作り方の, 健康にお酒を楽しむには、少し甘さを感じる黒酢がお勧めです♪ ウィスキーは冷凍庫で冷や, ラスクなどの甘いものが苦手なので、お酒に合うおつまみ仕様にしてみました。ピザ風なので, Copyright© Cookpad Inc. All Rights Reserved, 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。. ©Copyright2020 ウイスキーマニア.All Rights Reserved. 男性: 8.0g未満 ※一部のレシピは表示されません。, カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。, お酒の中で1番太りにくいと言われているハイボール…。だけども、甘くないので飲みにくい, 『がブリチキン』風の漬込みハイボール!すっきりしながらもコクのある甘さ! ハイボール 甘いの簡単おいしいレシピ(作り方)が13品! ハイボール以外にも今回は、本場アメリカで昔から飲まれている伝統的なカクテルの作り方も教えちゃいます。 アルコール度数が高くて苦手な人が多い印象のバーボンも、ハイボールにしちゃえばビールやサワーと同じようにグイグイ飲めちゃいますよ。 ジンジャーハイとは、カクテルの一種で正式名は『ジンジャーハイボール』です。ウイスキーや焼酎などの蒸留酒を炭酸の効いたジンジャーエールで割り、さわやかな風味が楽しめる点に特徴があります。, 日本では主にウイスキーと炭酸水を合わせたカクテル『ハイボール』と総称します。その理由は、ウイスキーの販売不振を回復させるため、ウイスキーの製造販売会社が、ウイスキーをビール感覚で飲めるようなカクテルとして全国の居酒屋などに作り方を広めたため。, ウイスキーをジンジャーエールやコーラで割ったカクテルは、『ジンジャーハイ』『コークハイ』などと称します。現在では、居酒屋などの多くでハイボールと同様に扱われ焼酎の炭酸割りである酎ハイなどとともに、自宅で気軽に楽しめるカクテルとして女性からも人気を集めていますよ。。, 中には、ジンジャーハイのことを、焼酎のジンジャーエール割りと思っている人もいるかもしれません。本来は、焼酎も含んた蒸留酒を炭酸水で割れば『ハイボール』と言えるのですが、現在の日本ではウイスキーのジンジャーエール割りを指す場合がほとんどです。, 使用するウイスキーによって味わいや香りはずい分と異なり、ジンジャーエールもスパイシーな風味のものを使うと味わいが異なってくるので、銘柄選びは風味を決める大きなポイントです。ウイスキーとジンジャーエールをの割合も変えてシーンに合わせた楽しみ方ができます。, 市販で売られているジンジャーハイもお手軽で良いものですが、自宅で作るジンジャーハイはコスパがとても良いのでおすすめです。, 使用するウイスキーを自分好みのものに変えてみたり、ジンジャーエールを辛口に変えてみることで、ローコストで自分好みの味を作れる点も、自宅で作るジンジャーハイの醍醐味。, もっと本格的なジンジャーハイを作りたい方は、ジンジャーシロップを自作して、ジンジャーハイに利用するのも良いでしょう。炭酸の強さもウイスキーの濃度も思いのままに作れます。, ジンジャーハイのカロリーは、ウイスキーのカロリー+ジンジャーエールのカロリーで決まります。, ウイスキーとジンジャーエールを1:4の比率で、60ml+240mlで作ったとすると、1杯分のカロリーはおおよそ232.2kcalとなります。ジンジャーエールのカロリーはあまり高くありませんが、飲み過ぎるとカロリー過多になるので注意しましょう。, ジンジャーハイの豆知識について勉強したところで、ここからはジンジャーハイの作り方を詳しく解説していきます。お店で飲むジンジャーハイも美味しいですが、自宅で自分好みの味にアレンジするお酒の方がきっと満足するはず。家で時間を気にせずにゆったりお酒を楽しんでみてください。, 酒造会社がおいしい飲み方として居酒屋などでレクチャーした作り方は、ウイスキーの比率が1、ジンジャーエールの比率が4という割合です。ただ、お酒の苦手な方からすると1:4のジンジャーハイは少し濃いめに感じるかもしれません。, そんな時、アルコール度数を5%まで下げるために、ジンジャーエールを多めにした1:7のジンジャーハイを作りましょう。アルコール度数が低くなった分、さっぱりと飲みやすい味に仕上がりますよ。, バーなどで提供されているハイボールは、ウイスキーの香りを活かすために、1:2~2.5ぐらいまでウイスキーの濃度を高めています。ウイスキーが持つ本来のフレイバーが楽しめる濃いめは、一度飲んでおいてもいいかも。その時の気分によって自由に比率を変えて楽しんてください。, ジンジャーハイに使われるウイスキーには多くの種類があり、産地【スコットランド・アメリカ・アイルランド・カナダ・日本】によって5大ウイスキーと呼ばれています。, ここでは、その中でも、スコッチ・バーボン・ジャパニーズウイスキーの3種類について簡単に紹介しましょう。バーボンは、主にアメリカンウイスキーの中でも、トウモロコシを主原料としてケンタッキー州で作られるウイスキーの総称で、甘い香りが印象的です。, スコッチウイスキーは、ウイスキーの醸造所が多いスコットランドで生産されるウイスキーで、スモーキーな香りが特徴。, ジャパニーズウイスキーは、スコッチタイプをベースに、日本人好みのソフトな味わいとなっています。これらのウイスキーは、それぞれジンジャーハイに向いているのかどうか見ていきましょう。, 甘い香りが特徴のバーボンは、ジンジャーハイに向いているウイスキーが多くあり、濃いめでも薄めでも十分にたのしめる銘柄がそろっています。バーボンの特徴を存分に楽しむなら、1:2の割合でしっかりとウイスキーの個性を楽しめるような作り方が良いでしょう。, おつまみは、ウイスキーの個性に負けない味のものを選び、「飲むこと」に主眼を置いた楽しみ方がおすすめです。食中酒として楽しみたい場合は、ジンジャーエールの割合をグッと増やすと、後味爽やかなジンジャーハイにすると良いでしょう。, ステーキなどの肉料理、アメリカらしい食事と一緒にゴクゴクと飲み進めるスタイルなら、後者の作り方がぴったりと合いますよ。ぜひ試してみてくださいね。, スモーキーで個性の強い銘柄が多いスコッチウイスキーは、スモーキーな味わいを楽しむ飲み方がおすすめです。ウイスキーとジンジャーエールの比率は1:2をベースとした作り方で、選んだ銘柄に合わせておつまみを考えるスタイルが良いでしょう。, 独特の香りが特徴的な銘柄も、ジンジャーハイにすると非常に飲みやすく、爽やかさが引き立ちます。一度挑戦してみて、個性の強さから飲みきれないでいるスコッチウイスキーがあれば、ぜひ一度ジンジャーハイにしてみてください。, 飲みやすく変化したその味わいに驚かされるかもしれませんよ。クセがなく非常に飲みやすい高級銘柄も、濃いめの割り方でじっくりと味わうジンジャーハイに向いています。ウイスキー初心者でも飲みやすい銘柄をジンジャーハイにして、スコッチの魅力を身近に感じてみてください。, スコッチウイスキーは、平均して価格も高めなため、ウイスキー好きへのプレゼントにもおすすめの銘柄も多いのが特徴です。, ジャパニーズウイスキーは、バーボンやスコッチに比べてソフトで穏やかな味わいが持ち味です。料理の味を邪魔せず引きたててくれるという特徴があり、主に食中酒として楽しめます。, 和食のように繊細な味わいの料理にも合わせやすいでしょう。価格の高い年代物の銘柄は香り高いものがあるので飲み方が変わりますが、お手軽価格のジャパニーズウイスキーは、気軽に飲める作り方で楽しめます。比率的には1:7ぐらいにすると、真夏の夜にごくごくと気兼ねなく飲み進められるでしょう。, 大きめのタンブラーグラスやビールジョッキに氷を詰め、ジャパニーズウイスキーを入れた後、ジンジャーエールをなみなみと注いでたっぷりとした量で割りましょう。, ここからは、ジンジャーハイにおすすめのウイスキーを6銘柄ご紹介します。個性の違うウイスキーをセレクトしていますので、興味のある銘柄から順番に試してみてくださいね。中には、製菓用のミニボトルとして売られている銘柄もあります。どんな風味なのか味見をしたい場合は、ミニボトルを購入して試してみるのもいいでしょう。, ジンジャーハイにおすすめのウイスキーとしてまず名を挙げたいのがこちらの『ジェムソン スタンダード』。, 香ばしくまろやかな香りとほのかに甘みを感じる味わいが特徴のアイリッシュウイスキーで、ジンジャーエールとの相性が抜群。ライムを添えるとより爽やかさが引き立ちますよ。, 2017年に『ISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)』で金賞を受賞しており、専門家からも高い評価を得ているウイスキーです。, ハイボールももちろん美味しく飲むことができますが、やはりジンジャーエールで割ってすっきりさせて爽やかに飲むのがおすすめですよ。, スコッチウイスキーの中でも、大麦麦芽のみを原料とし、単一の醸造所で作られたモルトウイスキーのことを、シングルモルトウイスキーと呼びます。, スコットランドのハイランド地方に位置する老舗の醸造所が作る「マッカラン」は、シングルモルトウイスキーのロールスロイスと呼ばれるほど有名な銘柄です。マッカランの銘柄の中でも10年ものは、一番若い年数のウイスキーで、強めの刺激があります。, ジンジャーエールなど甘めの炭酸で割ると、この刺激がマイルドになってマッカランらしいシェリーの華やかな香りが感じられるように。まさに、ジンジャーハイ向けの1本です。割り方の比率は、ウイスキー1ジンジャーエール2でどうぞ。, スコッチウイスキーの中でもかなり個性的なアイラモルトウイスキーで、ピート香や潮の香りが大きな特徴です。ストレートでこの個性を楽しめる方は、ストレートで味わうことを好みますが、この個性に慣れない、という方はぜひジンジャーハイで再トライしてみましょう。, 個性の強さがまろやかになり、爽やかさが引き立つようになるので、非常に飲みやすくなります。ストレートとジンジャーハイ、2パターンの楽しみ方ができるウイスキーの銘柄としておすすめです。, 割り方は、ウイスキー1ジンジャーエール4で試してみて、自分好みに合わせて割合を調節すると良いでしょう。, アメリカで一番人気のスコッチウイスキーで、一説によればハイボールの起源で使われた銘柄とも言われています。熟成期間が2年と若くて刺激が強いのですが、ジンジャーハイにすることによって、その刺激がまろやかに。, ジンジャーハイは、「デュワーズ」本来の味と爽やかさを堪能できる飲み方です。割り方は1:4の比率が基本。喉ごし、後味の爽やかさなど、すべてにおいて高いレベルで楽しめるのに、焼酎と価格的に近くお手頃という点も魅力的ではないでしょうか。日常的に楽しめるウイスキーとして、ぜひ一度味わってみてほしい銘柄です。, バーボンウイスキーの中でもプレミアムな「テネシーウイスキー」の代表的な銘柄。その味わいはメロンの香り、バニラ・キャラメル・メープルの香りなども複雑に絡み合い、ジンジャーハイにするとその複雑さはそのままに、爽やかな風味へと変化します。, 1:2の濃いめ、1:7の薄めの割り方でも、どちらでもジャックダニエルらしさが堪能できるのでおすすめです。飲み方はロックやハイボール、相性の良いフードは、チョコレートやフライドチキンなど。チョコレートの甘さに合わせるには、ロックやストレートなどが良いでしょう。フライドチキンなどの料理には、ジンジャーハイがぴったり合います。, 自宅で日常のウイスキーとして選ぶなら、やはり外せない銘柄です。山崎と白州蒸溜所のバーボン樽原酒をブレンドしており、バーボンに近い香りと甘みが感じられます。1:4の黄金比率でハイボールやジンジャーハイを作って気兼ねなくゴクゴクと飲み干すのがおすすめ。, 唐揚げなどの揚げ物と相性が良いので、ぜひ組み合わせてみてください。揚げ物料理と合わせる時は、ジンジャーハイにレモン化果汁を少し絞り、爽やかさをプラスするとさらにさっぱり感が増しますよ。, 普段は安い焼酎を使って家飲み用のカクテルを作っている方は、コスト的にも変わらないので、ぜひ一度「角瓶」をお試しくださいね。, ジンジャーハイの定義やおすすめの割合、作り方、ジンジャーハイに合うおすすめウイスキー銘柄を紹介しました。ウイスキーは産地によって個性や特徴が違いますので、それに合わせた比率でジンジャーハイを作ることで、ウイスキーの良さを存分に引き出せます。, スコッチ、バーボン、ジャパニーズそれぞれの特徴と自分の好みも加味しつつ、ベストな作り方を探してみてくださいね。おいしいジンジャーハイを自宅で楽しみ、日々の疲れを癒やしてみてはいかがでしょうか。. 「甘いハイボール」「蜂蜜入りハイボール」「鶏肉のハイボール煮」「蜂蜜ハイボール⋆︎*゚∗」など Copyright © 2015-2020 Smartlog. ※日本人の食事摂取基準2015(厚生労働省)より おいしいハイボールの作り方や割り方7選. それでは具体的にハイボールの作り方や割り方について紹介していきましょう。居酒屋でも定番になっているハイボールをメインに、少し変わったハイボールもおりまぜて7つ紹介していきます。 All Rights Reserved. 今や居酒屋の定番ドリンクであるハイボールです。もはやビールは1杯だけで2杯目からはハイボールという方はかなり多いのではないでしょうか。, そんなハイボールのもととなるのは、もちろんわれらがウイスキーです。ウイスキー次第でハイボールの味が決まるといっても過言ではありません。, ここではそんなハイボールの居酒屋メニューをお手軽に作ってしまおうというコンセプトでハイボールの作り方や割り方を紹介していきます。, さらに、居酒屋の味を再現するための「コツ」も最後に紹介していきます。まずは基本の作り方や割り方を覚え、そこにコツを組み合わせることで、お手軽に居酒屋メニューを楽しんでしまいましょう。, それでは具体的にハイボールの作り方や割り方について紹介していきましょう。居酒屋でも定番になっているハイボールをメインに、少し変わったハイボールもおりまぜて7つ紹介していきます。, まずは基本となる普通のハイボールの作り方からです。これがすべてのハイボールの基盤となりますのでポイントをしっかり押さえましょう。, ソーダについては炭酸水の事です。最近ではコンビニでもうっていますので、味のついていない純粋なソーダ(炭酸水)がおすすめです。, ウイスキーとソーダの割合はあなたの好みに合わせて微調整してもらって大丈夫です!濃いめが好きでしたら1.5:3.5でもいいですし、薄めが好きでしたら0.5:4.5でもいいです。あなたの好みにあった濃さにすることが一番のポイントです。, 最後にまぜるのですが、ここも重要です。しっかりまぜるために勢いよくまぜる人もいるのですが、ここは辛抱してください。勢いよくまぜてしまうとせっかくのソーダの炭酸がぬけてしまいます。焦らず、じっくりまぜましょう。, 次はゆずハイボールです。ゆずの爽やかな酸味がさらにハイボールの爽快感をひきたてます。居酒屋でも定番のハイボールの一つです。, ゆずハイボールはハイボールを作るときにまず初めにゆず酢をいれます。柚子をしぼったりすることもありますが、ゆず酢がおすすめです。入れすぎるとゆずの味がきつくなりすぎてしまうので、10ml程度で大丈夫です。, ジョッキの大きさにもよりますが、底から1ミリ程度で大丈夫です。とはいえ、ここも好みですので、いろんな分量を試してあなたの最適な分量を探るのも楽しいでしょう。, そして、ゆず蜜ハイボールです。これは女性にかなり人気のあるハイボールではないかと思います。居酒屋でもお酒好きな女性がよく注文しているのを見かけます。, これはゆずの爽やかさだけでなくハチミツの甘味もあり、ハイボールがさらに飲みやすく女性向けなドリンクになるからではないかと思っています。もちろん男性にも人気な万能ハイボールですね。, 具体的にはゆずハイボールのゆず酢とあわせてハチミツを投入します。ゆず酢とハチミツは1:1程度がよいでしょう。もちろん甘目が好きな方はハチミツをたっぷりいれるのもいいでしょう。より甘く幸せなひとときをあなたに味あわせてくれます。, 次は梅酒ハイボールです。すこしめずらしいかもしれませんね。居酒屋によって置いていたりおいていなかったりというところでしょうか。ハイボール好きというよりは梅酒好きな人がハイボールを飲むときにいいのかもしれません。, 続いてレモンハイボールです。これは普通のハイボールの最も近いのかもしれませんが、それ以上にすっきり感が増強された最高のさっぱりハイボールです。, ここであらためて思い出してもらいたいのが、はじめに紹介した「ハイボールの作り方や割り方」のコーナーです。ここでハイボールを作り方のはじめにレモンをひとしぼりしてもらいました。, つまり、通常のハイボールでも多少はレモンが入っているということです。ハイボールの爽やかさにレモンは必須なのです。そして、そのレモン要素を増強させたのが、レモンハイボールなのです。, もうおわかりかもしれませんが、レモンハイボールを作りたい場合は、レモンをひとしぼりではなく、レモン汁を注いでください。多少多めのほうでもよいので、そこから3ミリくらいがいいでしょう。, ここもいつもながらですが、好みはさまざまですのでレモン汁の分量はあなたの好みによって調整してもらえればと思います。レモン多め、ウイスキー少なめ、にするとかなりの爽快感を得られますので、ぜひ試してもらいたいです。, 次はジンジャーハイボールです。ジンジャーはいろんなものと割られますが、ハイボールも然りです。居酒屋でもゆずハイボールと並んで定番といえるでしょう。, ジンジャーといえばあの独特のスパイシーさが何とも言えませんが、やはりハイボールとの相性も抜群です。はっと目が覚めて長い夜を楽しめることでしょう。, そんなジンジャーハイボールですが、その名の通りハイボールをさらにジンジャーエールで割ります。ここで重要なのはその割合です。, ジンジャーエールが濃すぎると少し辛く感じるかもしれませんが、私はジンジャーエールとウイスキーを4:1程度で割ります。, ジンジャーエールにウイスキーを加える形になりますが、それだけで味わいの深さが段違いです。ぜひ試してみてください。, ついに最後になりますが、日本酒ハイボールです。これは変わり種ですね。居酒屋でもあまり見かけないでしょうが、これがまたいいのです。, 実は日本酒ハイボールにはウイスキーはいれないのです。ウイスキーの代わりに日本酒を使う、ということになります。, 作り方は最初に紹介した「ハイボールの作り方や割り方」のウイスキーを日本酒に変えるだけです。作る際のポイントも同じですので、レモンのひとしぼりや混ぜ方など注意してください。, ウイスキーはもちろんですが、日本酒もこれまたおいしいのです。日本人なら日本酒のほうがなじみがあるので、もしハイボールが少し苦手…という方がいれば、この日本酒ハイボールを進めるのもいいですね。, ここまでいろんな種類のハイボールについて紹介してきましたが、ここではそれを居酒屋風にする「コツ」について紹介していきます。, まずは「ウイスキーの銘柄」です。ハイボールというとウイスキーであれば何でもいいのではないかと思うかもしれませんが、銘柄が変われば味わいもがらっと変わります。, やはり居酒屋風にするのであればトリスですね。値段もお手ごろなのでちょうどいいと思います。少しお高い居酒屋にいくと山崎などのハイボールもあったりします。, つまりは、居酒屋で扱っている銘柄のウイスキーをもとにしてハイボールを作れば、それだけで居酒屋風になります。, 次はジョッキです。器というのは意外と重要なのです。雰囲気のある器を使うことで、料理はさらに際立ちます。ハイボールも同じです。, 居酒屋風にするのであれば居酒屋風のジョッキを使いましょう。最近では100均でも大きな居酒屋風ジョッキが売っていたります。, 基盤となる普通のハイボールから居酒屋での定番ハイボール、さらにはちょっとした変わり種も含めて7つ紹介してきました。, ベースはやはりハイボールなのですが、どれも違った味わいのある個性豊かなハイボールたちです。まずは興味本位で一通り作ってみてもいいでしょう。, いろいろ飲んで、いろんな配分を試して、あなただけの最高の一杯を見つけてくださいね。, 沈黙の臓器と言われる「肝臓」。症状が出てからでは遅すぎます。そんな人達には、是非「肝」に命じて欲しい!今なら数値撲滅モニターキャンペーン実施中!, 楽しく飲みたい方、健康を気遣う方へ。明日を元気にする乾杯前の新習慣。特許取得成分配合の圧倒的サポート実感。毎月先着100名様までにお得なキャンペーン実施中!, インドネシア ジャワ島産のクスリウコンをギュっと凝縮。毎日飲める体のサポートアイテムです。今なら初回限定72%OFFキャンペーン実施中!, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. みなさんハイボールは好きでしょうか。ハイボール人気が盛り上がるここ数年、いろいろな種類のハイボールを飲むことができます。こちらではメーカー別ハイボールの味や種類、味わい方について紹介しています。こちらを参考にして自分に合ったハイボールを見つけましょう。 ジンジャーエールとウイスキーがあれば手軽に楽しめる飲み方、ジンジャーハイボール。ウイスキー独特の臭みを薄めながらも飲みやすくできるジンジャーハイは女性にも大人気です。今回は、ジンジャーハイの美味しい作り方から割合、おすすめウイスキー銘柄まで詳しく解説します。, Smartlog[スマートログ]は“Enjoy Men’s Life”をコンセプトとする男性向けメディアです。「自分磨きを楽しみ、同性も異性も惹きつけながら、誰よりも自由に、自信を持って生きる。」そんな人生を歩む男性を世の中に増やすことが、私たちの願いです。, ウイスキーをジンジャーエールやコーラで割ったカクテルは、『ジンジャーハイ』『コークハイ』などと称します, 使用するウイスキーによって味わいや香りはずい分と異なり、ジンジャーエールもスパイシーな風味のものを使うと味わいが異なってくる, アルコール度数を5%まで下げるために、ジンジャーエールを多めにした1:7のジンジャーハイを作りましょう, ジンジャーハイに向いているウイスキーが多くあり、濃いめでも薄めでも十分にたのしめる銘柄がそろっています, ウイスキーの個性に負けない味のものを選び、「飲むこと」に主眼を置いた楽しみ方がおすすめ, バーボンウイスキーのおすすめ銘柄を16個厳選してご紹介。正しい選び方のポイントと共に、最高の一本をGETしましょう。, スモーキーな味わいを楽しむ飲み方がおすすめです。ウイスキーとジンジャーエールの比率は1:2をベースとした作り方, リーズナブルな銘柄から高いスコッチウイスキーまで、人気のあるおすすめ銘柄を15個ご紹介します。, ジャパニーズウイスキーは、バーボンやスコッチに比べてソフトで穏やかな味わいが持ち味, 比率的には1:7ぐらいにすると、真夏の夜にごくごくと気兼ねなく飲み進められるでしょう, ジンジャーエールなど甘めの炭酸で割ると、この刺激がマイルドになってマッカランらしいシェリーの華やかな香りが感じられる, スコッチウイスキーの中でもかなり個性的なアイラモルトウイスキーで、ピート香や潮の香りが大きな特徴, ジンジャーハイは、「デュワーズ」本来の味と爽やかさを堪能できる飲み方です。割り方は1:4の比率が基本, 1:4の黄金比率でハイボールやジンジャーハイを作って気兼ねなくゴクゴクと飲み干すのがおすすめ, 美味しいコークハイを作る割合からおすすめウイスキーまでを解説。家で美味しいお酒を楽しみましょう。, 「トワイスアップとは?」「水割りとの違いって何?」という基礎知識から作り方、おすすめのウイスキー銘柄まで解説します。, 韓流モテ服図鑑vol.1 身長が高く見える、買って損なしの超優秀ダッドスニーカー7傑, 甘みを足すならジンジャーシロップ、辛さを足すならすりおろし生姜を入れる。(なしでもOK). ハイボールのアルコール度数は、飲み方にもよりますが、おおむね5~9度ということがわかりました。とはいえ、数字で聞くだけではピンと来ないかもしれません。ハイボールのアルコール度数は高いのか、低いのか、他のアルコール飲料と比較してみましょう。 ジンジャーエールとウイスキーがあれば手軽に楽しめる飲み方、ジンジャーハイボール。ウイスキー独特の臭みを薄めながらも飲みやすくできるジンジャーハイは女性にも大人気です。今回は、ジンジャーハイの美味しい作り方から割合、おすすめウイスキー銘柄まで詳しく解説します。 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。数値は、あくまで参考値としてご利用ください。栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。, 1人分の塩分量が1.5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。数値は、あくまで参考値としてご利用ください。栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。, 1日の目標塩分量(食塩相当量) 幅広い世代の家飲み派から愛される「ハイボール缶」。実は定番だけではなく変わり種のフレーバーなど、驚くほどバリエーション豊富なことをご存知ですか? 今回は「ウイスキーハイボール」に絞って、お酒が大好きな編集部員で飲み比べてみました。 女性: 7.0g未満 近年、人気が上がってきている『ハイボール』その反面少しクセがあるので苦手な人も多いはず。そこで今回は安いのにどんな料理にも合う美味しいウイスキーとウイスキーが苦手な人でも割り材を変えれば飲めるカクテルの作り方を紹介していきます。