくて正解だったと思います。, 薪ストーブが活躍できずに寂しいけど、こだわりのあるカメラマンの言う通りにしないとね。, 過去の取材ではカメラマンさんが撮影している間は編集やライターの方と話をしていていたのですが、今回は「コーヒーカップありますか?白っぽいのをお願いします」とか「今度は黒っぽいのをお願いします」とか「開いて置ける雑誌を持ってきてください」とか「背表紙が派手な色の本を持ってきてください」とか「文庫本サイズの本を持ってきてください」とか小物を出してくださいっていう指示が飛んできます。生活感を出したいからってことで、まるっきりきれいに片付いた部屋じゃなくて、本を読みながらお茶飲んでます~っていう読書会風になりました。, そしてリビングの撮影の時に置いたティーカップの中には持参されたお茶を入れたりしてました。ダイニングのときは黒っぽいコーヒーカップを使ったのですが、中身が同じだとヘンだということで、急いでインスタントコーヒーを作ってお手伝い。それにしても細かいとこまで徹底してるな~。, あまり写りたくないなあと思ったけど、前回同様撮られてしまいました。しかも今回は予め制作会社の女性がカメラマンさんの指示でポーズを取って構図を決めてから私が同じ格好でその場所に入るっていう徹底ぶりでした。いや、私、普段そんな優雅な姿してませんから!足をおっぴろげて薪割ってますから!!ちょっとだけモデル気分を味わえました。よくよく考えたらこんな有名なカメラマンに撮ってもらえることなんてそうそうないんだし、めっちゃ光栄なことです。ノリノリでもっと撮ってもらっちゃえばよかったよ(後悔), 目が細かい網戸とは言っても網戸は網戸。何もない状態とは見え方が違ってしまいます。なので編集用に網戸を右にしたり左にしたり動かしながらの撮影でした。, そこまで徹底するんだ~と驚きました。だったら言っておいてくれれば最初から外しておいたのになあ。, また、最初は風通しのために開けておいた窓も閉められ、鍵は全て閉める方向に統一するとか、本当に細かいところまで徹底されました。驚き以外の何物でもありません!写真も芸術のひとつっていうのはこういうことなのかなあ。, 過去の撮影では点けるか消すか、くらいであまり照明をいじることはありませんでした。が、今回は徹底的に照明の調整がなされました。何パターンも撮ってました。カメラマンさんから制作会社の方々への指示がビシバシ飛んできます。私も「そこは調光できますよ」と伝えたりして少しだけお手伝い。, 初めて見ました、高く高く伸び~る三脚!!!外観の撮影をするときめっちゃ三脚伸ばして撮ってました。うちは真正面が坂になっているから撮影は相当大変そうでした。, そしてカメラマンさんはカメラの画面をルーペで見てチェックしながら撮影してました。どうやらピントのチェックらしいです。何がなんだか私たちにはさっぱり分かりませんが、こだわりを感じます。, 人ってことが分かり「うちにはそんなにスリッパないよ~、どうしよ~、営業さんとICさんはスリッパなしでいいよね~」とひどいことを思っていたら、撮影の方たちはスリッパ持参でした!さすが慣れてますね~。うちって普段そんなにお客さん来ないし、スリッパの用意なんてしてないから非常に助かりました。うちにあるのはユニクロのスヌーピーのスリッパばかりだから友達以外のお客さんに出せないんだよねえ(←買っとけよって話), 時間くらいで終わりました。「今までで最短です」と寂しいことを言われていました。今回は部屋数の少ない我が家にも, 私は「えっ、こんなに物を移動させるの?」って思ったけど広報の人には物の移動が少なくてよかったと言ってもらえました。これでも少ない方なんだ, 。とりあえず徹底的に不要な物を片づけた甲斐がありました。そして寝室を見て「こんなにシワのない状態は初めてです。いつもシワを伸ばすのが大変なんですよ」って言われたのがめっちゃうれしかったです。ホストマザーから見て学んだ(ってほどでもないけど)ベッドメイキングが活かされたことが嬉しい!!私、基本的にはズボラですが、ヘンなところで几帳面なので例えばベッドは朝起きたらピシっと整えないと気持ちが悪いんです。一日中ピシーっとしたベッドにしておいて夜寝室に入ったときもその状態が保たれていることが私にとってはすごく重要。せっかくきれいに整えたベッドに腰かけて夫が靴下履いたりしているとキレます!, 回の取材を経験していたからこそ『自家自讃』の徹底ぶり、つまりは住友林業の徹底ぶり、本気度を知ることができて本当に興味深かったです。夫の単純な感想は「お金かかってるな~」でした。だよね、フリーの冊子にこの徹底ぶり。そりゃすみりんの家、高いはずだよ~。何もかもが一流で妥協なく徹底しているんだよ。そんなメーカーで家を建てられたこと、嬉しく思ったし、ますますこの家に愛着沸きました。住友林業を選んで間違いなかったと思えました。既にすみりんで建てた人、これから建てようか迷ってる人が読んでくれてたらこれだけは言いたい、. トップページ 住友林業の実例カタログ「自家自讃」をご紹介します。Vol.134のテーマは「つながりを楽しむ」です。ご家族の暮らしに合わせた一戸建て住宅をお探しいただけます。住友林業の木造住宅、新築一戸建て、注文住宅なら住宅メーカー・ハウスメーカーの住友林業。 30坪庭のあるひとときを追求; 25坪の工夫のあるスペース空間 えっ、これだけ?夏の電気代 -住友林業で平屋暮らし-(2019.08.29) 丸ノコ買ったはいいけれど -住友林業で平屋暮らし-(2019.08.19) 涼温房にも限界がある -住友林業で平屋暮らし-(2019.08.09) バカにできない24時間換気システム -住友林業で平屋暮らし-(2019.08.05) ©Copyright2020 びびの注文住宅で後悔しない方法ブログ|住友林業で26坪の平屋.All Rights Reserved. 住友林業の実例をご紹介します。ご家族の暮らしに合わせた一戸建て住宅をお探しいただけます。住友林業の木造住宅、新築一戸建て、注文住宅なら住宅メーカー・ハウスメーカーの住友林業。ご家族の夢をかたちにする自由設計の家づくり。 えっ、これだけ?夏の電気代 -住友林業で平屋暮らし-(2019.08.29) 丸ノコ買ったはいいけれど -住友林業で平屋暮らし-(2019.08.19) 涼温房にも限界がある -住友林業で平屋暮らし-(2019.08.09) バカにできない24時間換気システム -住友林業で平屋暮らし-(2019.08.05) 平屋は二階建てとはちょっと違う!おしゃれなで失敗しない平屋を建てるために必要な情報サイト*. 住友林業 で家を建てた方にインタビューしました。 僕の勝手なイメージですが住友林業は 和の家のイメージが強い です。 実際に家を建て方の体験談を交えつつ、少しでも住友林業の住宅のことを知っていただけたら嬉しいです。 | どうやったら載るんですか? -住友林業で平屋暮らし- », 前回のブログのことを「長すぎる!!誰が読むの?」って夫に言われたけど、「私が読むんだよ!!!」もう二度とない貴重な体験なんだから!何度も読み返して撮影の日のことを思い出してワクワクを再現するに決まってんじゃん。このブログはずーーーーっと前からそういうブログ。“どなたかの参考になるように”ってブログ始める人もいるけど、私はそんな高尚な精神の持ち主ではなーーーい。ただ単にアホ丸出しのダメダメな人生を公開しているだけなのだよ。さてさて、自宅の取材にそのままの状態の家で臨める人はそうそういないと思います。私も天気予報に沿ったスケジュール表を作って数週間かけてせっせと準備を進めました!過去2回の取材はどちらも日曜でした。なので夫が金曜に有休を取って金曜、土曜と直前に一緒に準備をすることができました。でも今回の撮影は土日お客さんとの打ち合わせがある営業さんとICさんに配慮して金曜日。建て終わって何年も経つ私たちよりは新しいお客さんの方が大事だからしゃーない。なので直前の準備は全て私一人でしなければなりませんでした(撮影当日は夫は有休取りました)。だいたいの準備は終わったな~、あとは直前に掃除すればいいな~って思っていた撮影日の3日前の火曜の夜!ここからドタバタが始まるのです!すみりん広報の人から「撮影用に料理かお菓子を作って頂けませんか?」という依頼が来ました。ほえー、マジっすか!?家の中で雄叫びあげるほど動揺しました!!!でもせっかく依頼いていただいたので作ることに。前日は徹底的に掃除したいから作るなら水曜。朝一から作り始めました。どうしようか悩んだ末、作り慣れているイチゴのケーキと失敗が少なそうな抹茶のケーキを作ることにしました。でもプレッシャーにヨワヨワの私。いつもなら絶対にしないようなミスをして見事に失敗!!!いやああ、まじでさあ、昔から本番に弱いのよ、私。模擬試験では高得点なのに受験本番で失敗するとかさあ、そんなことの繰り返し人生。今回もやっぱり失敗したよ。ボロボロのイチゴケーキと抹茶のムースが並びました。プロが撮ってくれるのに失敗ケーキ出しちゃったよー。ケーキに関しては思い出すだけで胸が苦しくなります。あー、なんてダメなんだ、私って奴は!!!まあ、きっと小さくしか映らないからバレないよね!?失敗したら最新技術で修正しますwってすみりん広報の人が言ってくれてたから大丈夫よね?しっかしバカだ、私は。このブログにすら写真貼りたくないくらいの不出来なケーキでした。抹茶の方だけ載せとこう。 実はICさんと撮影チームの方からお土産をいただきました。 ICさんから。ICさんがくれるものっていつも美しくてオシャレで美味しそうで、さすがです! そして制作会社の方から。これはきっと私が失敗したときに使おうと思って持ってきてくれたに違いない!!これ使った方がよかったよー と、直前にまさかの展開となりバタバタしました。ドタバタ劇の前の準備の話に戻って…。毎回取材のときは2週間くらいかけて少しずつ準備をします。去年の秋にオイルを塗ったので今回もオイルは無し。これだけでもだいぶラクです。でも春ってことで草との戦いが!はっきり言って外回りの草は関係ないんだけどせっかく取材に来てもらうのに草ボーボーでお迎えするわけにはいかないなと思い、今回は一番時間を割きました。むしった草もいつもはその辺に山にしてほったらかしにしておくのですが、今回はちゃんとゴミ処理場に運びました。軽トラ2往復!超ド田舎の我が家、一週間でむしった分がそのくらいになります。せっかくむしってもすぐに生えるー。草、大嫌い!!その他の大きな作業は、窓拭き: 大開口に汚れは天敵!いつものようにケルヒャー大活躍。芝を生やす: 寒冷地のせいかうちの芝はまだ緑になりきっていません。茶色の部分の方が多いくらい。なので1カ月前から毎週1回芝刈りをして生やそうとしました。が、無理でした。そこまで緑にならず。自然のものだから仕方ないよね。自然と言えば、前の週まではハナミズキもライラックもまだ咲いていたのに一気にすべての花がなくなりました。ノムラモミジも赤だったのに、数日前から黄色になって汚くなってしまいました。仕方のないことですが空気読んでくれー。ソファのシワを伸ばす: 10日前からソファを広縁に干してシワを伸ばす作戦。前回大成功してシワひとつない綺麗な状態の写真が載りました。ところが今回は夫が余計なことをしてしまった!!布団乾燥機を使ったら逆にへんな形になってしまいました。10日間の寺子屋生活(ソファに座らず床の上に座って生活することを我が家ではそう呼ぶ)が無駄に…。結果、今回は妙な線がついてしまいました。夫のバカヤロー!!!GW中のペンキ塗りも花壇づくりも壁塗りも実はこの取材の為でした。今思い返すと結構大掛かりな準備だったか。あとは細かい作業。冬の間の薪ストーブの使用ですっかり汚れた建具や家具を拭き上げたり、キッチンの人工大理石を磨いたりなどの、家中いつもよりちょっと念入りな掃除をしました。そして今回は花を準備することにしました。冬場は和室にイビサフォルテを置いているのですが、薪ストーブの季節が終わるとリビングに移動するので和室には何もなくなってしまいます。マユハナの下ががら空きなのはバランス的におかしいんです。でもちょうどいいテーブルがない!そこで今回は大きな花瓶で花を飾ることにしました。ゴミ屋敷(実家)の掃除で発掘した花瓶があります。誰かの手作りっていう感じの花瓶です。自分で活けることはできないから花屋さんに花瓶ごと持っていって「この花瓶に入れる花をお願いします。和室に置くんだけど純和風の家じゃないので枝物多めで洋風の花もちょこっと入れてください」と発注してきました。大きくて重たい花瓶を見て「何かのお祝い?」と聞かれたので家の取材ってことを伝えました。私の中では枝物とかの寂れた中に上品な花が少しっていうイメージだったんだけど、“取材”って言葉に過剰に反応した店主(70代後半くらいの女性)、張り切っちゃいました!! まさかこんなゴージャスな感じのを作ってくれるとは思いませんでした。私の侘び寂びのイメージはいずこへ?とりあえず予定通りマユハナの下に飾っておいて、邪魔だったら撤去してもらおうと思ってました。でもそのまま撮って頂けました!もしこれが載ったら花屋さんに一冊持っていこっと。 (イビサフォルテの上に散らかっている本たちはリビングの撮影用に使ったもの。この黄色い本なんて私が大学時代に使ったサリンジャーだよー。ボロボロの本です...。)ちなみにあんなに大きな花束が5千円。両手じゃないと持てないくらい重かったのに5千円ってお買い得って思いました。花瓶が大きいから1万円くらいかかるかなって警戒してたら半分でした。よかった!しかもちゃんと撮影日にも配慮していただけました。金曜が撮影だったけど前日の木曜はお店の定休日だったので取りに行くのは水曜になりました。店主は「本当はバラを入れたかったけどバラだと金曜までもたなくてせっかくの撮影のとき汚くなっちゃうからやめてカーネーションにしといたよ」と言ってくれました。花のことが全く分からなくて手入れもできないって言った私のことを考えてくれてそのままボンと花瓶に入れられる形にしてくれて、水だけ替えればちゃんと取材の日まで綺麗に咲いてくれるものを選んでくれました。優しい!当日の朝。前日までに念入りな掃除は終わってるから掃除機をかけて水回りを掃除するくらいでした。今回も夫は5時に起きて洗車してました。でも撮影の時は「車はどけてください」って言われてました笑だからいつも言ってるじゃん、車の雑誌じゃないんだってばー!!!, 本日の外気温:14℃(7:00 am)室温:22℃ 湿度:58%(6:00 am), メールアドレス: