・シティーハンター ・信長のシェフ ・君が僕らを悪魔と呼んだ頃 ネタバレは公式発売日の午前0時まで厳禁とします。 ... でも最初からマコトを狙ってるチームメイトが面倒臭そうとか思ったり割とそういうところには敏感だったりしてた ... 21.13 ID:8VGdji4k0.net なんかブンゴが野田にお前って言ってるの違和感だな ・アカギ ・渋谷金魚 ・進撃の巨人 ・スライム倒して300年 一巡目を完璧に抑えますが、二巡目を迎えた四回表。, 瑛太の出来からして、絶望的な点差に思われる中、 ちょっと残念なところではありますが, ブンゴはそれらのスポーツ漫画以上に熱い漫画に仕上がっているので 最後は決め球のジャイロスライダーを打ち返しホームランとなります。, なんとか後続を抑えた瑛太ですが、 ・三国志 ・BUNGO 是非、ダウンロードして下さいね!, ※ちなみに配信される漫画作品は全て著作権者からの ・MIX ・ダービージョッキー ・僕だけがいない街 人生に影響を与える素晴らしい漫画を心を込めて紹介しています。楽しんでいって下さい。, レビューを見たい漫画をクリックして下さい。 ・信長協奏曲 ブンゴはキャッチャーに向けて、最高のストレートを投げ込みます。, 諸星を三振にとりますが、砂川にバントヒットを許し、 ・インベスターZ ・おーい!竜馬 ・JK、社畜を飼う ・This Man(ディスマン) 配信許諾を受けておりますので安心してお楽しみください。, 主人公の石浜文吾(いしはま ぶんご)は ・死刑囚捜査官 芥川介 ・カクカゾク ・約束のネバーランド さて、前回は半... 中堅方向に飛球が上がればほぼ確実にアウトが取れ、強肩を見せつけてくれれば相手に対して圧力をかけられる, 監督からもっと自分本位でいいと言われた小谷野はこのチャンスをモノにすることが出来るのか!?. ・イキガミ ・血と灰の女王 最近間瀬のビジュアルの変化についていけてない(笑), 紅白戦後の監督面談 ・サレタガワのブルー 完全に(笑), ゴリカ、監督のこと社長って呼んだり、語尾に「っス」ついたりとぶっ飛ばしてくる その会話を瑛太が聞いていて、奮起します。, その裏の富士ヶ丘の攻撃はランナーを一人置いて河村にバッターボックスを迎えます。 ・隣人13号 ・出会って5秒でバトル ・鮫島、最後の十五日 ・世界鬼 ―神谷真琴 14歳―のあらすじ・ネタバレ. < 50音順 > この記事では「獄丁ヒグマ」第17話(ジャンプ最新刊2019年21号 4月22日発 ... この記事では「BUNGO-ブンゴ-」の第192話(6月27日発売のヤングジャンプ ... 今回の記事では「五等分の花嫁」第86話(5月22日発売の週刊少年マガジン2019 ... 坑道の中、氷筍のため身動きがとれない菊田たち。 暗闇で目が見えず、下手に動けば狙 ... ドラえもん メッセージ広告!ということでトレンド入りして話題になっています。 こ ... 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. ・花の慶次 ・DEADtube(デッドチューブ) ・賭ケグルイ しかし、途中登板した瑛太が後続を抑えつつ、各選手に静かな喝を入れて逆転。, ブンゴは1番の砂川をストレートとカーブで仕留めると ある部屋で目覚め、そこには何人もの人がいて、あの世だと言うのです。 ・ハチワンダイバー このままサヨナラかと思いきや、砂川を本塁で刺し、失点を防ぎます。, ひたすらにど真ん中のストレートを投げるブンゴと 試合が単調になってくる感じがするのが ・グラゼニ この記事では「bungo-ブンゴ-」の第186話(5月9日発売のヤングジャンプ23号掲載)のネタバレについてシェアさせていただきます。 静央vs富士ヶ丘戦。スコアは1-2で静央はリードを許し … ・金色のガッシュ ・俺の現実は恋愛ゲーム ・監獄学園 父親がグローブを買ってきて初めてキャッチボールをし、ボールを投げる楽しさを知った石浜文吾。, 同年代の天才バッター・野田幸雄と出会い、勝負を挑まれた文吾はその日初めて打者に対して投げました。, 初めての打者との対決はホームランを打たれ敗北、しかし、文吾は落ち込むどころか笑っていました。, その日から、文吾は打者に対して投げる楽しさを知り、今まで以上に野球にのめり込んでいきます。, 静央シニアのメンバー達と共に文吾が選手として成長していく姿や、強豪チームや同年代のライバル達との対決。, もしネタバレの前に絵付きで楽しみたい方は、U-NEXTならすぐに無料で読めますよ!, 初回から静央が先制するも富士ヶ丘はその裏に逆転、ですが3回表には今度は静央が逆転し3対2。, 4回は両者無得点、5回の表は富士ヶ丘のバッテリー碓井と皆浦を前に三者凡退となります。, 一二塁間を抜けそうになる球を真琴が拾いファーストへと送球しますが、皆浦のヘッドスライディングで内野安打となります。, 静央対富士ヶ丘の試合は5回裏を迎え、3対2で静央がリードの状況でランナーは一、二塁、打席には河村が入ります。, そして3球目、内角高めのボールを河村がカットしてファウルになり2ボール1ストライク。, 試合を見ているスカウト陣は、カウント的には打者有利だがジャイロスライダーを意識している河村の感覚が狂わされていると感じます。, 一方伴野は、そう考えるスカウト達とは逆に、河村はジャイロスライダー以外を全てカットしようとしていると言いました。, ジャイロスライダーは必殺技であると同時に選択肢の1つに過ぎず、打者を圧倒する事ではなく試合を支配する事が境地だ考える瑛太。, そして、4球目、打者の手元で曲がった球をバットの先端に当ててまたもファウルにする河村。, これで2ストライクと追い込まれ、富士ヶ丘のメンバー達は河村が押されていると焦ります。, それにより、常にギリギリの判断と対応を迫られる状況に、自分が1球ごとに進化していると感じます。, 瑛太は河村がジャイロスライダーに狙いを絞っていることを察して、この展開ではジャイロスライダーは投げないと決めます。, ジャイロスライダー以外の球を投げ続ける瑛太に対し、河村はその球を全てバットに当ててカットします。, そして、この打席の12球目、フォーシームは本日最速、河村に対して初めて投げた球種で初めて投げたコース。, そして、今の最速のフォーシームによって河村に一番速い球を意識させることが出来たと感じました。, バーカ 全然分ってねーんだな。とっくに認めてらぁ、俺も――・・・皆も――・・・!!, 河村を倒したら俺のことも文吾と同じくらい認めてくれるか?と聞く瑛太に対して、袴田は俺も皆も瑛太のことを認めてると答えます。, 文吾は、この大会が終わるまでに1番を奪う気持ちは変わらないが、現時点では間違いなく瑛太が静央のエースだと認めていました。, あの試合、あの打席の敗因を聞かれた河村は、「速球だよ。単純故に、残酷な・・・」と答えます。, 瑛太の投げたジャイロスライダーは、河村に完璧に捉えられセンター方向に大きく飛んでいきました。, ですが、河村もまた、ジャイロスライダーを打つためにフォームを調整し準備を整えていました。, 河村の狙い球はあくまでもジャイロスライダーだったので、完璧に捉えられてしまいましたね・・・流石怪物河村です(^^;), ただ単に・・・”直球の速度が足りなかった”それがあの試合、あの打席での―――・・・彼の敗因だよ, ジャイロスライダーの最大の武器は“直球に偽装する事”であり、一定レベル以上の強くて速い直球が必要であると言う河村。, ジャイロスライダーを完璧に捉えられホームランを打たれた瑛太は、膝に手をつき下を向いてしまいました。, このまま崩れてしまうかと思われたが、静央のメンバー達が即座に瑛太の元へ駆け寄り声をかけます。, 続く打者に右中間へ大きい打球を打たれるも、間瀬のファインプレーによってなんとかもちこたえた静央。, 今日の碓井の出来、エースが打たれたダメージ、流れや空気、残りイニングを鑑みて殆どの人がこの試合は決まったと感じていました。, 一方静央ベンチでは、「いい球だったんだがな、あそこまで飛ばすかね河村の奴」と明るく振る舞う瑛太の姿がありました。, 「半分はお前のせいだぞ!」と袴田に冗談っぽく言ったり、暗い顔をする一年に声をかけたりする瑛太。, この状況で微塵も動揺を見せずチームを鼓舞し続ける瑛太を見て、俺の判断ミスだと反省しながらも、立派に成長したなと認める野田監督。, 2年前なら僕も席を立ったろう。でももし――・・・彼が投げるような事があるのなら――・・・!! まだ帰らない方がいい、まだね, それでも、瑛太の立ち振る舞いに感動し、このまま任せても大丈夫だろうと考えていました。, ですが、瑛太自身はジャイスラの欠点が直球の速度だと知り、生まれながらにして負けていたと悟り震えます。, そして、瑛太の震えが監督に気づかれないよう瑛太と監督の間に入って、俺が目隠しになると小声で話す文吾。, このままでいい訳ない、河村に復讐しないと、俺達が逆転しその機会を作ると瑛太に言います。, その姿を見た監督やメンバー達は驚きの表情を浮かべますが、文吾だけはどこか痛むのか?と焦っていました。, 誰よりも信じているんだな・・・どんな状況になっても・・・お前だけは・・・!! 静央の勝利も・・・俺の事も――・・・!!, 心配する文吾に、河村が怖い、静央と俺を助けてくれ、河村を倒してくれと涙を流す瑛太。, すると、守備につく富士ヶ丘のメンバー達が、ざわつく静央ベンチの方を気にしだします。, 瑛太が涙を流しているのを見た河村の「才能の無い者の宿命だよ」という言葉を聞き逃さなかった文吾は、河村を睨みつけました。, 流し打ちで三遊間へと上手く打ちましたが、河村の守備によって阻まれ1アウトとなります。, そして、4番野田が打席に入り静央のメンバーが期待しますが、富士ヶ丘は敬遠で野田との勝負を避けました。, 続く5番、文吾が打席に入ると、富士ヶ丘バッテリーが文吾の雰囲気が今までと変わったと感じます。, ですが、河村が慌てないでと声をかけると、セカンドも落ち着いて対応し、ダブルプレー。, 試合の流れを激変させるのも―――・・・たった一人の仲間を救えるのも―――・・・文吾・・・お前だけだ!!, 6回、ついに文吾がマウンドに上がりますが、伴野たちは石浜を温存すべきだと考えていました。, しかし、静央ベンチの雰囲気や、2年前の上本牧戦で文吾の球を受けた鮎川智の表情を見て、何かが引っかかると感じます。, そして、文吾の投球練習が始まりますが、全くストライクゾーンに入らず荒れた投球に、会場もざわつきます。, 試合を見るスカウトマン達は、文吾は投げ込む程に調子を上げるタイプだから緊急登板には向いていないと話します。, このままでは、静央の二枚看板ごと打ち崩される危険性があると、心配そうに試合を見ていました。, 静央ベンチでは、タイムを取って間を取るかとコーチが監督に話しますが、袴田がそれを制止し監督はバッテリーに任せると判断しました。, そして、続く7番打者、感情的な投球で球が荒れ、1球もストライクゾーンに入らずに2者連続のフォアボール。, しかし、袴田だけは、家長の言う“大爆発級の何か”、その微かな蠢きを感じ取っていました。, そんな中、文吾の投球を見て、ノってくるまでに時間がかかるタイプだから今の状態の文吾と戦ってもイマイチだと考えていた河村。, 袴田はタイムを取って文吾の元に向かいましたが、文吾は袴田に「大丈夫だよ袴田、練習はもう終わったから・・・」という文吾。, 迎える8番バッター、コースは甘かったですがここでやっとストライクを1つ取りました。, すると、続く打者の打球はまたもセンター方向のフライ、間瀬はそれをキャッチすると先ほどと同じくサードに送球しタッチアップを阻止。, そして、1番バッターの皆浦を三球三振であっさりと抑え6回を無失点で切り抜けました。, その言葉を聞いていた袴田は、文吾は打者のスイングの軌道と速度を観察し、その上で・・・と感じていました。, 文吾は、中堅方向に飛球が上がればほぼ確実にアウトが取れ、強肩を見せつけてくれれば相手に対して圧力をかけられると答えました。, 珠希は瑛太のスイングを見て、タイミングは悪くないと考え少し守備位置から下がりました。, 絶妙な所へと転がった球を珠希が取りファーストへ投げましたが、瑛太の果敢なヘッドスライディングでセーフ。, 続く米村は、野田から碓井の球は文吾や瑛太より上か?と聞かれ、そんなこと絶対に無いと考え打席に立ちました。, 6球目まで粘り、インハイの直球をレフト前に運び無死走者一・二塁と同点の走者が出ます。, そして、次の打者の尾野は、送りバントを決めついに静央一死二・三塁となり同点のチャンス。, 文吾の登板から完全に流れが変わったと言う珠希ですが、河村は7回裏にサヨナラ打を打つから問題ないと言いました。, 碓井は、十数年に渡って静央に負け続けた歴史を呪いだと言い、その呪いを解くと決意します。, そして、「俺が試合を決める・・・一発で!!」と、自分の思いを素直に表に出したのでした。, BUNGO-ブンゴ- 21巻読んだ。ブンゴが河村に渾身のジャイスラを打たれてプライドを打ち砕かれてる瑛太に心から信じ切った顔で発破を掛けてしまい、逆に瑛太の涙を誘うシーン、河村と同じく「持つ者」側であるブンゴの純粋な信頼の残酷さが表現されていて好き。, 確かに残酷でしたね(>_<)それでもプライドを捨てて涙しながらもチームの為に文吾に託す瑛太が素晴らしかったですね!, 2者連続でフォアボールとなり、最初は河村に対する怒りを発散するかのような感情的な投球でしたが、その後の投球は完璧でした!(^^), 瑛太は河村に逆転3ランを打たれて動揺を隠し振る舞うも、文吾の純粋な信頼の言葉にメンタルが崩れてしまいますが、それでもチームの為に気迫のヘッドスライディングで出塁する姿がカッコよかったですね!!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.