新設したばかりの学部で学外から集めた講師が多く授業が充実しています。文系でも理系でもあるという感じで他の文系学部と同じように多様な選択科目の中から好きなものを選びます。そこにプログラミングなどが入ってきます。(在校生 2019年度入学), さまざまな経歴を持った講師による授業が数多く設けられています。1年次必修のプログラミング基礎では、プログラミングの仕組みを学ぶだけでなく、実際にプログラミングを用いて一人一人独自のアプリを作るなど、応用的な技術を習得できます。また新設学部ということもあり、講師達の授業も気合が入ったものとなっていて、学びがいがあります。(在校生 2019年度入学), わかりやすく詳しく教えてくれる モヤモヤさまぁ〜ず2; ショウ君のペラ1; まさかのホントバラエティー イカさまタコさま→イカさま☆タコさま 志望動機. ... 中央大学法学部キャンパスは 文京区のど真ん中にる国のエリート養成機関と思ってくれ . 中央大学 法学部中退 . 館内には施設として、レストラン・喫茶店・キャリアセンター支部などが入る。, 主に卒業生組織である学員会が使用するほか、大学入試や経理研究所の社会人講座などで利用されている。 略歴. 情報や法律やグローバル科目を多様に学べる(在校生 2019年度入学), 卒業生はまだ出ていません。私たちの代が一期生です。メディア系やプログラマーに進む人も出てきそうだなって感じです(在校生 2019年度入学), 新設学部なので就職実績はまだありませんが,NTTやソフトバンクなどの通信事業社や防衛省のサイバー部門、外資系コンサルティング会社やゴールドマンサックスなどの外資系企業などの説明会や講演会が頻繁に行われています。(在校生 2019年度入学), 色々な講座もあるが多摩キャンのみのものが多いため、市谷田町キャンパスの人が行けるものは少ないから(在校生 2019年度入学). 最終更新日時:2020/11/12 01:21:00. Copyright ©みんなの大学情報. 俺慶應生で早慶全落ちしたらセン利中央法と明治政経法しか選択肢になかったけど、中央法>>明治政経≧明治法くらい差があるよ.   >>  国際情報学部, 2021年度の入試から、大学入学センター試験が大学入学共通テストに変わります。 また、学員以外の一般団体へも貸し出されており、研修会・講演会などに利用されている。, 2019年9月、「Chuo Vision 2025」の中間報告のなかで、駿河台記念館を2023年度までに建て替えたうえで、専門職大学院法務研究科(法科大学院)および戦略経営研究科を収容する計画を公表した。なお、現在法科大学院が使用している市ヶ谷キャンパスの処遇については触れられていない。, 一般学生および留学生を対象とする寮として2011年に国際寮を、2012年に国際交流寮を設置している。, 国際寮はJR豊田駅から北へ徒歩約8分に設置されている。UR都市機構の旧多摩平団地一棟(64戸)を借り上げ、1戸(3DK)に3人(留学生、交換留学生、日本人学生)で入居している。, 国際交流寮は京王線聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩8分に設置されている。国際寮とは異なり、個室タイプで一室に1名の学生が入居している。, 一部専用の寮・合宿所を設置している部もあるが、スポーツ推薦入試制度を導入している部のほとんどの部員が南平寮で生活をしている。体育連盟として共同寮を設置されることも、これほどの規模で運営されることも極めて稀である。, 1885年(明治18年)7月の英吉利法律学校創設時より使用されたキャンパス。東京府神田区神田錦町2丁目2番地に所在していた。, 1923年(大正12年)9月1日の関東大震災で大打撃を受け、応急復旧は施したものの、震災後の大学再建計画のためには校地移転が不可欠と判断されたため、1926年(大正15年)8月に駿河台キャンパスを完成させ、移転した。同地は電機学校(現:東京電機大学)に売却され、同大学が北千住に移転する2012年3月まで神田キャンパスとなっていた。2012年4月以降は住友商事による再開発が行われる。, 1926年8月から1980年(昭和55年)3月まで使用されたキャンパス。東京都心の神田駿河台地区(現:三井住友海上駿河台ビル一円)に所在していた。, 高度経済成長期に入学者が増加して校舎が手狭となり、当時都心部にあった大学の郊外への移転が推進されていたこともあり、1978年(昭和53年)4月に多摩キャンパスに移転した。ただし新入生と在学生のうち2年生、3年生が多摩に移り、4年生は引き続き駿河台キャンパスでの就学が継続されたため、1980年(昭和55年)まで授業が行われた。現在、駿河台キャンパスの一部敷地(旧:大学会館跡)には駿河台記念館が建てられている。, 秋元春朝邸跡に、建築家阿部美樹志の設計により1935年(昭和10年)8月完成。建設費39万5000円、収容人員5324人[PR 16]。自由民主党の結党大会は1955年(昭和30年)11月15日に中央大学講堂で実施された。日本社会党も党大会を同講堂で実施することが多かった。同講堂は多摩への移転時に取り壊されており、現存しない。, 中央大学創立100周年を記念して1985年(昭和60年)7月8日に駿河台校舎南門跡地に設置された。ブロンズ仕上げの碑面には村上茂利による碑文が刻まれており、現存している。, 「法科の中央」と呼ばれ[8]、行政科・司法科・外交科に分かれていた高等文官試験において、行政科では東京大学、京都大学に次ぐ3番目の合格者数、司法科では東京大学に次ぐ2番目の合格者数であった。当時から司法分野で優れた結果を残していた。, 旧司法試験での出身大学別司法試験合格者数は、1951年(昭和26年)から1970年(昭和45年)まで20年連続で1位であった。しかし、学生運動の激化や多摩移転の影響もあって低迷期を迎え、1970年代から1980年代にかけて東京大学と1位を争うようになり「中東戦争」とまで言われた[9]。その後は、3位 - 5位まで順位を下げていたものの、トップ5の常連としての地位を確立していた。, 第1回目(2006年度)の司法試験では、中央大学法科大学院出身者(受験者数239名、最終合格者数131名)が合格者数1位であった[PR 22]。その後は、2012年度及び2015年度に1位の座を獲得している[10]。, 公認会計士試験合格者数は、試験開始年から1970年頃まで1位であった。しかし1970年代に慶應義塾大学、80年代前半に早稲田大学に抜かれ低迷期が訪れることとなる。1980年代後半から1990年代には東京大学や一橋大学にも抜かれ、5位 - 7位まで順位を下げていたものの、経理研究所の強化(専任講師の増員、WEB授業の導入)や試験制度変更により、2000年代以降は3位前後をキープしている。また、税理士試験に関しては合格者数1位を維持している。, 『タイムトラベル中大125:1885→2010』 コラム(21) 「白門の由来」も参照, 「白門(はくもん)」という異称が大学の文献に初めて登場するのは、1928年(昭和3年)に学生サークルである政治学会と辞達学会(弁論部)が共同主催で募集した、学生歌の一節であるという。後に中大職員となる同歌の作者は、朝日新聞の取材に対して、「(正確には記憶していないが)大学の徽章が白かった(から白門では)」と回顧している[11]。, 「白門」の考案者は実はその職員で、東大の赤門、早大の稲門、日大の桜門などからヒントを得たとも語っている[PR 23]。, ただし、実際に「白門」が多用されるようになったのは戦後からで、戦前世代にはそれほど浸透していなかったとの証言もある。, 実際の建造物としての白門は、1959年(昭和34年)7月に当時の駿河台校舎に幅1.2m、高さ3.6mの白御影つくりの正門が建設されている(現存せず)。また、白門の一部(かつての駿河台校舎の門柱・玄関)をイメージしたものは、多摩キャンパス内に移設され「100周年記念ステージ」として保存されている。また、後楽園キャンパス正門の色も白であり、「白門」と呼ばれている。徽章や門が白い理由は通信教育課程で教授等の話[要出典]によると「何ものにも染まらないという意思の表れ」であるという[注釈 4]。, 2003年(平成15年)12月12日、中国共産党による介入を受け中央大学の学内施設の貸出許可が取消されたことにより、中央大学の学生団体が急遽「よみうりランド会館」に会場を変更、台湾とを繋いだ李登輝元台湾総統によるインターネット講演会が行われた。, 学校法人中央大学では、中央大学の附属学校として4校の高等学校と2校の中学校を設置していることが特徴である。, 初めて中等教育に進出したのは1928年(昭和3年)の中央大学商業学校設置からである。この中央大学商業学校を前身として1948年(昭和23年)に中央大学高等学校が設置された。また1952年(昭和27年)には学校法人杉並学園と合併して杉並高等学校を中央大学杉並高等学校に改称するとともに杉並中学校は廃止した。この中央大学杉並高等学校は1963年(昭和38年)に小金井市に移転したのを期に中央大学附属高等学校に改称した。なおこの移転と同時に、校名と校地・校舎を引き継いで改めて中央大学杉並高等学校が設置された。2010年(平成22年)にははじめての附属中学校として中央大学附属高等学校に中学校を併設している。更に2010年(平成22年)には学校法人横浜山手女子学園と合併して横浜山手女子中学・高等学校を中央大学横浜山手中学・高等学校に改称した。, 法学部 | 経済学部 | 商学部 | 理工学部 | 文学部 | 総合政策学部 | 国際経営学部 | 国際情報学部, 法学研究科 | 経済学研究科 | 商学研究科 | 理工学研究科 | 文学研究科 | 総合政策研究科 | 公共政策研究科 | 国際会計研究科 | 法務研究科 | 戦略経営研究科, 英吉利法律学校 | 明治義塾 | ミドル・テンプル | 東京英語学校 | 中央大学商業学校 | 中央工業専門学校 | 目白中学校(杉並高等学校) | 横浜山手女子中学校・高等学校 | 文京区立第三中学校, 野球部 | サッカー部 | ラグビー部 | バスケットボール部 | バレーボール部 | 陸上競技部 | 水泳部 | ボート部, 経理研究所 | 法職研究室(多摩・市ヶ谷) | 学術研究団体連合会(真法会等の学研連諸団体), 多摩キャンパス | 後楽園キャンパス | 市ヶ谷キャンパス | 市ヶ谷田町キャンパス | 中央大学駿河台記念館 | 旧中央大学講堂, 慶應義塾大学 | 中央大学 | 法政大学 | 明治大学 | 立教大学 | 早稲田大学, アーク | 菊池製作所 | コラボ産学官 | 三愛電子工業 | JNC | タイムインターメディア | TIS, AMEC | SMK | エリジオン | 小林工業 | 三栄機械 | ダイセン・メンブレン・システムズ | トヨタ自動車 | 日本精工 | 武蔵エンジニアリング, 科学技術振興機構 | 産業技術総合研究所 | 情報通信研究機構 | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | 電子情報技術産業協会, 共立女子大学 | 順天堂大学 | 専修大学 | 玉川大学 | 中央大学 | 東京電機大学 | 東京理科大学 | 東洋大学 | 日本大学 | 法政大学 | 明治大学, 大阪大学 | 神戸大学 | 東京都立大学 | 東京農工大学 | 東北大学 | 名古屋大学 | 明治大学 | 早稲田大学, 大阪府立大学 | お茶の水女子大学 | 香川大学 | 九州大学 | 京都大学 | 熊本大学 | 慶應義塾大学 | 上智大学 | 西南学院大学 | 総合研究大学院大学 | 中央大学 | 筑波大学 | 東京工業大学 | 東京理科大学 | 同志社大学 | 長岡技術科学大学 | 日本大学 | 一橋大学 | 法政大学 | 北陸先端科学技術大学院大学 | 北海道大学 | 横浜国立大学 | 立教大学 | 立命館大学 | 琉球大学, 人文社会系研究科 | 教育学研究科 | 経済学研究科 | 総合文化研究科 | 理学系研究科 | 工学系研究科 | 農学生命科学研究科 | 医学系研究科 | 薬学系研究科 | 数理科学研究科 | 新領域創成科学研究科 | 情報理工学系研究科 | 学際情報学府, エックス・マルセイユ第1大学 | エックス・マルセイユ第2大学 | エックス・マルセイユ第3大学 | ブサンソン大学 | ブレーズ・パスカル大学 | ボルドー第1大学 | ボルドー第2大学 | ボルドー第3大学 | ボルドー第4大学 | セルジー・ポントワーズ大学 | サヴォア大学 | 社会科学高等研究院 | フランス国立高等研究院 | カシャン高等師範学校 | リヨン高等師範学校 | ユルム高等師範学校 | グルノーブル第1大学 | パリ政治学院 | 国立東洋言語文化学院 | 国立グルノーブル理工科学院 | 国立トゥールーズ理工科学院 | リール第1大学 | リヨン第1大学 | リヨン第2大学 | リヨン第3大学 | マルヌ・ラ・ヴァレ大学 | メッス大学 | モンペリエ第2大学 | ミュルーズ大学 | ナント大学 | パリ第1大学 | パリ第2大学 | パリ第3大学 | パリ第4大学 | パリ第5大学 | パリ第6大学 | パリ第7大学 | パリ第8大学 | パリ第9大学 | パリ第10大学 | パリ第11大学 | パリ第12大学 | パリ第13大学 | ポー大学 | レンヌ第1大学 | レンヌ第2大学 | ストラスブール第1大学 | ストラスブール第2大学 | ストラスブール第3大学 | トゥールーズ第1大学 | トゥールーズ第2大学 | トゥールーズ第3大学 | トゥール大学 | ヴェルサイユ・サン・カンタン大学, 北海道大学・大学院教育学院 | 札幌学院大学大学院・臨床心理学研究科 | 札幌国際大学大学院・心理学研究科 | 北翔大学大学院・人間福祉学研究科 | 北星学園大学大学院・社会福祉学研究科 | 北海道医療大学大学院・心理科学研究科, 東北大学大学院・教育学研究科 | 尚絅学院大学大学院・総合人間科学研究科 | 東北福祉大学大学院・総合福祉学研究科, 福島大学大学院・人間発達文化研究科 | 福島学院大学大学院・心理学研究科 | 医療創生大学大学院・人文学研究科, 筑波大学大学院・人間総合科学研究科 | 茨城大学大学院・教育学研究科 | 常磐大学大学院・人間科学研究科, 埼玉工業大学大学院・人間社会研究科 | 跡見学園女子大学大学院・人文科学研究科 | 埼玉学園大学大学院・心理学研究科 | 駿河台大学大学院・心理学研究科 | 人間総合科学大学大学院・人間総合科学研究科 | 文京学院大学大学院・人間学研究科 | 文教大学大学院・人間科学研究科 | 東京国際大学大学院・臨床心理学研究科 | 立教大学大学院・現代心理学研究科 | 早稲田大学大学院・人間科学研究科, 東京大学大学院・教育学研究科 | お茶の水女子大学大学院・人間文化創成科学研究科 | 青山学院大学大学院・教育人間科学研究科 | 桜美林大学大学院・心理学研究科 | 大妻女子大学大学院・人間文化研究科 | 学習院大学大学院・人文科学研究科 | 国際医療福祉大学大学院・医療福祉学研究科 | 駒澤大学大学院・人文科学研究科 | 駒沢女子大学大学院・人文科学研究科 | 聖心女子大学大学院・文学研究科 | 白百合女子大学大学院・文学研究科 | 昭和女子大学大学院・生活機構研究科 | 上智大学大学院・総合人間科学研究科 | 創価大学大学院・文学研究科 | 大正大学大学院・人間学研究科 | 帝京大学大学院・文学研究科 | 東京家政大学大学院・人間生活学総合研究科 | 東京女子大学大学院・人間科学研究科 | 東京成徳大学大学院・心理学研究科 | 東洋英和女学院大学大学院・人間科学研究科 | 日本大学大学院・文学研究科 | 法政大学大学院・人間社会研究科 | 武蔵野大学大学院・人間社会研究科 | 明治大学大学院・文学研究科 | 明治学院大学大学院・心理学研究科 | 明星大学大学院・人文学研究科 | 目白大学大学院・心理学研究科 | 立正大学大学院・心理学研究科 | ルーテル学院大学大学院・総合人間学研究科, 川村学園女子大学大学院・人文科学研究科 | 淑徳大学大学院・総合福祉研究科 | 聖徳大学大学院・臨床心理学研究科, 横浜国立大学大学院・教育学研究科 | 神奈川大学大学院・人間科学研究科 | 北里大学大学院・医療系研究科 | 専修大学大学院・文学研究科 | 東海大学大学院・文学研究科 | 日本女子大学大学院・人間社会研究科, 名古屋大学大学院・教育発達科学研究科 | 愛知教育大学大学院・教育学研究科 | 愛知学院大学大学院・心身科学研究科 | 愛知淑徳大学大学院・心理医療科学研究科 | 金城学院大学大学院・人間生活学研究科 | 椙山女学園大学大学院・人間関係学研究科 | 中京大学大学院・心理学研究科 | 同朋大学大学院・人間福祉研究科 | 日本福祉大学大学院・社会福祉学研究科 | 人間環境大学大学院・人間環境学研究科, 京都大学大学院・教育学研究科 | 京都教育大学大学院・教育学研究科 | 京都先端科学大学大学院・人間文化研究科 | 京都光華女子大学大学院・心理学研究科 | 京都女子大学大学院・発達教育学研究科 | 京都橘大学大学院・健康科学研究科 | 京都文教大学大学院・臨床心理学研究科 | 京都ノートルダム女子大学大学院・心理学研究科 | 同志社大学大学院・心理学研究科 | 花園大学大学院・社会福祉学研究科 | 佛教大学大学院・教育学研究科 | 立命館大学大学院・応用人間科学研究科 | 龍谷大学大学院・文学研究科, 大阪大学大学院・人間科学研究科 | 大阪府立大学大学院・人間社会学研究科 | 大阪市立大学大学院・生活科学研究科 | 大阪経済大学大学院・人間科学研究科 | 大阪樟蔭女子大学大学院・人間科学研究科 | 追手門学院大学大学院・心理学研究科 | 関西福祉科学大学大学院・社会福祉学研究科 | 近畿大学大学院・総合文化研究科 | 梅花女子大学大学院・現代人間学研究科, 神戸大学大学院・人間発達環境学研究科 | 兵庫教育大学大学院・学校教育研究科 | 関西国際大学大学院・人間行動学研究科 | 甲子園大学大学院・心理学研究科 | 甲南大学大学院・人文科学研究科 | 甲南女子大学大学院・人文科学総合研究科 | 神戸学院大学大学院・人間文化学研究科 | 神戸女学院大学大学院・人間科学研究科 | 神戸松蔭女子学院大学大学院・文学研究科 | 神戸親和女子大学大学院・文学研究科 | 武庫川女子大学大学院・文学研究科, 奈良女子大学大学院・人間文化研究科 | 帝塚山大学大学院・心理科学研究科 | 天理大学大学院・臨床人間学研究科 | 奈良大学大学院・社会学研究科, 岡山大学大学院・教育学研究科 | 川崎医療福祉大学大学院・医療福祉学研究科 | 吉備国際大学大学院・心理学研究科 | 就実大学大学院・教育学研究科 | ノートルダム清心女子大学大学院・人間生活学研究科, 広島大学大学院・教育学研究科 | 比治山大学大学院・現代文化研究科 | 広島文教大学大学院・人間科学研究科 | 安田女子大学大学院・文学研究科, 山口大学大学院・教育学研究科 | 宇部フロンティア大学大学院・人間科学研究科 | 東亜大学大学院・総合学術研究科, 徳島大学大学院・総合科学教育部 | 鳴門教育大学大学院・学校教育研究科 | 徳島文理大学大学院・人間生活学研究科, 九州大学 大学院・人間環境学府 | 福岡教育大学大学院・教育学研究科 | 福岡県立大学大学院・人間社会学研究科 | 九州産業大学大学院・国際文化研究科 | 久留米大学大学院・心理学研究科 | 福岡大学大学院・人文科学研究科 | 西南学院大学大学院・人間科学研究科 | 福岡女学院大学大学院・人文科学研究科, 北海道教育大学大学院 教育学研究科 | 東京学芸大学大学院 教育学研究科 | 新潟大学大学院 教育学研究科 | 熊本大学大学院 教育学研究科 | 琉球大学大学院 教育学研究科 | 岩手県立大学大学院 社会福祉学研究科 | 東京都立大学大学院 人文科学研究科 | 中央大学大学院 文学研究科 | 放送大学大学院 文化科学研究科, 九州大学 大学院人間環境学府 | 鹿児島大学大学院 臨床心理学研究科 広島国際大学大学院 心理科学研究科 | 帝塚山学院大学大学院 人間科学研究科 | 関西大学大学院 心理学研究科 | 帝京平成大学大学院 臨床心理学研究科, 東京法学社⇒東京法学校⇒和仏法律学校(現法政大学)明治法律学校(現明治大学)関西法律学校(現関西大学)東京仏学校(東京法学校と統合し和仏法律学校へ)京都法学校(京都法政学校に吸収), 専修学校(現専修大学、ただし法律科は1893年に生徒募集を停止したため、法学部との連続性はない)東京専門学校(現早稲田大学)英吉利法律学校⇒東京法学院(現中央大学)慶應義塾大学部(現慶應義塾大学)同志社政法学校(廃止), 私立法律学校特別監督条規 - 特別認可学校規則 - 司法省指定学校 - 民法典論争 - 専門学校令, 商法講習所⇒東京商業学校⇒高等商業学校⇒東京高商⇒東京商科大学⇒東京産業大学⇒東京商科大学神戸高商⇒神戸商業大学⇒神戸経済大学, 私立・府立大阪商業講習所⇒府立・市立大阪商業学校⇒市立大阪高商⇒大阪市立高商⇒大阪商科大学, (山口高校から転換⇒)山口高商 / 長崎高商(⇒長崎工経専を併設)(1905年)小樽高商(1910年) / 名古屋高商(⇒名古屋工経専を併設)(1920年) / 福島高商 / 大分高商(1921年)彦根高商(⇒彦根工専に転換⇒彦根経専に復帰) / 和歌山高商(⇒和歌山工専に転換⇒和歌山経専に復帰)(1922年)横浜高商(⇒横浜工経専を併設) / 高松高商(1923年) / 高岡高商(⇒高岡工専に転換)(1924年), 東洋商専(1903年・1908年廃止) / 高千穂高商(1912年)明治学院高商部(⇒青山学院・関東学院両高商部を統合)(1917年) / 東北学院商科(1918年)大倉高商(1920年) / 西南学院商科(1921年) / 松山高商(1923年)関東学院高商部(⇒明治学院へ統合) / 青山学院高商部(⇒明治学院へ統合)(1927年)巣鴨高商 / 女子経専(1928年) / 日本女子高商(1929年) / 同志社高商(1930年)鹿児島高商(1932年) / 浪華高商(⇒昭和高商として再設立⇒大阪女子経専を併設)(1932年)福岡高商(1934年) / 関西学院高商(1935年) / 善隣高商(⇒外専に転換)(1939年 - 1944年)甲陽高商(⇒甲陽工専に転換)(1940年) / 福知山高商(⇒松山経専に統合・福知山工専に転換)(1941年)日本経専(1946年), 京城高商(1907年・1922年官立移管) / 大連高商(1936年・1941年官立移管)(普成専門学校から転換⇒)京城拓殖経専 / (延禧専門学校から転換⇒)京城工経専 / (北京興亜学院から転換⇒)北京経専(1944年), 東京商大附属商専(⇒附属工経専を併設)(1920年) / 神戸商大附属経専(1946年), 早稲田大専門商 / 明治大専門商 / 法政大専門高商 / 中央大専門商 / 日本大専門商(1920年)立命館大専門高商 / 関西大専門高商(1922年) / 専修大専門商(1923年)早稲田専門学校商科(1924年) / 拓殖大専門商 / 日本大大阪専門学校商科(1925年)上智大専門商(1931年) / 東亜同文書院大専門商(1943年), 老教授は(OB会を)錦会、中堅クラスは南甲クラブといって“白門”はピッタリこないといいますね。いずれも古い時代の校舎のあった町の名です。, 同討論会は1890年7月まで13回開催された(専修大学出版局 『専修大学百年史』 上巻、1981年、607-621頁)。, この時点で駿河台校舎は夜間部校舎として残す方針だった(『中央大学百年史』 通史編下巻、522-525頁)。, 「東大首位に返り咲く 司法試験の合格者中大抜き20年ぶり」朝日新聞 1971年10月2日付朝刊、第23面, University of London International Programmes, 公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会 掲載リストに基づく(2017年4月1日 時点), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=中央大学&oldid=80309994, 5月 - 失火のため再び校舎・図書館を全焼、奥田文庫(ビルクマイヤー文庫)を失う。, 4月 - 法学部・経済学部・商学部・理工学部2部募集停止。法学部・商学部・総合政策学部でフレックス制開設。, 4月 - 理工学部に生命科学科を設置、戦略経営研究科戦略経営専攻(経営大学院;ビジネススクール)を開設、FLPに地域・公共マネジメントプログラムを開設。, 旧制中央大学予科生だった藤江が、1944年召集令状を受け取った学友のために島崎の詩にメロディーをつけて作曲した, 白門を表す白色で大学と中央の文字をあしらった校章のほか、「C」のシンボルマークもよく知られている。, 電気・情報系の博士後期課程3専攻(電気電子情報通信工学専攻、情報工学専攻、情報セキュリティ科学専攻)を統合し、2017年4月開設。, 学術連盟(主に仮執行体制以前から学友会に所属する学術系部会が所属。炎の塔所属の学生研究室連盟(学研連)とは別物である), 文化連盟(本来は仮執行体制以前から学友会に所属する文化系部会が所属する連盟であるが、後述の学芸連盟成立後も新しく公認される部会も多く、その棲み分けは曖昧になりつつある。), 学芸連盟(仮執行体制解消時に設立された連盟。以降新しく公認団体となる部会も多く、文化連盟との差はなくなりつつある。), 体育同好会連盟(体育連盟に当該種目の既存部会が存在するため、代表権を有さないスポーツ部会。本来は仮執行体制解消時に存在した部会のうち体育連盟への移行基準を満たしていなかった部会による連盟である), 正門(白門):中央大学の異称である白門を模した物である。記念撮影スポットとなっている。, 食堂や生協施設のほか、学員の支援により設置され、室内後方には見学用座席も設けられている「模擬法廷」や、主に法科大学院学生用の書籍を中心に収蔵している図書館がある。.