レクサスUXはレクサスの高級SUVですが、レクサスのラインナップの中ではエントリーモデルです。, レクサスUXは日本屈指の高級車ブランドであるレクサスのコンパクトSUVで、日本が世界に誇る世界戦略車です。, SUVは現在世界的にも高い人気を誇るタイプの車ですが、レクサスにもSUVは重要な車種です。, レクサスUXはクロスオーバーSUVという都会派のSUVですが、エクステリアデザインやインテリアはレクサスの高級車のクオリティを持っている車種です。, またレクサスはベースであるトヨタの得意とするハイブリッド仕様があり、燃費やCO2低排出量など環境にも配慮した車です。, メーカーオプションは車の生産時に一緒に取り付けられるオプション装備のことで、レクサスの生産工場で取り付けられるものです。そのため新車のオーダー時に一緒に注文しなければならず、後付などはできません。, レクサスUXのメーカーオプションはかなりの種類が用意されているのですが、ベースであるトヨタ車ではこんなに多くありません。, 特にレクサスUXにはセーフティ関係のメーカーオプションが多く、世界屈指の信頼性と安全性を誇るレクサスならではのものです。, レクサスUXのメーカーオプションは多くありますが、その中から人気のアイテムをご紹介します。, レクサスのメーカーオプションの中で人気なものはやはりセキュリティ関係のもので、ブラインドスポットモニターにパーキングサポートブレーキがセットになっています。, ブラインドスポットモニターはトヨタ車にも採用される安全装備の1つで、走行中に自車の後側方から接近してくる車を車が検知してドライバーに通知するシステムです。, ドライバーからは車の後側方は視界の死角に当たり接近してくる車を発見しづらいので、安全性が高まります。, また自車に異常接近してくる車があるとアラームなどで危険を知らせてくれるので、注意喚起にもなります。, もう一つのパーキングブレーキサポートは駐車時に威力を発揮する装備で、自車の後方にいる歩行者や障害物、車両などをセンサーで検知して危険を知らせるシステムです。, 従来は車の後方にカメラを設置してそれで死角を減らしていましたが、レクサスUXにもカメラは設置されていますがそれに加えてセンサーで検知を増やした形です。, 近年は駐車時の事故も多くなっていることもあり、安全性を確保する上では重要なシステムです。, このメーカーオプションでは上記の2つがセットになっていますので、高級車であるレクサスUXでは人気のアイテムです。, こちらもセイフティ関係の安全装備のメーカーオプションですが、こちらは前述したブラインドスポットモニターにパノラミックビューモニターがセットになったオプションです。, パノラミックビューモニターはカメラで車の周囲を確認する装備ですが、従来はもっとも死角の多い後方だけのカメラが一般的だったのに対してパノラミックビューモニターは車のフロント及びサイドにもカメラが設置されています。, フロント、サイド、リアのカメラの映像はカーナビの画面に映されるのですが、その映像はあたかも車を俯瞰で見たような形になっており、車の周囲全てが1つの画面で確認できます。, このシステムによって車の周囲の死角がかなりの割合で減らせることができ、特に駐車時などには高い安全性を確保することができます。, またフロントビューなどは運転時にも見ることができ、路地などで車の左右を確認するために使えます。, 前述のメーカーオプションのセットと比べるとカメラの設置数が多いことなどもあり、価格は倍近く開きがあります。安全性は高いですがコストパフォーマンスで劣るという形ですね。, 3位ではムーンルーフというサンルーフの一種をご紹介しますが、高級SUVであるレクサスでは人気の装備です。, サンルーフは車の屋根の上にガラスなどを設置してそこから外光を取り入れる装備ですが、これをトヨタではムーンルーフという名称で呼んでいます。, ムーンルーフを設置することで車の室内はより明るくなって開放感が増し、レクサスUXなどではラグジュアリー感もアップする装備となっています。, ムーンルーフの基本的な機能は光の取り込みですが、このメーカーオプションでは他にチルトとアウタースライドという2つの機能が追加されています。, チルトはムーンルーフの前側を電動で持ち上げる機能で、これはムーンルーフから走行風を取り込んで室内換気するためです。, もう一つのアウタースライドはムーンルーフ全体を車の後方側にスライドする機能で、これを使えば屋根から直接外が見えるようになります。, ムーンルーフはレクサスUXよりもセダン系の高級車で採用されることが多いのですが、クロスオーバーSUVであるレクサスUXにも必要なオプションといえます。, この機能はハッチバック式のテールゲートにいくつかの機能を追加するもので、便利装備の1つです。, ハンズフリーパワーバックドアの主な機能はテールゲートの開閉機能で、リアバンパーの下側にあるセンサーでテールゲートを開くことができます。, この機能を使うと両手に荷物をいっぱい持っているときでも、足をセンサーにかざせばテールゲートを開くことができ荷物を乗せられます。又この際鍵での解錠も不要で、キーを所持していれば車がそれを検知して開閉します。, また他の機能として万が一閉まるときに物や手などをはさんだとしてもそれを検知して停止する「挟み込み防止機能」や、テールゲートの開閉する大きさをコントロールして記録できる「停止位置メモリー機能」などもあり、テールゲートの利便性が一気に向上するメーカーオプションです。, カラーヘッドアップディスプレイは最新の運転補助技術で、運転席の前側に各種情報を浮いたように表示することができます。, ヘッドアップディスプレイ(HUD)は戦闘機などで使われてきた技術で、斜めに設置した透明なディスプレイに情報を投影することで外部の風景と情報を一緒に見ることができます。, この機能のメリットはパイロットが視線を変えることなく外の状況と各種情報をまとめて確認できる点で、戦闘機には特に切っても切り離せない技術の1つです。, ですが近年自動車用にも応用が進んでおり、こちらはドライバーが車の速度やカーナビの情報などを視線を変えることなく確認できる装備です。, レクサスUXのカラーヘッドアップディスプレイも運転席に座るとカラーで各種情報があたかも窓ガラスに映っているように見え、便利であると共にひと目で分かる最新技術という点も人気の点です。, 自動車の場合にはヘッドアップディスプレイは必ずしも必要ではありませんが、視線を動かす頻度が減って安全性を向上するという意味では有効な装備です。, では次に人気メーカーオプションとは別のおすすめメーカーオプションをいくつかご紹介しましょう。, このメーカーオプションはヘッドランプに関する装備がセットになったものですが、さまざまな便利装備が組み合わされて使い勝手が良くなります。, まずこのメーカーオプションではヘッドライトが全てLEDで構成されるユニットとなり、LEDの特徴である高輝度と長寿命、低消費電力といった特徴があります。, ロービームもハイビームもLEDとなり、前方の視認性が向上します。またターンシグナルランプもLED化され、遠くからでも視認できるようになります。, また他の機能として「アダプティブハイビームシステム」があり、この機能はハイビームを状況に合わせて自動で切り替えるシステムです。, 通常車のヘッドライトはハイビームが基本とされていますが、ハイビームは対向車には眩しく普通はロービーム、必要なときだけ手動でハイビームに切り替えることが一般的です。, しかしこのシステムを導入すると車はセンサーによって対向車の有無を自動で検知し、それに応じてハイビームとロービームを自動で切り替えます。, このシステムによって最大限ハイビームを活かせるようになり、視認性の向上と危険の発見が早く出来ます。, 又もう一つの機能としてヘッドランプクリーナーがありこれはヘッドランプの汚れをウォッシャー液で洗い流せるものです。あまり活用する場面は多くありませんが、泥道や雪道などでは威力を発揮します。, ルーフレールはレクサスUXの屋根の上に荷物などを載せるためのベースのレールで、SUVにはよく装着されている装備です。, ルーフレールは屋根の上に左右に1本ずつ金属製のレールが装着されますが、そのレールに別の装備を固定することで荷物を乗せたり出来ます。, これまでルーフレールはSUV系の車種には標準装備されることも多かったのですが、クロスオーバーSUVであるレクサスUXではノーマルは非装着でオプション装備化されています。, ですがルーフレールはレクサスUXでレジャーやアウトドアに行く際にはとても便利な装備であり、ラゲッジルームだけではそこまで多くの荷物が載せられないのでルーフレール上に大きな荷物を載せられるのは大きなメリットです。, ルーフレールはメーカーオプションとしてしか装着できないので後付出来ないということもあり、あらかじめ装着しておくことをおすすめします。, なおこのあとご紹介するディーラーオプションには、ルーフレール関連のアイテムも豊富に用意されています。, アクセサリーコンセントはレクサスUXの室内に家庭用のコンセントを追加するメーカーオプションで、フロントのセンターコンソールと後部とラゲッジルームに装備されます。, これまで車の車内で電気製品を使う場合にはシガーソケットから電源を取って専用の器具を使うのが一般的だったのですが、アクセサリーコンセントを装着しておくとそういった面倒がなく直接コンセントとして使うことができます。, シガーソケットに専用の器具を差し込む場合は結構邪魔になることも多く、コンセントだけになればデザイン的な面でもスッキリします。, またレクサスUXのアクセサリーコンセントはハイブリッド車用のアクセサリーなので、ハイブリッド車用の強力な電源を活かして100V 1500Wまでの電化製品が使えます。, シガーソケットを使うと性能的にそこまでの電化製品は使えないので、スマホの充電からドライヤーまで使えるのは大きなメリットです。, 日常でも当然使えるシーンが多いのですが、レジャーやアウトドアの時にも家庭用電化製品が使えるという利便性があります。, レクサスUXのメーカーオプションには利便性が向上する装備が沢山あるのですが、その中で「スペアタイヤ(応急用タイヤ)」はあまり装着しなくてもよいものです。, スペアタイヤはその名の通りタイヤがパンクした時に取り替えて自走できるようになるタイヤなのですが、レクサスUXは標準ではパンク修理キットが装備されておりほとんどのシーンではこれで十分です。, スペアタイヤが必要な状況は一般道路ではほとんどなく、軽度のパンクならパンク修理キットでの応急処置で自走はできます。, それでもスペアタイヤはオフロードなどでパンクした際に必要でオプション設定されていますが、レクサスUXでそういった状況を走行することはほとんどありませんので普通は装備する必要がありません。, またスペアタイヤを装着するとラゲッジルームのアンダーラゲッジに収まるため荷物の積載量が少なくなってしまい、日常の利便性が下がってしまうのもデメリットです。, ではここまでご紹介したメーカーオプションに関して、その支払総額を計算します。こちらは人気メーカーオプションとおすすめメーカーオプションに分けてご紹介します。, 人気メーカーオプションは5つご紹介しましたが、同時装着できないオプションがありますので今回は4種類のアイテムで合計します。, こちらは車のグレードはガソリンエンジンモデルの「UX200 “version C」とします。, この仕様では安全装備と運転支援装備が数多く装着され、レクサスが誇る安全性能をしっかり発揮できる仕様となっています。, またムーンルーフによって室内の快適性が一気に向上するので、メーカーオプションの装着だけでもかなりのクオリティです。, 支払総額は4,600,000円と高めになっていますが、レクサスは高級車ブランドですのでこのぐらいの価格帯が一般的です。, 次におすすめのメーカーオプション3つを装着した場合の総額を計算します。こちらのグレードはハイブリッド仕様の「UX200h “version C」を選択します。, この仕様ではヘッドライト系のメーカーオプションで利便性が向上し、加えてルーフレールとアクセサリーコンセントを装着することでレジャーやアウトドアでの利便性は高い仕様です。, オプション総額は前述の人気メーカーオプションの場合より少なく250,000円ほどですが、ハイブリッド仕様ということで車両本体価格が少し高く、支払総額としてはほぼ変わらない値段になっています。, レクサスUXにはメーカーオプションの他にディーラーオプションがあり、こちらはドレスアップパーツなどさまざまなアクセサリーが豊富です。, ディーラーオプションはメーカーオプションと違ってレクサスのディーラーで取り付けられるオプション装備で、メーカーオプションのように新車のオーダー時には注文せずに後付することもできます。, レクサスUXのディーラーオプションは数十種類の沢山のアイテムが用意されており、その選択肢は非常に広いです。, レクサスUXのディーラーオプションの特徴としてはエクステリアのドレスアップパーツが非常に豊富で、さまざまな仕様のカスタムが可能となっています。, 一方でインテリアに関してはドレスアップパーツはあまりないのですが、レクサスは標準仕様がそもそもかなりクオリティが高いので必要性が薄いのでしょう。, サイドバイザーはディーラーオプションの中ではベーシックなアイテムの一つで、左右のドアの上側にアクリル製のバイザーを装着するオプションです。, サイドバイザーは雨天時に威力を発揮するディーラーオプションで、窓を開けたときに吹き込んでくる雨を防ぐことが出来ます。, サイドバイザーがない状態では雨天時に車内の空気を換気したくても、窓を開けると雨が入ってきてしまいます。そのためサイドバイザーがあれば換気がしっかりできるので快適性のアガルアイテムです。, またサイドバイザーは車の外観にもえいきょうをあたえるのですが、レクサスUXのようなSUVには特に力強い印象を与えてくれます。, こういった2つの効果がありますが、ディーラーオプションとしては価格も控えめなので装着する人が多い装備です。, フロアマットは車の床面の汚れを防ぐための装備で、車体に直接汚れを付けないように出来ます。, またフロアマット自体が汚れたとしてもフロアマットは取り外しができるので、掃除がとても楽になります。, フロアマットはほかにもインテリアの高級感を演出するアイテムでもありますが、Fタイプのマットは特徴的な柄のあるものとなっており、レクサスUXの高級感およびスポーティなイメージにぴったりです。, またこのディーラーオプションはフロントシートだけでなくリアシートまでカバーする1台分のセットなので、満足感の高いアイテムです。, IR(赤外線)カットフィルムはレクサスUXのウインドウに貼るフィルムで、赤外線を遮断する効果があります。, 昔から車のウインドウに半透明のスモークフィルムを貼るカスタムはよく行われていましたが、レクサスUXに貼るこのフィルムも同様の効果があります。, 法規があるのでフロントウインドウと前席のサイドウインドウには貼られませんが、リアウインドウと後席のサイドウインドウに貼るアイテムとなります。, また目玉の機能として赤外線カットの機能があり、乗員に対しての日焼けなど太陽光の影響をかなり減らすことができます。, また赤外線は車内の温度を上げる効果もありますので、それをカットすることで室内の冷却効果を高めることにも繋がります。, これはハイブリッド車では電動エアコンの効率を高めることになるので、燃費の節約にもなるのです。, 赤外線カットでの効果は限定的なものではありますが、ディーラーオプションとしては採用しやすいものなので人気のアイテムです。, ガーニッシュキットはエクステリアのドレスアップパーツですが、主に細いラインでアクセントを与えるガーニッシュ系のパーツがセットになっています。, ガーニッシュセットには「ヘッドランプガーニッシュ」、「ドアガーニッシュ」、「リヤコンビガーニッシュ」の3点がセットになっています。, ヘッドランプガーニッシュは純正のヘッドランプの形状に沿ったメッキパーツの装備で、ヘッドランプまわりに力強い意匠を追加できます。, またドアガーニッシュ、リアコンビガーニッシュも同様の効果がある装備で、この3点をセット採用するとレクサスUXの外観がより引き締まってスポーティに見えます。, ガーニッシュは全てメッキパーツなので高級感もあり、レクサスのSUVの存在感はしっかりあります。, このメーカーオプションは前述のガーニッシュセットとはまた別のドレスアップパーツで、こちらは「MODELLISTA」という高級感のあるデザインのシリーズです。, このエアロキットには「フロントスポイラー」、「サイドスカート」、「リヤスカート」の3種類がセットになっていますが、これらのパーツはどれも比較的大型のドレスアップパーツです。, この3種類のエアロパーツはフロントバンパーやサイドパネル、リアバンパーの下側に装着するエアロパーツとなっており、セットで装着すれば車高が低く安定感のあるデザインとなります。, SUVはこれまで走破性を確保するために車高の高いデザインが多かったのですが、都会的なクロスオーバーSUVであるレクサスUXではスポーツカー風のエアロパーツもよく似合います。, 特にフロントマスクの押し出し感は非常に強く、コンパクトながらSUVらしいパワフルなデザインとなります。, なおレクサスUXのドレスアップパーツには、F SPORT PARTS(レクサス純正)の「アンダーランセット」や、F SPORT PARTS(TRDの「F SPORT PARTS(TRD) エアロダイナミクスパッケージ」などもあり、非常にエクステリアデザインのドレスアップパーツが充実しています。, それぞれ特徴的なデザインを持っていますので、かなり希望通りのカスタムができるでしょう。, オーナメントモールはインテリアのドレスアップパーツですが、エクステリアのドレスアップパーツとは対象的にインテリアはこのパーツがほぼ唯一です。, オーナメントモールは運転席と助手席まわりのコンソールに、左右で繋がったアクセントパーツを装着するオプションです。, オーナメントモールには銀の被膜をあしらった特殊な塗装がされており、メッキではなくいぶし銀のシックなデザインとなっています。, オーナメントモールの装着によってレクサスUXのコクピットは締まったデザインとなり、高級感が高まります。, 装着しない状態では結構プラスチック感があるコクピットなので、ぜひオーナメントモールを装着することをおすすめします。, なおこの他のインテリアのドレスアップパーツはあまり目立つものがありませんので、効果的なのはオーナメントモールが一番です。, レクサスUXのディーラーオプションにも有用な物はとても多いのですが、一方で「プロジェクションカーテシイルミ」はそこまで優先する必要はないでしょう。, プロジェクションカーテシイルミはフロントのドアの下側に装着されるのですが、その効果は乗り降りの際に地面を照らす照明となります。, ですがこのオプションは特定の柄を照明としており、地面には「LEXUS」の文字が投影されます。, たしかに高級感を演出するアイテムではあるのですが、足元を照らす照明としての効果はあまり強くないので見た目を重視する人以外はあまり必要なないでしょう。, 価格もレクサスUXのオプションとしては控えめではありますが、同じ金額で他の有用なアイテムを探すことをおすすめします。, ではここまでご紹介してきたディーラーオプションについても、その総額を計算してみましょう。こちらも人気ディーラーオプションとおすすめディーラーオプションに分けて計算します。, 人気ディーラーオプションは3種類ご紹介しましたが、そのすべてを装着した場合の総額を計算します。, この3種類のディーラーオプションは比較的ベーシックなものが多く、その総額は150,000円前後です。, 普通の車では少し高い金額ですが、レクサスとなればこのぐらいのオプション総額は控えめです。支払総額は4,700,000円弱とそこそこの金額です。, 次におすすめディーラーオプションの総額を計算しますが、こちらはドレスアップパーツのセットが多いので合計でいうと7つのディーラーオプションが装着されます。, この組み合わせではドレスアップパーツがいくつも設定されますので、そのオプション総額は400,000円前後と普通に考えると少し高めです。, ですがレクサスともなるとこのぐらいのオプション総額は一般的です。またドレスアップパーツなので車のデザインは非常に満足感の高い1台となっており、支払総額5,100,000円の価値は十分にあるでしょう。, では最後にレクサスUXのメーカーオプションとディーラーオプションを合計した総額を計算してみます。なおこちらも人気のオプションとおすすめオプションに分けてご紹介します。, 人気オプションはメーカーオプション4種類とディーラーオプション3種類の組み合わせとなります。こちらは車のグレードとしては「UX200 “version C」となります。, こちらのオプション総額は500,000円以上となりますが、レクサスUXでは結局このぐらいのオプション総額となります。, 支払総額については4,700,000円前後となっており、これだけの仕様にしては抑えられたほうでしょう。, 様々な安全装備に加えてインテリアの快適装備が多数装着され、使い勝手の良い1台に仕上がっています。, 次におすすめのメーカーオプションとディーラーオプションを合計した金額を計算しますが、こちらはメーカーオプション3種類に対してディーラーオプションはセットで7つのアイテムがあるので、合計10アイテムとなります。, こちらの装備ではオプション総額は600,000円以上になり結構な額に登っていますが、利便性の高いメーカーオプションに加えてドレスアップパーツがしっかり装着されますので、乗っていてとても楽しい車に仕上がっているでしょう。, 支払総額は5,000,000円を越えて5,223,388円まで膨らんではいますが、ハイブリッド仕様でもありますし様々な面で性能の良い1台でもあります。, 通常新車の購入時にはさまざまな値引きがあるのですが、レクサスは国産メーカーでは特に値引きがないということで有名です。, またオプション装備についても値引きがある場合があるのですが、こちらに関してもレクサスはずいぶん状況が違います。, レクサス以外の普通の車ではオプション値引きは10%〜20%ぐらいは期待できるものなのですが、レクサスの場合は残念ながらオプション値引きは基本的に行われておらず安くなる期待はできません。, 車両価格に対しても数万円ぐらいの値引きしか無いので、レクサスの購入には基本的に値引きを考えるものではありません。, なおこのあたりはレクサスのブランドイメージの維持のために行われていることで、レクサスだけでなく海外の高級車メーカーも同様の措置があります。, 値引き交渉は正しくやらないと、車を買う際に60万円以上の損をする可能性があります。, 「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。, この正しいやり方さえ知っていれば、最大限まで確実に値引きできます。詳しくは下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技!』ページをご覧ください。, レクサスUXの値引き平均相場(目標額)と限界額【2019】体験レポート口コミ情報まとめ!, 【画像/写真】レクサスLXの内装/インテリア!運転席周りや後部座席から荷室/トランクまで紹介!, 某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。.