(国産車よりは間違いなく費用が掛かるというのが一般的な状況みたいです) BMWだからです。 ベンツにはベンツ専用の承認タイヤというものがあります。このタイヤは普通のタイヤと比べて少し値段が高くなっています。なぜ承認タイヤは高いのか?一般的なタイヤとの違いは?承認タイヤを安く買う方法は?高級車の代名詞ベンツのタイヤとはどういったものか? 直接交換依頼する場合の東京都内や千葉県西部エリアで信頼できるお店をご存知でしたらご教授ください。よろしくお願いします。 が、民主党公認超貧乏人の私には消費税率10%は非常に厳しいですがね。 よろしくお願いします。, 私は平成16年式のBMW735Iに乗っておりまして、おかげさまで9年目になりました。 走行距離が3万キロ近くなった事だし、ランフラットの中でもコンフォート系のタイヤがあればなあと探していると、横浜タイヤのアドバン・スポーツZPSがなかなか評判が良いとの事でした。 量販店でのオイル交換は一抹の不安もあり、いままでは正規ディーラーで交換していたのですが、ディーラーですと24000円(フィルター+工賃込)ほどします。 新車から8年も使っていたからそろそろ寿命かと思い、ディーラーで新品と交換しました。 どうにもこうにも「乗り午後地が固い」です(これでも良くなった方らしいですが)。 新車で購入し、8年間とか乗り、「後1年とか乗って買い直そう」という感じだと想定しました。 この状態でも、セルは回りますがね。 ただ、価格差が大きいので次もピレリかも知れません。 ディーラーのレベルって?ディーラーのピットで交換するのか?タイヤ業者ではないでしょうか? 車は、長く乗ろうと考えた時に、どうせならきちんと整備して・・・とお金を投資するという事があると思います。 ・タイヤの内側に車体を支える樹脂などのわっかの付いた物。 ファッションも同様。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, スタッドレスタイヤ 雪国ではブリジストンですか? メーカーのランクなど 色々教えてください, ミシュランのスタットレスタイヤは方法が決まっているため右のタイヤを左にはローテーション出来ないとは本, BMWがランフラットタイヤなので乗り心地が悪くて嫌いです。そこでレグノに履き替えようと思うのですが、, BMW 218d アクティブツアラー ランフラットタイヤを装着してますが、ノーマルタイヤへの付け替え. 標準装備としてランフラットタイヤが付いています。 お金持ちだから 気にしないのでは?外車ディーラーなど 車両価格以上の 割高工賃を取り 金持ちから金を巻き上げる(整備士が意味なく白衣など着て) ここに傷が入ればタイヤとしては空気漏れを起してしまうので役に立ちません。(お店の技量の差になります。) 私のベンツÇクラス W205 は後輪駆動でして、最近走行中に何となく後輪が滑り、車線変更の度に車体が横スベリする感じがします。既に45000km近くを走行しているため、そろそろタイヤ交換が必要と判断。そこでベンツCクラス(W205)のタイヤ交換についていろいろ調べてみました。 そしたら、請求書を見てビックリ! 記事 ランフラットタイヤとは、タイヤが釘を踏んだりして空気が抜けて空気圧がゼロになっても走行可能なタイヤです。タイヤのサイドウォール(タイヤの側面)に補強材が入っており、ここで車両重量を支えつつタイヤのクッションを兼ねています。, また、空気がゼロになっても時速80キロで距離100㎞の走行可能なような強度で設計されています。よって、日本であればよほどの場所でなければパンクしても近くの修理工場までは何とか走れます。パンクのセンサーとして、プレッシャーモニタリングシステムとセットになっています。従来のラジアルタイヤでは、パンクした瞬間にハンドルが取られて事故となったり、走行不能となる恐れがありました。また、高速道上でスペアタイヤへの脱着作業は、非常に危険が伴います。 (3)コンビで装着する場合、お勧めのノーマルタイヤをご存知でしょうか? ディーラーのレベルって?ディーラーのピットで交換するのか?タイヤ業者ではないでしょうか? が、ベンツ・BMW・サーブ・ボルボ・VWなどEU諸国の外車が常時入庫してます。 これも、乗り心地などの改善が進んだ結果、高級車としてのタイヤ性能や乗り心地の品質を損なわず、パンクした場合の安全性やメリットが上回ってきた結果です。 表記の件ですが、今年初めにバッテリーが上がってしまいました。 まぁ、基本的に、トラブルは自己責任で、それを未然に防いで節約するか、壊れるまでほって置いて、高い修理代(安いかもしれませんが)を泣く泣く払うかと言う部分でもあります。, 車検と言うのは、保安基準と言う物に最低限あって居るのかと言う事を確認するだけの検査です。 http://response.jp/article/2015/01/14/241650.html 車は、長く乗ろうと考えた時に、どうせならきちんと整備して・・・とお金を投資するという事があると思います。 ディーラーに説明を求めたら、専門用語を言われてサッパリわかりません・・ 表記の件ですが、今年初めにバッテリーが上がってしまいました。 BMWも同様。 Extended Mobility Technologyのブランド名で、商品名の末尾に略称の「EMT」という表示。, Zero Pressure System(ゼロ・プレッシャー・システム)のブランド名で、商品名の末尾に略称の「Z・P・S」という表示。, TOYO RUN FLATのブランド名で、商品名の末尾に略称の「TRF」という表示。, DUNLOP Self-Supporting Technologyのブランド名で、商品名の末尾に略称の「DSST」という表示。, Zero Pressureのブランド名で、商品名の末尾に略称の「ZP」という表示。, Radar Runflat Insert Technologyのブランド名で、商品名の末尾に略称の「RRIT」という表示。, 突然のパンクにおいても絶対的な安全性を確保します。ランフラット装着車は基本的にスペアタイヤを積んでいません。その分、限られた荷室スペースを有効活用できます。, 一般モデル向けに標準装着が遅れている点は、やはりコストです。ラジアルタイヤに比べて2割以上も価格が高くなります。それが、一般車両への標準装備化が遅れている理由です。高級車に限って言えば、それは新車価格に含まれており、コスト増とは感じないでしょう。しかし、次の新品タイヤ購入費用が高いと感じる方が多かったようです。(2010年以前) >BMWはワザと壊れやすく設計していて、整備で儲けようと考えているのでは? ノーマルタイプ、ハイグリップタイプのラジアルタイヤとランフラットタイヤとの価格差は平均で3割程度UPと考えた方が良いでしょう。, 高級車、外車を維持する方にとって、2010年以前は10万円超の価格差がありました。 > 1 ディーラーでなくてもちゃんと車検が通るのか 客は、高い工賃を支払らえるステイタスに酔いしれるのでは? 外面修理なら作業自体は通常のタイヤと変わりませんが、修理した部分の強度的問題は残ります。 車種によって、異なりますが・・・。, >バッテリーを測ると80%ということですが、  2 オイルはきちんと適合したものがディーラーでなくても交換できるのか ランフラットタイヤは構造的に複数あります。 ランフラットタイヤを外せる機械が有るショップなら 問題ないですよ サイズによってはあまり選択が出来ない場合があります。, BMW X5(E70) 用ランフラットタイヤの交換について教えてください。 レクサスやBMW、メルセデスの標準タイヤに指定されていることは、高級車だけが装備していることになります。 買う時に数十万、毎年車種などで更新されるのでさらに数十万も掛かります。 当然です ディーラーは、中間マージンを上乗せするだけなので 割高になります。 そのあたりが乗り心地の悪さに繋がっていますが、車両や足回りを含めてランフラットタイヤに合わせたセッティングとなっています。 安くと考えられている様ですが、このコンピューターに蓄積されているエラーなどを確認するためには、結構な金額が掛かるモニターが必要になります。 そのハイテクの部分のトラブルは、コンピューターに記録されて居ます。 今の車で、特にヨーロッパ車は日本車よりもずっとハイテク化が進んでいます。 他にも回答がありましたが・・・。 ランフラットタイヤを標準装着している車は、高級車としての特権であり、格安タイヤ求める購入層とは違うというコンセプトを理解することが必要です。, BMW用としては、ほぼ100%対応していると言ってもよく、ホイール選びで困ることはないでしょう。 外車の整備をされている方や、そういう関係に詳しい方がいらっしゃったら、 今政争になっている消費税率が10%になっても、民主党公認の庶民には痛くも痒くもありませんよね。 一般的にオイルは、アンダーカバーを開けると、オイルパンというものがエンジンの下部に付いており、ここのドレンプラグを開きますとエンジンオイルが抜ける。 10年前は2倍以上の価格差であったものが、かなり価格差は接近してきました。最大のメリットであった価格を理由にノーマルタイヤを選ぶ理由は無くなっています。  できるだけ安価に車検を通したいのですが、オイルやタイヤなどは一般の店では交換ができないようなことを聞きました。街中のディーラーでない車検ができるお店でも大丈夫なのでしょうか。 今の車で、特にヨーロッパ車は日本車よりもずっとハイテク化が進んでいます。 (1)車に支障の出ることはありますか? しかし、国産車では考えられない故障であることは明確ですし、 オールドMINI、オペル、シトロエン、フィアット・・・。 BSタイヤ館などは、工賃・販売価格ともに割高です。 今は標準装備のBS社のポテンザRE050というタイヤを履いています。 質問者さまも、安心できる近所の車検整備工場を探してみては!, >なんでこんなに高いの?? #終わってから額を伝えるというのは、業種関係なく不親切ですよね。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 問題というのは、極端な言い方をすれば、ドレンプラグを締め付けが弱いとかの場合、オイルが漏れる可能性とかもあると思うのです。 車検が終わったから2年間安心して車に乗れると言う事を保証してくれる検査では無いと言う事を十分理解されてください。 実物大のタ○ヤ製プラモデルと割り切ると、楽しいですよ。 知り合いのセールスから小耳に挟んでいたので書いたのですが、今ちょっと調べて見ました。 https://bmwfun.x0.com/cgi-bin/tv/bmw_v65.html, ランフラットタイヤ専用のサスセッティングであり、ラジアルタイヤ変更により、操縦安定性が崩れると指摘する意見もある。, A5:ノーマルタイヤは、サイドウォールが柔らかいので当然の結果。ノーマル設定が崩れるため腰砕けの弊害も。, A8:パーツ番号は同じという理由ですが、ランフラット専用です。ラジアルタイヤ想定した中立ではなく、ランフラット寄りセッティングなのです。. 実際にポテンザからアドバンに交換された方がおられたら質問したいのですが、アドバンZPSの乗り心地はどうですか? あるサイトでは別の車のようになった印象があると絶賛していたのですが ・・・ (スタンド・カー用品店では、車検毎に交換を営業してますがね) BMWだと、外車が得意な町の車検修理工場でも修理が出来ます。 自動車の使用環境で異なりますが、充電状態が62%以下及び比重が1.22以下になれば交換時期ですね。 タイヤショプの方が プロの職人が作業しますし タイヤ売ってるだけの商売です メインの作業に対しての 責任と保証は確実 ディーラーなどを 間に介したほうが 話が伝わりにくいとか 時間と手間が掛かり クレーム対処も遅れます。 (ディーラーからも、修理依頼があるようです) 質問者さまの場合、何年目なのでしようか? 質問者さまの場合、何年目なのでしようか? 新車から8年も使っていたからそろそろ寿命かと思い、ディーラーで新品と交換しました。 当初は、メーカー保証期間中で無償でしたがね。 ・タイヤの中にさらに空気室をもったタイヤのような物が付いている物。 なお、ノーマルタイヤに交換する事は考えていませんので、ランフラットタイヤに限定してお答え頂けると助かります。, ランフラットでもポテンザRE050やアドバンは乗り心地がいい方のようです。 5年目 20万円台、7年目 30万円台 かかりました。 こういう機械がないとトラブルが判りません。 日本だけ、異常な人気なんですね。 この...続きを読む, こんにちは、 ノーマルタイヤのベンツを買ったとして、後にランフラットに履き替えることは可能でしょうか。 ディーラーはドラム缶で買いますので安いですが、用品店などは使う量が少ないですので、4L缶ですからね。 が「故障もまた楽し!」と、割り切っている様です。  よろしくお願いします。, 車検と言うのは、保安基準と言う物に最低限あって居るのかと言う事を確認するだけの検査です。 国産車の感覚と、外車の感覚は異なります。同じ程度に考えると、痛い目に遭いますよ。 ホイールが対応出来れば使えると思います。 当サイトのアンケートでは、2010年以降の第三世代ランフラットオーナーから、履き替え後もランフラットタイヤを継続する方が多くなっています。 >交換後に万一トラブルが発生した場合の対処や補償等の問題発生はないか?の心配 先ず、他にも回答がありますが「バッテリーは、5年以上は問題なく動作」します。 ...続きを読む, 私は平成16年式のBMW735Iに乗っておりまして、おかげさまで9年目になりました。 BMWだからです。 反面、「後乗って2年とかで買い直すつもり」という感じになると、必要以上にあまりお金をかけたくないという気持ちだったりします。 当時は、BMW・ベンツ・ボルボは「六本木のカローラ3兄弟」の一種に過ぎませんでした。^^; べらぼうな額を請求されたことも事実です。 対応出来ない物もあります。 ですから、ランフラットタイヤは、かなり魅力的に感じます(家族には評判が悪いですが)。 ランフラットタイヤ対応のアルミホイールが必要。最近のホイールは、ほぼ対応しています。, 最近は、ワイド扁平タイヤを標準装備するモデルが多くなり、ノーマル(ラジアル)タイヤであっても以外と価格は高い。 どれくらいまで下がると交換の必要があるのでしょうか。, >バッテリーを測ると80%ということですが、 バブルの後遺症で「BMWは、若干高価なカローラ」と思っています。 BMWのF30の320dに乗っています。これまで乗った車のスタッドレス交換は自分でジャッキ上げして交換していました。今回もスタッドレスタイヤに履き替えたいと思ったのですが,ジャッキポイントが普通の車と違って枡形になっているので,今まで使っていたフロアジャッキが使えません。フロアジャッキのボディに当たる部分がお皿のような形をしているので,これを,BMWのジャッキポイントの枡形にするアダプターのようなものはないのでしょうか? 具体的には、「サスペンションの機構は変わっていないものの、フェイスリフトにあたって、細かなセッティングを熟成。そしてタイヤは、ランフラットタイヤからノーマルタイヤに変更した」と話す。 サイドウオールを硬くした物は、現在主流だと思います。 ランフラットタイヤの修理をした事のある、お話しを聞ければ嬉しいです。車種はR35-GTRですが、レクサスGS450h等他車での経験でも結構です。よろしくお願いします。, No.2で書いた者です。 最大のネックとなっている価格の高さがノーマルの2倍以下になり、コスト面のメリットや乗り心地の固さよりも、ランフラットタイヤ本来の価値を認めた結果です。 たぶん、E90のオイル量というのは、4Lくらいで、オイルエレメント交換するとプラス0,5Lくらいになると思います。 #ちなみに国産車(トヨタ)の場合は8年乗っても、毎回10万ちょっとパーツ交換はほとんど無い状態でした。 タイヤの性能向上と合わせて、足回りのセッティングも進化しつつあることを意味しています。, これは、ノーマルタイヤでも扁平率やサイズによって偏りが見られます。 でも、トラブルが表に出た時は、車検でやっておけばずっと安く済んだと言う様なトラブルが見つけられない可能性もあります。 すると「ベンツも新型はランフラットです。欧州車は今後、ランフラ標準になり...続きを読む, 私はBクラスのベンツを検討していましたので、<< 先日初回の車検を通しましたが、 それとも、ノーマルで設計されている車をランフラットに変えると、おかしなことになるでしょうか。 オートバックスのようなカー用品店レベルでは、トラブル時話になりません 弁護士が連絡してきて 店側は、何も言わないスタンスの対応です。 ほっとかれて突然動かなくなると言う事も起こります。 そこで、「乗り心地や、経済面での維持費等を考えると、Bクラスにはノーマルタイヤの方が相応しいという結論に達したのだ。もちろんランフラットタイヤには利点もあるので、その性格に合ったクルマには採用を続けている」と語った。, 私はBクラスのベンツを検討していましたので、<< この車はまだま...続きを読む, >なんでこんなに高いの?? ハイスペックのタイヤですから、一部分でも強度が落ちているのなら、使わない方が良いと言うのは、仕方ない部分でしょう。 >ぜひお知恵を拝借いただけたら幸い...続きを読む, 私は今、2013年式のミニクーパークロスオーバーオール4に乗っています。 え、そうなんすか。 しかし先日、再びバッテリーが上がってしまったのでディーラーに検査してもらったら、 ほかの方も言ってましたが、パーツ交換が出る場合は事前に見積付きで説明あるべきと思います。 そういう部分をどう考えるかと言う所だと思いますよ。 >どれくらいまで下がると交換の必要があるのでしょうか。 メルセデス・ベンツ日本商品企画マーケティング部商品企画2課マネージャーの廣澤臣哉さんによると、乗り心地向上の要因は2つあるという。それは、「サスペンションの熟成とタイヤの設定変更だ」と述べる。 セーフティインフォメーションモジュール交換 168,000- 壊れると、メーターにエラーが表示されっぱなしになります。 1度温度が変化すると、1%性能が下がります。 今現在でも年1~2回くらいのペースで不具合が生じています。 と、下衆な憶測をしてしまう現在であります。 Copyright 1996-2020 BMWファン. しかし、まだ新しい頃から電気系統の故障が多く、修理代に悩まされております。 >BMWはワザと壊れやすく設計していて、整備で儲けようと考えているのでは? 充電不足か、サルフェーション症状が若干始まっている状態でしよう。 東京オートサロン2015にて公開だそうですよ。 これを普通のチューブレスタイヤのような修理をされた経験のある方はいませんか? バッテリーは弱っているけど替えるほどではありません。 ランフラットタイヤの安全性や環境に対する配慮は理解しているつもりですが、 そのため、旅先などでパンクに会い、非常に困った方の多くは、このような安さだけを優先したノーマルタイヤへの変更は選びません。, 高速道路、一般道に関係なく、パンクのリスクは多いのです。JAFを呼んでもスペアを積んでいなければ、修理自走できません。そのような修理不可能なパンクはレッカー移動になってしまうのです。, せっかく標準状態でランフラットタイヤを履いているにも関わらず、タイヤが減ってくるとノーマルタイヤに履き替える方が、まだいらっしゃるようです。 このあたり前の症状を「バッテリーが祝っています」と、営業は声を大にしていますよね。^^; いわゆるrft(ランフラットタイヤ)パンク→ゼロプレッシャーでも走行できるタイヤで、ベンツはmoeと言います。 amgとブルーテックの一部に採用されてきています。 bmwも認証が良いの?といったアドバイスとしては基本的にはベンツと同じ考えです。 ランフラットタイヤは構造的に複数あります。 ヤフオクでも「BMW ジャッキアップアダプター」と検索すると出てきますよ 工賃 26,250- ・サイドウオールを硬くして車重をサイドウオールで支える物。 パンクしにくい事は、そのようなマイナス要因を割り切ってでもランフラットタイヤを採用する理由なのです。, 2010年以前の第2世代のランフラットタイヤは、乗り心地が悪い面もあります。しかし、2010年以降の第3世代以降は、大きく乗り心地が改善されつつあり、ノーマルタイヤ比で1割程度の悪化に留まっています。 ランフラットタイヤは、ノーマルタイヤが直せるパンクであれば修理可能ですので、デメリットではありません。 価格が高いこと ノーマルタイヤ、ラジアルタイヤに比べて2割以上価格が高いことです。 スミマセンが、安全のために修理は出来ませんとか、新車保証が受けられないとか、命が惜しくないですかとかの回答はご遠慮ください。 ・タイヤの中にさらに空気室をもったタイヤのような物が付いている物。 現在、ランフラットタイヤは第三世代と呼ばれる世代になっており、乗り心地に関してはラジアルタイヤの95%まで改善が図られています。, 新車装備は、サイドウォール上に星印(☆スターマーク)が表記されており、BMWの承認タイヤであることを示しています。同一ブランドの市販タイヤには、この星印がないそうです。ただ、日本の法定速度内で使用する限り、一般市販タイヤでも十分な性能を保持しており、スターマーク無しの同一ブランドタイヤであれば、問題は無いでしょう。, 新車タイヤはタイヤのサイドウォールに☆のスターマークのBMW承認のランフラットタイヤがあることで確認できます。以降、ディーラーで履き替えた場合も、スターマーク付き、または、メーカーブランド名から判断できます。(メーカーブランド名により、各社異なります), メーカーによって、製品のカテゴリで呼び方が異なるので、混乱してしまいますね。ランフラット(RUNFLAT)という表記を全社共通ルールとして欲しいものです。現状、各社ランフラットタイヤには独自の商品名称を付けて、通常のラジアルタイヤとの区分けを行っています。見分け方は、商品名の末尾に固有の名称が付与されています。, Run-Flat Technologyのブランド名で、商品名の末尾に略称の「RFT」という表示。, Self Supporting Runflat Tireのブランド名で、商品名の末尾に略称の「SSR」という表示。, Run On Flatのブランド名で、商品名の末尾に略称の「ROF」という表示。 車検が終わったから2年間安心して車に乗れると言う事を保証してくれる検査では無いと言う事を十分理解されてください。 ・タイヤの内側に車体を支える樹脂などのわっかの付いた物。 また、雨風、吹雪、炎天下などの過酷な環境下でのスペアタイヤへの脱着作業を回避できます。, JAFでは年間30万件のパンク修理を行っており、過去にパンクにあっていない方であっても、いつ遭遇してもおかしくない状況なのです。また、パンク修理材の効かない数センチの大きな亀裂でもランフラットタイヤであれば、十分走行可能です。, 2003年のBMW7シリーズへの標準装着後、Mモデルを除く、全モデルに標準装備化しました。その後、メルセデスやアウディ、レクサスなどの高級車での標準装備化が進んでいます。 私の後輩なんか、新車納入年度に2回も修理工場行きでした。 今現在でも年1~2回くらいのペースで不具合が生じています。 すると「ベンツも新型はランフラットです。欧州車は今後、ランフラ標準になります」とのこと。 新品フル充電バッテリーでも、早朝深夜の気温が5度だとすれば「既に80%の性能しか発揮できない」のです。 タイヤはContinentalの Conti Cross Contact SSR UHP フロント255 リア285 19インチです。 > 3 タイヤはランフラットタイヤでなくてもよいのか(車載のスペアタイヤがありません) 車検の検査自体は古い基準での検査でしかありません。 税込合計 ¥194,250- メルセデス・ベンツ日本は、フェイスリフトした『Bクラス』を東京オートサロン2015にて公開。今回は、内外装がよりスポーティになったほか、安全性や乗り心地が向上したという。 え、そうなんすか。 考えれば考えるほど、よくわからなくなってきました。 近所の工場は、社長と従業員3名程の小さな修理工場なんです。 初期にあった内側にわっかのあるようなものであれば、刺さった釘などがそこに当たって、内面からタイヤを攻撃してしまう可能性もあります。