知ってました?トイプードルって毛の色で性格が違うみたいですよ(笑)そんな記事も書いてます。良ければ覗いて行って下さいね♪. トイプードル こんなペットショップとブリーダーはNG!どっちでトイプードルを買うかの判断ポイント! 2017/11/10 タシテク. 関連記事. 犬の平均寿命は、ペットフードの質や医療技術の向上などが好影響を及ぼし、徐々に長くなっています。トイプードルにおいても同じで、平均寿命は以前に比べ3~4年も長くなりました。トイプードルと末長く健やかに暮らしていくためのポイントについて考えてみました。 そして糖尿病や脱水、栄養の摂取ががきちんとできないことから、その場合は管理がとても難しいといわれている病気です。, 私も色々な医師、病院で何度も説明を聞きましたが、断定することも、治療することもとても難しい病気だと感じました。, しかし、この病気は遺伝か、投薬が原因のため、予防が出来ないのも特徴です。ですから、病気が疑われる状況があれば、早めに病院で検査をすることしかありません。, クッシング症候群という病気があり、どのようなものなのかを知っておくことは勿論ですが、高齢になると免疫力が低下することから、とにかく色々なところの調子が悪くるのは事実です。, そして病気になれば、少なからず何か合併症がおこります。 我が家には生後3ヵ月でやって来た、家族になってもう10年のアプリコット色のトイプードルが居ます♪ お家に来た時はブルブル震えてとっても臆病な子でした。 お散歩が習慣になって色々なトイプードルちゃん達を ... トイプードルを飼い始めた時に悩んだのが散歩の必要性…。調べてみるとトイプーは可愛いお顔に人懐っこさでペット人気No.1の犬種という事と、とても活発な犬種だという事。   活発なら毎日の散歩必 ... 家の家族には、トイプードルのBon君という愛犬がいます♪いつも癒してくれてありがとう^^トイプードルは目がくりっと大きくとても可愛いのですが、目が大きい為傷つきやすいという難点もあります。 一緒に生活 ... Copyright© Bonko channel♪ , 2020 All Rights Reserved. トイプードルは生後大体8カ月頃、成犬の体になるまでは、体重が増加していきます。 うちのトイプードルは1歳半時点で約4kgです。 だいたい10ヶ月ぐらいで3.9kgぐらいだったのでそこからはあまり増えてませんね。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 膝蓋骨脱臼は、そのグレードに合わせて治療をする場合が多いです。グレード3や4になり生活に支障をきたす場合は手術を進められる場合が多いみたい。, 術後は1ヶ月半程絶対安静にしておかなければならないそうですよ。かなりのストレスになりそうですね…。手術の金額は数十万円から30万円と幅があるみたい。, また先生によっては、グレードが低い場合でも手術を進められる場合がありますが、まだ頻繁に脱臼を起こす訳ではないのなら愛犬の負担を考えて様子を見てもいいのでは?と知り合いの獣医さんは話しておられました。, なるべく膝蓋骨脱臼の進行を防ぐ為に日常生活に足の負担がかからないようにしてあげる事が大事だと思います♪, 脱臼を起こしやすいトイプーちゃんには、普段から足に負担がかからないように工夫してあげる事が大事♪, 小型犬は体重も軽いので、足の負担を軽減してあげる事で膝蓋骨脱臼が進行する事を防ぐ事も可能だそうですよ^^, 家はフローリングでソファーがありBon君も上るので、ジャンプする場所にはマットを引いて滑らないように工夫しています。, あと過度な運動は膝蓋骨(しつがいこつ)に負担がかかるので気をつけないといけないのですが、適度に運動をさせる事はとても大切のようです。適度に運動をさせると膝蓋骨周辺の筋肉がしっかりするので足が丈夫になりますよ♪, 遊びのつもりでたっちさせた事が直接的な原因かどうかはわかりませんが、膝蓋骨脱臼になっていた家のbon君…, このケンケンする事を不思議に思い、早く対処できた事で進行を防げているのかもしれません。あなたの愛犬ちゃんもケンケンが気になるようであればすぐに病院で見てもらって下さい。, そして今のお家はきっとフローリングが多いはず…フローリングは滑りやすく足や膝の負担になるので、なるべく日常生活に負担がかからないように対処してあげるといいと思います。, トイプードルの性格!色で違うのがおもしろい! あなたのお家の愛犬ちゃんもこんな症状ですか?, 可愛い愛犬が片足をあげてケンケンしているようであれば、きっとそれは膝蓋骨脱臼(しつがいこつ)と言われる症状だと思います。, 先天性のものと後天性のものがあるらしく、家はどうだったんだろう?そんな事をさせていたから後天性かもしれませんね。, 膝蓋骨(しつがいこつ)というのは犬の後ろ足のお膝になる部分だから、膝蓋骨脱臼はその部分の骨が外れる病気になります。, 家のBon君の場合ケンケンしだす(骨が外れる)と、少しの間続くのですがいつの間にか元の歩き方に戻ります。, これは骨は外れるけれども、また自然に元の位置に戻っているという事。なのでまだ生活面では支障をきたす程ではありません。, 実は膝蓋骨脱臼にはグレードがあります。グレードは1から4に分かれています。 愛犬ちゃん肥満じゃないですか?肥満なら体重を軽くして足の負担を減らしてあげましょう. で30万円以上)、合併症があるほど、さらに高額になってしまうそうです。, 可愛いトイプードルを膝蓋骨脱臼から守るために、ヒザに負担が少ない生活を心がけましょう。, 体重の増加はヒザの関節に負担をかけますので、体重を増やしすぎないことはとても重要です。, ただし、体重を気にするあまり、減量の結果筋肉まで落としてしまうと、筋肉で支えにくくなって膝関節の負担が大きくなり、逆効果になってしまうこともあります。, フローリングの床はすべりやすいので、すべり止めのワックスをかけるか、マットを敷くなどの対策をしましょう。, また、足裏の肉球まわりの毛が伸びてくると滑りやすくなりますので、こまめににカットをしましょう。, ソファーや段差の昇り降りはヒザに負担をかけるので、スロープを設置したり、飛び降りそうな所があれば登れないようにするなど、室内に危険個所がないか見直して対処しましょう。, ジャンプしたり、激しい運動やピョンピョンと飛び跳ねたり、クルクルと回ったりさせてしまわないようにしましょう。, お散歩は、筋力の維持と体重管理のために大切ですが、ヒザに負担をかけないように、段差がなく、すべりにくいコースをゆっくりと歩きましょう。, また、炎症や痛みがあるときは無理にお散歩や運動をさせないようにして、安静にすることが必要です。お散歩や運動の量は、主治医の先生と相談して決めるようにしましょう。, 小さくて足も細いトイプードルをヒザの疾患「膝蓋骨脱臼」から守るためには、日頃からの観察力、注意力が必要です。, 通常、膝蓋骨脱臼は痛みは伴わないものの、サインを見落としてしまうと重症化してグレードがあがってしまい、手術をしても回復しきれない事態にもなりかねません。, また、普段から、先天的に異常がないか、家の中にヒザに負担をかけてしまう場所はないか、体重の管理もしてあげて、お散歩も無理せず獣医師と相談して、トイプードルちゃん、ワンちゃんの快適な生活を守ってあげましょう。. (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"PetStyle ドッグステップ メッシュ 階段2段 ソフトタイプ","b":"Pet Style","t":"03-11-02softOrange","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"\/images\/I","p":["\/51xRsdA8R3L.jpg","\/51PSHZ+IGnL.jpg","\/51MFD3MpR0L.jpg","\/51E-Fk0IPEL.jpg","\/51p3aK36h7L.jpg","\/51sCU4IfniL.jpg","\/51nhvgcIDgL.jpg","\/41I9mGpgO4L.jpg","\/51IMi10morL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/B076HM14QQ","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"551048","rakuten":"551049"},"eid":"aVoaj","s":"l"}); 他にも収納付のものや3段、4段タイプのステップもあります。ぜひ使用環境に合わせて選んでみてください。. ここではトイプードルのトイレトレーニングについて、詳しくご説明をさせて頂きたいと思います。 目次 . 社交的で人懐っこいトイプードルですが、しつけができてなかったり、飼い主との関係がしっかり築けていないと、噛み癖がつくことがあります。今回はトイプードルの噛みつきや噛み癖に悩む方に、噛む理由としつけ方をご紹介します。 Copyright (C) 2020 ドッグアドバイザーArianが教える初心者のための愛犬飼育講座 All Rights Reserved. 2. 家に段差があって愛犬が下りられない、ソファーから飛び降りるので足を怪我しないか心配という飼い主さんへ。, 我が家のトイプードルも以前高いところから飛び降りて関節を怪我し、それがあってか家にある高さ25cmの段差から下りることができずに毎回抱っこして下ろしていました。, 段差の下のスペースにトイレやゲージを置いているので、自分で下りられないのは不便ですし、足に負担なく上り下りさせたかったのでドッグステップを購入しました。, それがほんと買ってよかったので、購入したドッグステップのレビューと犬に段差の上り下りはさせないほうが良い理由もあわせて紹介します。, 胴の長いミニチュアダックスやトイプードル、チワワ、ポメラニアンなど体が小さく関節も弱い犬種は膝蓋骨脱臼、パテラなど関節の病気やけがをしやすいです。, そもそも家にある階段や段差は人間の歩幅に合わせて作られていおり、犬にとっては高すぎたり幅が狭すぎるため足や腰に負担がかかります。, 動物番組で階段やソファーから転げ落ちるワンちゃんが面白おかしく放送されていますが、実際に飼い犬が転げ落ちたら笑い事ではありません。, これらの理由から体に負担がかかり、怪我のリスクもある段差はなるべく上り下りさせないほうがベターです。, 2階に勝手に上がって下りれなくなると「クゥーン」「ワン」などと鳴いて下ろせと言います。, けがで関節を痛めていたり、老化で視力が落ちることによって段差を下りるのに抵抗があるケース。, 人間でも足が痛かったら階段を使わずエレベーターを使いますし、手すりを使えるので足への負担を減らすことができますが、ペットにとってはそうはいきません。, 以前、椅子から飛び降りて足を引きづるような歩き方をしたことがありました。動物病院に連れていくと足の関節が悪いとの診断。, トイプードルは足が細いし関節が弱い犬種なので、高いところから下りるだけでも怪我をするリスクがあるんですよね。, 一度、痛い思いをした経験からまた怪我したらどうしようという不安や恐怖から上り下りができないのです。, というわけで、家に段差がある方や愛犬がソファーに上り下りする際におすすめなのがドッグステップです。, ドッグステップとは犬用の階段ですね。階段と言ってもワンちゃんの歩幅に合っているので足腰への負担は心配ありません。, 例えば、高さ数十センチあるソファーから飛び降りていたのを、ドッグステップを置くことで飛ばなくてすむので足腰への負担を軽減できます。, 我が家には1階から2階に上がる階段だけじゃなくリビングにも25cmの段差があります。, 以前はジャンプして25cmの段差を上っていたのを、ドッグステップを置くことでジャンプせずに上り下りできるようになりました。, また以前は上ることはできても下りられなかったのが、ドッグステップを置くことで自分で下りられるようになったのも大きなメリットです。, ソファーや段差がある環境であったり、段差を下りられないワンちゃんを飼っている人にはおすすめです。, ちなみにドッグステップ購入前にスロープも検討したのですが、なかなか高さが合うものがなかったでステップにしました。, わたしが購入したペットスタイルというドッグステップは中身がスポンジなので軽くて運びやすく、ワンちゃんにとっては足腰の負担を軽減してくれるものとなっています。, ただ中身がスポンジなのでこの商品は小型犬向きです。中型、大型犬だと大中が重いので乗った際に沈むかも。, ステップは2段になっており高さは20cmあります。広げて1段にすることもできるのでお家の段差に合わせて使うこともできますし、2個買って1段目を広げておく、その上に2個目を置くことで3段にすることも可能です。.