},{ "position": 2, "item": "https://www.tschoolbank.com" "name": "Excelの計算・数式の基本", }, 高機能の表計算ソフトExcelを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や関数、グラフに関する解説記事とともにご利用下さい。. 列項目とおおよその行数だけ決めておきましょう。, 「単価×数量」の数式(=C3*D3)を合計金額の数字が入る先頭行のセル「E3」に入力するのは前章と同じ。⇒数式の入力 Copyright© みらしん , 2020 All Rights Reserved. 自分が決めた行までドラッグして手を放せば、ドラッグした行数分のセルに「0」が表示され、数式がコピーされたことがわかります。 先に、20種類のエクセル関数を書いておきます。 ・SUM ・AVERAGE ・AVERAGEA ・COUNT ・COUNTA ・IF ・SUMIF ・AVERAGEIF ・COUNTIF ・ISERROR ・AND ・OR ・VLOOKUP ・HLOOKUP ・TODAY ・TEXT ・SUBTOTAL ・ROUNDDOWN ・ROUNDUP ・LEN ・RANK.EQ それでは、それぞれのエクセル関数について紹介していきます。 }] エクセルで数式や関数が計算されなくなった!反映されなくなった!という経験はないでしょうか?これは『手動計算』に切り替わったことが原因です。ここではすぐに反映させる方法と、『自動計算』の設定方法を紹介します。 スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); doodle-on-webさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog エクセルで、条件によって表示する値を変えたい場合などに使うのがIF(イフ)関数。 初めは少し難しくても、コツを覚えれば便利なこと間違いなしです。今回は、IF関数の基本の使い方から応用まで、今 … "@type": "ListItem", エクセルの関数を使うと、数値の合計や平均を出したり、条件によってAとBの結果を出し分けたりと、色んなことができるようになります。, エクセルの関数は全部で数百種類あると言われていますが、今回のブログでは、ビジネスで使う基本的な関数を20種類紹介したいと思います。. "position": 4, (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 後輩くんが、書式設定したセルを一生懸命頑張ってF2押してエンターを繰り返し実行していたので。, 数値 → 文字列 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); メモ帳からコピーし、Excelへ貼り付け, 万能(おすすめ! "name": "Excelで数式コピーして一括まとめ計算するワザ", E3セルの右下角(フィルハンドル)にカーソルを合わせるのも前章と同じですが、 Copyright © 2014 TschoolBANK 作~るバンク All Rights Reserved. 3.3. enterキーを押す. "position": 1, ートや別ブックにデータ転記をするにはどう書くか?, 103回 必見!2次元配列から1次元配列にする, 104 回 2次元配列を縮小したり、要素を入れ替える, 関数の引数がわからない時は、ダイアログボックスから入力する, 関数を検索して入力、関数ライブラリから入力, 履歴からすばやく関数を入力する, キーボードで関数を直接入力する, 同じ関数を複数のセルにまとめて入力するには, 数式をコピーするときセル参照が変化しないようにするには, エクセルで九九表を作成する~複合参照、配列, 名前を利用して関数を入力する, 配列を利用して関数を入力する方法, 配列数式で複数条件を設定するには, 効率良く数式の見直しをしたり複雑な数式を検証するには, セルに入力した数式や関数を全部表示するには, 関数の引数に関数を指定するには, 循環参照に関する警告が表示されたら. エクセルで例えば5000円の料金を25%OFFに計算する場合の計算式を教えてください。(超初心者です) 表示させるセル内に=5000*0.75又は=5000*(1-0.25)でもいいですね。「*」は「あすたりすく」と入力して変換されて下さい。またセルA1に5000が入力されていてB1に結果を表示する場合は、セ … "itemListElement": [{ エクセルではシートに入力済みのデータを別シートに自動で反映させたい場合がよくあります。今回は、セルのデータを別シートに自動で反映させる方法を4つ紹介したいと思います。よく使うドロップダウンリストの反映方法もあわせて紹介。 同じ数式を繰り返し入力する手間を省き、ドラッグするかダブルクリックするだけで連続的にまとめ計算をしてくれる方法を解説します。, 下図のように、数式に当てはめる数値が既にC列(単価)D列(数量)に入力済みの場合です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ・SUM ・AVERAGE ・AVERAGEA ・COUNT ・COUNTA ・IF ・SUMIF ・AVERAGEIF ・COUNTIF ・ISERROR ・AND ・OR ・VLOOKUP ・HLOOKUP ・TODAY ・TEXT ・SUBTOTAL ・ROUNDDOWN ・ROUNDUP ・LEN ・RANK.EQ, 使い方は、合計値を入力したいセルを選択し、「=SUM( 合計したい数値が入ったセルをすべて選択 )」を入力します。, 使い方は、平均値を入力したいセルを選択し、「=AVERAGE( 平均したい数値が入ったセルをすべて選択 )」を入力します。, 使い方は、個数の合計値を入力したいセルを選択し、「=COUNT( 数えたい数値が入ったセルをすべて選択 ) 」を入力します。, 「COUNT」との違いは、数値以外の文字列が入っている場合でも、個数を数えることができます。, 例えば、A社、B社、C社…と「○」が入力されているときに、「○」が入力された会社の個数を数えることができます。, 使い方は、個数の合計値を入力したいセルを選択し、「=COUNTA( 数えたいデータが入ったセルをすべて選択 )」を入力します。, 例えば、 A社、B社、C社…の売上が10,000より上の場合には「◯」、10,000以下の場合には「×」という印をつけることができます。, 使い方は、条件の結果を出したいセルを選択し、「=IF( 条件式 , 条件式が正しい場合の結果 , 条件式が誤っている場合の結果 )」を入力します。, 使い方は、条件の結果を出したいセルを選択し、「=SUMIF( 計算対象の項目をすべて選択 , 条件の結果を出したい項目を選択 , 計算対象の数値が入ったセルをすべて選択 )」を入力します。, 「計算対象の項目をすべて選択」、「計算対象の数値が入ったセルをすべて選択」は、絶対参照(「$」をつける)で範囲を固定しておくと、「条件の結果を出したい項目」を複数入力したいときに便利です。, 使い方は、条件の結果を出したいセルを選択し、「=AVERAGEIF( 計算対象の項目をすべて選択 , 条件の結果を出したい項目を選択 , 計算対象の数値が入ったセルをすべて選択 )」を入力します。, 例えば、 A社、B社、C社…の業界別が入力されたセルで、各業界の会社の数を知ることができます。, 使い方は、条件の結果を出したいセルを選択し、「=COUNTIF( 集計対象の項目をすべて選択 , 条件の結果を出したい項目を選択 )」を入力します。, 「ISERROR」は、IF関数と組み合わせて、計算式の結果がエラーとエラーじゃない場合で、返す結果を変えることができる関数です。, エラーとは、計算式の結果を出したときに、計算できないデータが入っていたなどの理由で、「#VALUE!」と表示された状態のことを示します。, 例えば、売上の前年比を求めたいときに、売上が数値ではなく「未記入」と入力されていた場合、「集計中」という結果をセルに入力することができます。, 使い方は、計算後に「#VALUE!」と入ってしまうセルを選択し、「=IF(ISERROR( 計算式 ), 計算式の答えがエラーの場合の結果 , 計算式の答えがエラーじゃない場合の計算式や結果 )」を入力します。, 「AND」は、IF関数と組み合わせて、AかつBの条件であればCという結果、AかつBの条件でなければDという結果を出すことができる関数です。, 例えば、売上が10万円以上、かつ、利益が1万円以上の会社であれば「◯」、違う場合は「×」を付けるといったことができます。, 使い方は、条件の結果を出したいセルを選択し、「=IF(AND( 条件1 , 条件2 ), 2つの条件が満たされる場合の結果 , 2つの条件が満たされない場合の結果 )」を入力します。, 「OR」は、IF関数と組み合わせて、AもしくはBの条件であればCという結果、AもしくはBの条件でなければDという結果を出すことができる関数です。, 例えば、売上が10万以上、もしくは、利益が1万円以上の会社であれば「◯」、違う場合は「×」を付けるといったことができます。, 使い方は、条件の結果を出したいセルを選択し、「=IF(OR( 条件1 , 条件2), どちらかの条件が満たされる場合の結果 , どちらの条件も満たされない場合の結果 )」を入力します。, 「VLOOKUP」は、列にある指定した項目に合致するデータを別のデータ群から抽出することができる関数です。, 例えば、たくさんの会社の売上が入力されているエクセルのシートから、A社・B社・C社の売上だけ、簡単に抜き出すことができます。, 使い方は、抽出した結果を出したいセルを選択し、「=VLOOKUP(抽出する項目 , 参照するデータ範囲※参照する項目から値まで選択 , 選択した範囲のなかで項目から値までの列の数を入力 , 検索方法※基本的に完全一致の0を入力 )」を入力します。, 「HLOOKUP」は、行にある指定した項目に合致するデータを別のデータ群から抽出することができる関数です。, 使い方は、抽出した結果を出したいセルを選択し、「=HLOOKUP( 抽出する項目 , 参照するデータ範囲※参照する項目から値まで選択 , 選択した範囲のなかで項目から値までの行の数を入力 , 検索方法※基本的に完全一致の0を入力) 」を入力します。, 「VLOOKUP」と同じく、「参照するデータ範囲」を絶対参照にしておくと、便利に計算ができます。, 例えば、締め切り日と当日の日付の差分を出すことで、締め切りまでの日数を把握することができます。, 使い方は、当日の日付を知りたいセルを選択し、「=TODAY()」と入力するだけです。, 例えば、スケジュールの曜日を把握して、土日に作業を入れない計画表を作ることができます。, 使い方は、曜日を入力したいセルを選択し、「=TEXT(曜日を知りたい日付が入力されたセル , "aaa" )」と入力するだけです。, 「SUBTOTAL」は、1つの関数で「SUM」「AVERAGE」「COUNT」など様々な計算ができる関数です。 さらに、フィルタなどを使って表示条件を絞った際に、絞った範囲内で計算結果を出してくれる関数です。, 例えば、会社の売上を特定の業種で絞った際に、絞った範囲内で売上の合計をサクッと確認することができます。, 使い方は、集計の結果を入力したいセルを選択して、「=SUBTOTAL( 集計の種類※合計の場合「9」, 集計範囲 )」を入力します。, ここまでは「SUM」と同じですが、フィルタで業種を絞ったときに、業種別で合計が出せるのが「SUBTOTAL」の特徴です。, 使い方は、切り捨てした結果を出したいセルを選択し、「=ROUNDDOWN(切り捨てしたい値 , 切り捨てしたい桁数※小数点から数えて右は整数、左はマイナスで切り捨てる桁数を数える。千円以下の場合は「-3」)」を入力します。, ROUNDDOWNは切り捨てでしたが、ROUNDUPは切り上げになります。 違いはそれだけです。, 使い方は、切り上げした結果を出したいセルを選択し、「=ROUNDUP( 切り上げしたい値 , 切り上げしたい桁数※小数点から数えて右は整数、左はマイナスで切り捨てる桁数を数える。千円以下の場合は「-3」)」を入力します。, 使い方は、文字数の結果を入力したいセルを選択し、「=LEN( 文字数を数えたい文字が入力されたセル )」を入力します。, 例えば、会社の売上が並んでいるときに、特定の企業が何番目に大きいかを知ることができます。, 使い方は、順位を入力したいセルで、「=RANK.EQ( 順位を知りたい数値のセル , 順位を知りたい範囲 )」を入力します。, いっきに覚えられないと思いますが、できることを知っておくだけで、ビジネスではだいぶ役に立つと思います。, #こちらのブログもオススメです。 初心者でも簡単!エクセルの作業を自動化するマクロの作り方 プロから学ぶ!エクセルで見やすい表を作成する方法, ブログ運営・TOEIC・英語・エクセル・IT関連のネタなど、定期的に情報を配信しています。, お問い合わせは、以下の宛先にお願いします! 私のメールアドレス ※内容によってはご返信できない点、ご了承ください。.