現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議されています。, 削除についての議論は、削除依頼の依頼サブページで行われています。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。, この項目の執筆者の方々へ: まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、削除の方針に該当するかどうか検討してください。また、本項目を既に編集されていた方は、自身の編集した記述内容を念のために控えておいてください。, 審議の結果、該当する投稿以降の全ての版またはこのページ全体(すべての版)が削除される可能性があります。問題箇所の適切な差し戻しが行われていれば、削除の範囲は問題版から差し戻し直前の版までとなる可能性もあります。適切な差し戻しが行われていないと考えられる場合は、この版の編集や引用はしないで下さい。著作権上問題のない自分の投稿内容が削除される可能性のある方は、早めに控えを取っておいて下さい(詳しくはこちらの解説をお読み下さい)。, 該当する投稿をされた方へ: ウィキペディアでは、著作権上問題のない投稿のみを受け付けることになっています。他人の著作物を使うときをお読み頂いた上で、審議にご協力をお願いします。自分の著作物を投稿されていた場合は削除依頼を出されたらをご覧下さい。, 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(スター・ウォーズ/さいごのジェダイ、原題:Star Wars: The Last Jedi)は、2017年12月15日に公開されたアメリカ映画。, アメリカのスペースオペラである『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第8作品目で、レイを主人公とする続三部作(シークエル・トリロジー)の第2章『エピソード8』に当たる。, 2016年12月27日にレイア役のキャリー・フィッシャーが死去したため、本作は遺作となった[9]。エンドロールではレイアのテーマと共に追悼文が表示されている。, 2017年1月23日、タイトルが『Star Wars: The Last Jedi』であることを発表[10]。2017年2月3日、邦題が『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』であることが発表された[11]。, 2017年4月15日、アメリカのフロリダで開催された『スター・ウォーズ セレブレーション』で予告編(特報)を発表[12]。, 2018年4月25日、この作品を収録したBlu-rayとDVDがセットになったMovieNEXとスター・ウォーズシリーズで史上初の4K Ultra HD Blu-ray、Blu-ray 3DとBlu-rayがセットになった4K Ultra HD MovieNEXがリリースされた[13][14]。, 最高指導者スノークが率いるファースト・オーダーと新共和国のレイア・オーガナ将軍が率いる私設軍隊レジスタンスの戦闘が激化。行方が分からなくなっていた伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーが発見され、戦況が好転するかに思われたが、予想以上に攻撃が激しいファースト・オーダーにレジスタンスの戦士たちは押されていた。そんな中、ファースト・オーダーはレジスタンスが拠点を築いていた“惑星ディカー”の秘密基地の位置を突き止め、ファースト・オーダーのハックス将軍が率いるスター・デストロイヤーの大艦隊が急襲してくる。レジスタンスのパイロットであるポー・ダメロン中佐がXウイングに搭乗し、単機でスター・デストロイヤーの大艦隊の前に立ちはだかり、レジスタンスの艦隊が基地から撤退するための時間を稼ぐ。戦闘中にポーがファースト・オーダーの新兵器“ファースト・オーダー・ドレッドノート”のキャノン砲を破壊する命令を受けたが、ドレッドノートを守るために出撃してきたTIEファイター部隊の攻撃により、ポーが乗っていたXウイングが被弾してしまう。ポーはレイアの「引き返しなさい。」という命令を無視してドレッドノートへの攻撃を続行するが、相棒のドロイドであるBB-8がXウイングの被弾した部分の修理をするのに手間取る。その後に、レジスタンスの爆撃機“スターフォートレス”が次々とドレッドノートへ接近するが、TIEファイター部隊に撃墜され残り一機になってしまう。だが、残り一機の爆撃機に乗っていた狙撃手の“ペイジ・ティコ”の命懸けの行動により、ドレッドノートを撃沈することに成功する。その隙にレジスタンスのクルーザーと戦闘で生き残った護衛の戦闘機部隊は、ハイパースペースへ逃げ始める。しかし、スター・デストロイヤーの大艦隊を率いるリーダーのハックスは、ファースト・オーダーが開発した新技術“ハイパースペース・トラッキング・ナビゲーション・システム(ワープしても追跡できる技術)”により、彼らがどこへ逃げ込んだのか捉えていた。その頃、スターキラー基地でカイロ・レンと激しい戦いを繰り広げた際に重傷を負い、治療のために医療カプセルの中で眠っていたフィンが目覚め、医療服から薬液を垂れ流しながらも、医務室を出て、ポーと再会した。母船でレイアに面会したポーは、その独断ぶりを叱責され、中佐から大尉に降格させられてしまう。, 一方、スリープモードから復帰したR2-D2とBB-8が完成させた地図を頼りにミレニアム・ファルコン号で“水の惑星オク=トー”の孤島に隠居していた伝説のジェダイ・マスター、ルーク・スカイウォーカーの元へ向かったレイは、“スターキラー基地の戦い”で手に入れたライトセーバーをルークに差し出すが、彼はレイの目の前で無造作に放り投げてしまう。ルークはレイをジェダイにする気が無く無視をするが、レイは諦めずにルークの後に付いていく。ルークからこの孤島に来た理由を尋ねられたレイは、彼の妹であるレイアが率いるレジスタンスとファースト・オーダーの戦いが今なお続いており、レイアがルークの帰りを待っていることを伝えるが、ルークはレイアたちの元へ戻ることを拒否し、レイにこの孤島から去るよう告げる。それでも必死に説得を続けるレイの口から“ファルコン号”の名前を聞いたルークは、かつてファースト・オーダーの前身である帝国軍との戦いで苦楽を共にした友人のチューバッカやR2と再会するも、同じく友人のハン・ソロがレンに殺されてしまったことをレイから聞かされショックを受けるが、R2に説得され悩んだ末に、翌日の夜明けからレイの修行を開始する決心をする。翌日、早朝からレイの修行を始めようとしたルークは、まず彼女の中に眠る強いフォースの使い方を訓練した。ルークからフォースの使い方を懸命に学んでいる最中に、レイはフォースの暗黒面あんこくめんに引き込まれそうになり、ルークから「危険なフォースだ。それを君は、跳ね除けようとしなかった・・・」と恐怖し、ルークは「それを恐れなかったのは、私が訓練していた“一人の弟子”のフォースに良く似ている。」とレイに伝える。, 一方、ハイパースペースを抜けて逃げてきたレジスタンスのクルーザーを、ファースト・オーダーを率いるスノークに、父親のソロを自身の手で殺し、まだ心に迷いがあることを指摘され、さらにライトセーバーの剣術が未熟なレイに敗北したことを責められて、その二つの件が原因で怒りが頂点に達し、身に着けていたマスクを自身の手で破壊したレンが乗る“TIEサイレンサー”率いる大部隊が執拗に追跡してくる。レンが率いるTIEファイター部隊の激しい攻撃によりクルーザー“ラダス”は一部損傷し、アクバー提督らリーダー陣は全滅。この時の攻撃でレイアも船外に投げ出されてしまうが、フォースの力によりシールド内の空間を飛び、味方の船へと舞い戻ってくる。昏睡状態となってしまったレイアの代理人として、“アミリン・ホルド提督”がレジスタンスの新たな指揮官として就任する。, 劣勢を打開するべく、ポーは自分の作戦をホルド提督に話すと反対されると思い、極秘裏にフィンと女性整備士の“ローズ・ティコ”の二人に、ファースト・オーダーのスター・デストロイヤーが何度もレジスタンスのクルーザーを追跡してこれないようにするため、スノークが乗っている巨大な戦艦“メガ・スター・デストロイヤー”の内部にフィンとローズの二人を潜入させ、内部にある追跡装置を一時的に止める作戦をフィンたちに提案する。敵艦の内部へ潜入する方法をポー、フィン、ローズの3人で真剣に模索するが、ファースト・オーダーの内部事情に詳しいフィンによると、メガ・スター・デストロイヤーの全面を覆っている防衛シールドの通過コードは、1時間ごとに更新されるようで、3人はさらに頭を悩ます。フィンは、以前お世話になった“惑星タコダナ”の酒場の主人マズ・カナタに相談を持ちかけると「“惑星カントニカ”にあるカジノで栄えてる町“カント・バイト”に、コードブレイカー(暗号解読者)がいる。そいつを見付けな。」との情報が得られる。ローズはカント・バイトを知っており「そこは最低な町だわ。」と言う。フィン、ローズとBB-8は小型のシャトルに乗り“リゾート都市 カント・バイト”へと向かい、そこで運良くコードブレイカーを発見するが、彼に接触する直前に“無断駐車の罪”で警察隊に逮捕されてしまう。牢屋内で二人がこれからどうするか議論していたところ、同じ牢屋の中にいた男“DJ”が「俺もコードブレイカーなんだ。」と言い、牢屋のロックを簡単に解除してしまう。脱獄した2人は途中で厩舎で働かされてる奴隷の少年・少女たちと出会うが、その中の一人の少年“テミリ・ブラッグ”が警報装置を押そうとした時、ローズは笑顔で彼に「怖がらないで、私たちはレジスタンスよ。」と言い、なんとか逃走を果たすことに成功する。, その頃、ルークが見守る中で懸命に訓練を積んでいたレイだったが、修行中にどういうわけか、フォースの力によって遠く離れた場所にいるレンと交信することが出来るようになり、レンとの交信で、過去に自分がルークの弟子として彼のもとで訓練をしていた頃、ルークが自分を暗殺しようとしたこと、レイの両親は既に亡くなっているという衝撃の事実をレンから聞かされる。しかし、レイは秘密裏にレンと交信していた姿をルークに発見されてしまい、二人の交信をかき消してレイを激しく拒絶するが、レイはルークに「彼はまだ完全に暗黒面あんこくめんに堕ちていない。彼は今も光と闇の道を迷っているの。私なら彼を、もう一度 暗黒面あんこくめんから救い出せるわ!」と言い、途中で修行を終わらせファルコン号でオク=トーの孤島を飛び去っていった。, その頃、DJが盗んだ武器商人の宇宙船でメガ・スター・デストロイヤーの内部に侵入することに成功し、ファースト・オーダーの将校に変装して追跡装置を止めに向かったフィンら3人だったが、直前でファースト・オーダーのキャプテン・ファズマが率いるストームトルーパー部隊と将校たちのワナにハマり、3人は捕まってしまう。実はDJは、フィンから得たレジスタンスの作戦を密かにファースト・オーダーの幹部たちに売り渡し、金と引き換えにフィンとローズを裏切るのだった。絶望的な状況の中、切り札であったクローキング装置もファースト・オーダーによって無効化され、脱出用のクルーザーが狙い撃ちにされてしまう。, 同じ頃、メガ・スター・デストロイヤーの艦内では、単独でレンの説得に出向いたレイが、そこでレンに捕らえられてしまい、スノークが待ち構える“玉座の間”に連れ出されていた。スノークは自分に服従する意思の無いレイを“修行の一環”として、彼女を処刑するよう弟子のレンに命じるが、レイに一種の愛着を覚えていたレンはスノークに従うふりをし、自分のライトセーバーではなく、スノークが座っている椅子の脇に置かれていたレイのライトセーバーを彼に気付かれないようにフォースで起動させ、上半身と下半身を真っ二つに切断してしまう。スノークが殺され、スノークの身辺を護衛していた8人の親衛隊“エリート・プレトリアン・ガード”はレンの反逆を察知し、最高指導者の復讐を果たすためレイとレンに襲い掛かってくるが、レイとレンの二人は共闘し、苦戦しつつも、息の合った連携で8人の親衛隊を見事に全滅させる。戦いが終わった後レンは、レイに「俺と手を組み、二人で銀河を支配しよう。」と懇願するが、レイは決別を宣言し船を去っていった。, その頃、ファースト・オーダーのスター・デストロイヤーの激しい攻撃によりレジスタンスの脱出用クルーザーが全滅間近となったとき、陽動作戦のため母船である“ラダス”の船内に一人で残っていたホルド提督は、“ラダス”の軸先をメガ・スター・デストロイヤーに向け、“ハイパースペース・ジャンプ”によるワープの特攻を敢行、ファースト・オーダーのスター・デストロイヤーは壊滅的な打撃を受ける。この時の大きな衝撃で、火の海となったメガ・スター・デストロイヤーの巨大な格納庫の内部では、フィンはBB-8が操縦する“ファースト・オーダーAT-ST”の支援の下、かつて自分がファースト・オーダーの元でストームトルーパーとして働いていた頃、直属の上官だったファズマと激しい死闘の末に倒し、格納庫に待機させてあった“スノーク専用のシャトル”を奪いローズ、BB-8と共に崩壊していくメガ・スター・デストロイヤーから脱出する。一方、スノークの遺体を発見したハックスはレンに事情の説明を求めるも、逆にレンからフォースの力で首を締め上げられてしまい、亡きスノークに代わり、自分が新たな最高指導者であることを渋々認めさせられる。, 同じ頃、レジスタンスの脱出用クルーザーで昏睡状態から回復したレイアの秘策により、ファースト・オーダーの攻撃から逃れるため、旧反乱軍の放棄された基地がある“石の惑星クレイト”に退避することに決める。自然の岩塩で作られた坑道に立てこもり、援軍を待つ生き残ったレジスタンスの戦士たちだったが、そこへファースト・オーダーの最高指導者となったレンが率いる“AT-M6ウォーカー”部隊が坑道に立てこもる彼らを全滅するために襲撃、レジスタンスとファースト・オーダーの銀河の未来を賭けた死闘が始まった。, Rotten Tomatoesには349件の評論が寄せられ、支持率が90%、平均評価が8.2/10となっており、「『最後のジェダイ』は若干の驚くべき捻じれを加えながら、サーガの豊かな遺産を守っています。そして、ファンが望む全ての感情とアクションを描いています」と批評されている[18]。CinemaScore(英語版)では「A」評価となっている[19]。Metacriticでは54件のレビューに基き86/100のスコアを与えたが[20]、観客スコアでは緑が2424票、黄色が885票なのに対し、赤は3155票であり低評価が上回る結果となった[21]。一方、一部のファンから「人気キャラクターであるアクバー提督の扱いがひどい」などの批判意見もあり、Rotten Tomatoesの観客スコアは48%で、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の同スコア88%を下回っている。インターネット署名サイトchange.orgでは一部のファン達によって「『スター・ウォーズ』の正史から『エピソード8』を除外させよう」というキャンペーンが行われ、10万名の署名が集まっている[22]。 U-NEXTのおすすめ映画・海外ドラマはこちら!, ■Apple TV+おすすめラインナップ 難しいことや、わずらわしい手順もなく、いつでもすぐに出来ます。, しかも、解約月の末日まで利用可能と良心的。 解約は、加入翌月の料金が発生してから可能になります。, 契約期間は、毎月1日から末日までです。 Netflixのおすすめオリジナルドラマはこちら!, ■U-NEXTおすすめラインナップ Business Insiderがライアン・ジョンソン監督に電話取材をしたところ「批判を受けると傷つくこともあるが、一部のファンが喜んでくれなかったり、Twitterでけなしてきても、根に持たないようにしている」と言う[24]。しかし取材の話とは異なり、Twitterで「クソ野郎どものブロック開始。とてもーーー気持ちいい」と暴言を書き込んだ他[25]、リメイクを呼びかけるファンに挑発的なTweetをしている[26]。, 『スター・ウォーズ』シリーズの生みの親であるジョージ・ルーカスは、代理人を通して「Beautifully Made.(見事な出来だ。)」とコメントした[27]。, ローリング・ストーンのピーター・トラヴァースは3.5/4の星を与え、「あなたはハイパースキルを持つジョンソン監督の手の中にあります。『最後のジェダイ』はスカイウォーカーの次の世代に新しい希望を示す新三部作の中間作品であり、最善のランクにあります」と批評している[28]。シカゴ・サンタイムズのリチャード・ローパーも3.5/4の星を与えている[29]。, 本作にカメオ出演したジョゼフ・ゴードン=レヴィットはルーク・スカイウォーカーの扱いについて、「ファンが言うように、あれはルーク・スカイウォーカーではなく、酷いストーリーや大企業の利益優先がもたらした劣化かもしれない」と批判した。性格の改変の試みについては「今回の不完全な人間としての描き方はすごくクールだと思った」と評価している[30]。, マーク・ハミルはライアン・ジョンソンが設定したルーク・スカイウォーカー像について、「僕が演じてきたルークとは違う」「本当にこれが彼らの考えているルークなのか? 意見が合わないどころじゃない、侮辱されてる」「こうなると、もうルークではなく別人の物語だ」と不満を述べていたが[31][32] スターチャンネル退会時の注意点5選 そんな魅力たっぷりのスターチャンネルですが、残念ながら諸般の理由で退会せざるを得ない場合がありますよね…。 そんな時のために、スターチャンネル退会 … Ѿµ¥¢¥ó¥È¥Ë¥ªÃöÌڤȤ¤¤¦Ì¾¤Î¥Ñ¥Á¥¹¥íµ¡, ¥Ñ¥Á¥¹¥í¤¢¤ÎÆü¸«¤¿²Ö¤Î̾Á°¤òËÍã¤Ï¤Þ¤ÀÃΤé¤Ê¤¤¡£, ¥Ñ¥Á¥¹¥íÁ󤭹ݤΥ¢¥ë¥Ú¥¸¥ª¡¡¡¾¥¢¥ë¥¹¡¦¥Î¥ô¥¡¡¾¡¡£Í£å£î£ô£á£ì¡¡£Í£ï£ä£å£ì¡¡£ö£å£ò¡¥, ¥Ñ¥Á¥¹¥í¡¡¥¬¡¼¥ë¥º¡õ¥Ñ¥ó¥Ä¥¡¡¼£Ç¡Á¤³¤ì¤¬»ä¤ÎÀï¼ÖÆ»¤Ç¤¹¡ª¡Á, JR¸æÅÌÄ®±Ø¤è¤êÅÌÊ⣳ʬ¡¢¶äºÂÀþ¹­¾®Ï©±Ø¤è¤êÅÌÊâ30ÉÃ. ライブスター証券はインターネット専業のネット証券会社です。ネット証券会社では、インターネットを利用してオンラインで金融商品をお取引いただけます。ライブスター証券では現物取引・信用取引・先物取引・投資信託)をお取引いただけます。 スカパー ! 概要 アメリカのスペースオペラである『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第8作品目で、レイを主人公とする続三部作(シークエル・トリロジー)の第2章『エピソード8』に当たる。 2016年 1月20日、公開日が2017年 12月15日となることを発表 [8…