ツース盤(平爪)の取り扱いもございます。 ツース盤をご購入希望の方は、下記の図面を参考に お使いの機械の型式・シリアル 爪の本数とピッチ 希望するツース盤の幅(バケット幅かサイドカッター幅か)を お問い合わせフォームよりご連絡ください。 ポイントを交換するにあたって、まずは必要となる工具を準備しましょう。 ピン抜き工具(縦ピン用) ポイントをバケットから外すために、まずは留めているロックピンを外さなければなりません。そこで、ピン抜き工具を用いてロックピンを外します。また、新しいポイントを取り付ける際には、ピン抜き工具を使ってロックピンを入れてポイントをバケットに留めます。 ハンマーなど打ち付ける工具 ポイントを留めているロッ … ツース盤各種の定価表です . 多様な現場に対応するバケットツースラインナップ! ... pc50uu-1,2 bolt on ツース 103-70-22140 22.5 pc50uu-1 bolt on ツース 20t-70-13130 17 pc10-7 pc12uu-2 pc15-3 pc20-7 … 適合機種一覧(縦ピン) ツース盤の適合機種一覧です。(縦ピンタイプ) 適合機種一覧(横ピン) ツース盤の適合機種一覧です。(横ピンタイプ) 価格表. ョップ, 高品質ゴムクローラー,ゴムパット,エレメントなど部品他消耗品の格安販売, バケットエッジ(カッティングエッジ), 爪用:ロックピン・ラバーピン, 2点機械式フォーク(はさみ), 3点機械式フォーク(はさみ), 油圧回転式フォーク(はさみ), PXブリッジ(アングルフック). ツース盤(平爪)の取り扱いもございます。 ツース盤をご購入希望の方は、下記の図面を参考に お使いの機械の型式・シリアル 爪の本数とピッチ 希望するツース盤の幅(バケット幅かサイドカッター幅か)を お問い合わせフォームよりご連絡ください。 どういった用途に使用するかによって、選ぶバケットも変わってくると思います。 標準バケットでも、爪(ポイント)にするか、平爪(ツース盤)にするかでも変わります。 スケルトンバケットは、取り付けるメーカーによってピンの位置も変わります。 ツース pabツース ハンマレスで安全・迅速・簡単・確実にツース脱着可能な新発想のロックシステム。 横ピンツース付きバケットにそのまま 装着可能 ラチェット1本でツース交換 簡単なローテーション・反転により寿 命アップ pabツースの取付け/取外し ツース(ポイント・ツメ)のことなら千乃蔵にお任せ!全国どこでもお届け。最短翌日到着!建機バケット用部品多数取り揃え。半端ない掘削力&耐久性抜群のツース(ポイント・ツメ)をぜひお試しください。リピーター率90%以上! バケットの種類 47t 67t 87t サイズ ポイントツース サイズ ポイントツース サイズ ポイントツース GP仕様(一般土木) v43 rp(sl) v59 ryl(syl) v59 ryl(syl) H仕様(HD/砕石) v51 sy1(rl) v59 ryl(syl) v61 ry(rr) R仕様(HDR/強化) v51 sy1(rl) v59 ryl(syl) v61 ry(rr) つめ間シュラウド 建設機械で用いるポイントやツース盤、またこれらのパーツを支える部品は、年月の経過や使用に伴い劣化していくため、劣化具合を確認して、新しいものと交換しなければなりません。, しかし、初めてポイントやツース盤を交換する際は、作業の手順をどのようにすればいいのかわからずに悩んでしまうこともあると思います。, そして、ポイントやツース盤は、バケットに留める方法に応じて、いくつか種類があります。, そこで本記事では、ミニクラスで一般的な 縦ピン留め(ポイントの真ん中とポイントの右側にピンを差して留めるタイプ)の交換について、下記の4つの点で説明していきます。, ポイントとツース盤の着脱方法は同じですので、ここではポイントについてご案内します。, また、ポイントは、爪・ツース・チップ、ツース盤は平爪・フラットチップと言われることもありますので、覚えておきましょう。, ポイントをバケットから外すために、まずは留めているロックピンを外さなければなりません。そこで、ピン抜き工具を用いてロックピンを外します。また、新しいポイントを取り付ける際には、ピン抜き工具を使ってロックピンを入れてポイントをバケットに留めます。, ポイントを留めているロックピンを外すためにピン抜き工具を用いますが、その際にハンマーなどをピン抜き工具の上側から打ち付けてピンを下側に出します。ポイントを外す時だけでなく、ポイントを入れる時にも、ピン抜き工具を打ち付けるためにもハンマーを用います。, 工具がない場合は、先端が細くなっているもので代用できますが、ロックピンのサイズとほぼ同じでないと、的確にロックピンに当てることが出来ません。慣れるまでは、ピン抜き工具を使用されることをおすすめします。, ロックピンを抜いて、ポイントをバケットから外すと、バケットの先端のアダプターが見えてきます。そのアダプターの内側にラバーピンが入っています。, ラバーピンが劣化してしまうとロックピンが外れやすくなるため、必要であれば交換用のラバーピンを用意しておくと良いでしょう。, 高価なものではないので、ポイントを交換する際は、ロックピンとラバーピンも一緒に新品に交換することをおすすめします。なお、ポイントとツース盤用のロックピンとラバーピンは同じ商品です。どちらも留めることが出来ます。, ポイントとツース盤には、留め方に応じていくつか種類がありますが、着脱方法については、どれもほとんど同じです。そのためここでも主にポイントの交換についてご説明します。, ただし、ツース盤を取り付ける際は、取り付ける順番を守らないとうまく装着できない場合があります。詳しくは、「3.ツース盤を取り付ける際の注意点」で紹介しています。, 初心者にとっては、ポイントの交換というと難しく感じがちですが、作業手順自体は非常に簡単ですので、慌てずに落ち着いて一つ一つこなしていきましょう。, ピン抜き工具とハンマーなど打ち込めるものを準備しておきましょう。怪我を防ぐためにも、軍手をつけて手を保護することをおすすめします。, ポイントは、ロックピンによって本体に固定されているため、まずはロックピンを外していきます。, ポイントの中央上部にロックピンを入れるタイプや、ポイントの上部右側にロックピンを入れるタイプもあります。そのため、ご自身のポイントを留めるロックピンが、どこについているのかあらかじめ確認しておきましょう。, ロックピンの位置がわかれば、ピン抜き工具をロックピンの上にあてがい、ピン抜き工具の上からハンマーで下へ向かって打ち付けていきます。打ち続けるとロックピンが徐々に下へと出てくるので、完全に出てくるまで打ち続けます。, 泥や砂がついているとロックピンが抜けにくいので、できる限り汚れを落としてから、作業をすることをおすすめします。, ピン抜き工具を使って、ロックピンを上から打ち続けると、本体の下側からロックピンの姿が見えてきます。, そして、ある程度ロックピンが出てきたら、下から引っ張ってロックピンを抜き取ります。, しかし、長期間にわたりポイントの交換を行っていなかった場合や風雨にさらされることで、ロックピンが錆びついていてなかなか引き抜けない場合もあります。その場合は、無理に力を入れて引き抜こうとすると、怪我などのトラブルが起こる可能性がありますので、様子を見ながら上から打ち付けていき、少しずつ引き抜いていきましょう。, なお、ピン抜き工具でロックピンを打ち付ける際に、強い力を加えてしまうと、ロックピンが飛んでいき、見失ってしまう恐れがあります。, さらに、ポイントが本体から外れ落ちる可能性もあるので、もう少しで抜けそうな状態になったら、様子を見ながら力を加減して打ち付けるのがポイントです。, ポイントを取り除いてみると分かるのですが、アダプター(バケットに溶接でついていて、ポイントやツース盤を受ける土台)は、長年の使用によって、錆がついている可能性があります。新品を取り付ける前に、あらかじめさびや汚れを落として綺麗にしておきましょう。, また、アダプターの内部には、ロックピンを支えて固定するためのラバーピンが差し込まれています。, ラバーピンは、ゴム素材のため長期使用によって、劣化やひび割れが起きている可能性があり、そのままの状態で新しいポイントを取り付けてしまうと、使用中にロックピンが外れてしまう恐れがあります。高価なものではないので、ロックピンとラバーピンは新しいポイントを装着する際には、新しいロックピンとラバーピンを装着することをおすすめします。, ポイントの右側にロックピンを留めるタイプはこのラバーピンは使用していません(ラバーピン一体型です)。ロックピンだけでポイントを固定します。, そして、新しいポイントを装着する際は、バケットに新しいポイントをあてがいロックピンを上から差し込み、本体とポイントとの高さが同じになるまでハンマーなどで叩きます。, 取り付け方は、ポイントもツース盤も同じ手順になります。ただし、ツース盤の場合は、バケットへの取り付ける順番があるため注意しましょう。, ところが、ツース盤は、重なり合って留めるため、装着するときに形を組み合わせながら装着する必要があります。, ツース盤の形は、種類によって異なるのですが、基本的にはバケットに向かって右側のツース盤を一番初めに取り付けます。ツース盤をバケットにセットしたらロックピンを入れていきましょう。, なお、ツース盤は一番右と左は決まっています。新しい商品でしたら右はR、左はLの表記がありますので、それを見て、差し込んで下さい。中央はCです。大きいバケットの場合は中央を1枚ではなく、複数枚使用していることがあります。中央部は同じ商品ですので、どれから差し込んでいただいても問題ありません。, 次に、真ん中のツース盤をバケットにセットし、右側のツース盤の形に組み合わせてからロックピンを入れます。, 最後に、一番左側のツース盤をバケットにセットし、真ん中のツース盤の形に組み合わせながらロックピンで固定します。, この時、例えば左側から取り付けるなど順番を間違ってしまうと重なりあう部分をうまく装着することが出来ません。前述の通り、新品には右(R)と左(L)の表記がありますので、右から装着していきましょう。, ポイントやツース盤を交換する機会はあまりないので、交換にあたってどのようにすればいいのか悩む方も多くいらっしゃいます。, など、機体への種類によって異なるため迷いやすく、こちらも関連するご質問をよくいただきます。, このようにポイントやツース盤の交換時には、いろいろなことで迷いがちです。そこで、今回は、よくいただく質問の中からその中の一部をご紹介します。, ポイントとツース盤は、留め方に応じて種類が異なりますが、留め方が同じでしたらポイントとツース盤の種類は同じです。ここではポイントについてご説明します。, ポイントの交換にあたって、「適合するポイントが分からない」というご質問をよくいただきます。, まず、名称についてですが、ポイントは爪、ツース、チップとも呼ばれるので、ポイントという名称で商品が見当たらない場合は他の名称で探してみましょう。, 適合するポイントを見つけるためには、まず種類を特定しなければなりません。その際、ポイントをバケット(アダプター)に固定する方法で種類を特定します。, 一般的なミニクラスショベルとショベルでは、主に次の18S、22S、25S、30S、35Sに分かれております。サイズを見分けるには、ロックピンの長さで調べます。参考値としては、下記の図の通りです。, なお、ポイントの全長で調べる方が多いですが、現在、使用中のポイントは摩耗で新品とはサイズが大きく異なります。そのため摩耗の度合いが少ないロックピンで長さを測る方が、正しいサイズの商品にたどり着く可能性が高いです。, なお、ボルトで留めるタイプはツース盤がありません。どうしてもツース盤を取付けたい場合は、ポイントを外して、アダプターをバケットに溶接で付けます。そうしますと、ポイントの中央にピンで留めるタイプのポイントとツース盤が取付られるようになります。, ポイントの交換ができないため、アダプターをバケットに溶接で付けたうえで、市販のポイントの中央にピンで留めるタイプのポイントを装着します。, ツース盤の交換についても、「適合するツース盤が分からない」というご質問をよくいただきます。, まず、名称についてですが、ツース盤は平爪、フラットチップと呼ばれる場合もあるので、「ツース盤」という名称で商品が見当たらない場合は他の名称で探してみましょう。, 適合するツース盤を見つけるためには、まず現在取り付けられているツース盤の種類を特定しなければなりません。バケットの上部から確認した時にロックピンがツース盤のどの部分についているかを見定めます。, 18S、22S、25S、30S、35Sに分かれており、細かな種類についてはロックピンの長さで調べます。ポイントの場合と同様に、下記の通りになります。, ツース盤の交換ができないため、アダプターをバケットに溶接で付けたうえで、中央にピンで留めるタイプのツース盤を装着します。, ミニクラスユンボショベルは、主に3~5枚が一般的となっています。サイドカッターを着けている場合はワイド幅、つけてない場合はバケット幅に合わせてツース盤を購入します。, ツース盤は隣同士のツースを重ねて差し込み、板状にするためのものです。汎用性を持たせるために、左右にスライドさせて、差し込み位置に合わせます。重なりは、10mm以上あれば強度を確保出来ています。注文時にご自身のバケットのピッチに合わせた商品を購入することを忘れないようにしましょう。なお、サイズが同じ商品でもピッチが合わないと装着出来ません。, ポイントやツース盤を交換する機会は少ないので、初めて交換する場合や久しぶりに交換する場合は手順が分からずに悩みがちです。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.